【スペック】全長×全幅×全高=4815×1820×1470mm/ホイールベース=2775mm/車重=1500kg/駆動方式=FF/2.4リッター直4DOHC16バルブ(167ps/6000rpm、22.8kgm/4000rpm)/車両本体価格=264万6000円(テスト車=289万5900円)

トヨタ・カムリ Gリミテッドエディション(FF/5AT)【ブリーフテスト】

トヨタ・カムリ Gリミテッドエディション(FF/5AT) 2006.03.01 試乗記 ……289万5900円総合評価……★★★国内では地味な存在だが、実は100か国以上・地域で販売される「トヨタ・カムリ」がフルモデルチェンジ。日本では若返りを狙ったという新型の実力はいかに。

胸を張って乗れる

レクサスを除くトヨタラインナップで、ミドルセダンの中核をなす「カムリ」がモデルチェンジ。まず感じたのは、このクラスの国内での存在意義が薄れる現状で、恐ろしくよくできた内容を持っていることだった。そして、そのクオリティの高さと市場需要のギャップが、逆に刺激的であった。わかりやすくいえば、超大穴車なのである。
よくできた、と評する理由にまずあげられるのはデザイン。「ヴィッツ」や「ベルタ」と同じ流れだからなのか、高年齢層にウケは悪いようだが、むしろ新世代ベーシックのクオリティが上がったのだ。そのブランド統一感に好感が持てる。
走りも結構奥深い。フロントから腰砕けするタイヤハイトだけが気になるが、ロール感を普通に出す姿勢は好印象。問題はエンジンにキャラクターがなさ過ぎることだけだ。2.4リッターもあるのであれば、もう少しトルク感を出してほしい。V6がほしいなぁ……と思うが、本来そこは従来の兄弟車「ウィンダム」の役目であったし、フロント荷重が増えれば足まわりも硬くなるので、やはり4気筒のフィールがマッチするのだろう。シャシーの完成度が高いだけにもったいない。
従来のカムリのイメージ。ジミだ。果てしなく地味。だが、そこがいい。北米比1/10、年間1万2000台という日本を見ていない販売目標ゆえに、逆に日本ではあまり同じクルマを見かけなくてすむ。中身一新、デザインもよし、それで価格は247.8万円から。「ヤマダ君、何に乗ってるの?」と聞かれたらボクはサムアップして「カムリ!」と胸を張って答えてもよいと思う。「えぇ、なぜ!?」と言われるかもしれないが、おそらく、クルマの性能に文句をつける人は誰もいないだろう。それほどデキがよいのだ、カムリは。

【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
2006年1月にフルモデルチェンジを受けた、FFセダン「カムリ」は世界100か国以上で販売されているグローバルモデル。特にアメリカでは過去8年間で7回も販売台数ナンバーワンを獲得し、さらに2007年からは人気のモータースポーツであるNASCARにも参戦する予定である。
先代ではシャシーを共用する上級「ウィンダム」(5段AT)と差別化するため4段ATの装備だったが、新型で5段に進化(4WDは4AT)。2.4リッターエンジンも8psの出力アップがなされた。さらにブレーキの容量アップも施されている。
(グレード概要)
テスト車の「Gリミテッドエディション」は、3つあるグレードの中間。派手な外装パーツは伴わず、快適装備を充実させたモデル。運転席/助手席パワーシートや16インチアルミホイールも標準装備される。室内安全装備にグレード間の差は無いが、アンチスピンデバイスのVSCとTRC(トラクションコントロール)はオプション。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★
オーディオや携帯電話などの集中スイッチを備えるステアリングホイールはデザインもスマート。フェイシアのソフトビニールレザーも質感良く(高く、ではない)、各部木目調パネルも明るい色合い。コンソール部分のプラスチックがカチカチと安っぽいが、カムリのクラスにそこまで望む必要もない上に、一番目につきにくい低い部分にその材質を当てていることを高く評価したい。しかし気になるのはナビ/オーディオ部分の透過パネル。まるで一世代前のiMacのようで、がんばったわりには時代遅れ感あり。国内での販売台数を考えれば、もう少し冒険したデザインにしてもよいのでは。
(前席)……★★★★
テスト車の「Gリミテッドエディション」はファブリックシートであったが、スライド&リクラインも電動でこなすしこれで十分。いや十二分。現状はウィンダムがないために、その購買層には必要なのかもしれないが、純然とカムリを買うならばレザーシートを求めて最上級グレード「Gディニスエディション」に80万円近い差額を出す必要はない。シートヒーターが少し羨ましいぐらいだ。座り心地はコシのある柔らかさ。ヴィッツやベルタの延長線上にある……というと勘違いされそうだが、それらの長距離移動には足りなかった部分、つまり腰まわりのつらさをきっちりカバーしている。
(後席)……★★★
前後席間距離970mmが従来比+30mmというレッグスペースは魅力。しかし、それを強調するあまりにシート座面長が短くなっているのが惜しい。怠惰な座り方であればそのレッグスペースも役に立つが、結果腰が痛くなる。それならば、と、きっちり腰をバックレストにつけて座ると、かなり直立した姿勢を強いられる。そんなときはリアのリクライニングが役に立つ。センターアームレストにはドリンクホルダー付き。ISO-FIX対応チャイルドシート用アンカー及びチャイルドシート頂部を留めるテザーアンカーも当然装備。
(荷室)……★★★★
リアオーバーハングを縮めた結果、トランク容量は従来比マイナス80リッターの504リッターに。それでもゴルフバッグは4セット入るという。でも4人乗せてゴルフに行ったら、室内がオヤジ熱気でムンムンになる。若返り(30代半ば)を狙わせるならこれではいけない。カムリとしては、若夫婦ふたりでゴルフに行ってもらいたいところだ。奥行き1039mm、開口幅1300mmとアクセスがいいわりに、リアデザインを崩していない点も評価。長尺物用のトランクスルー機構もあるので、スキー板も積むことができる。

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★
エンジンは2.4リッター直列4気筒のみ。各部リファインにより167ps/6000rpm(8psアップ)となる2AZ-FEユニットは、「エスティマ」などにも使用される働きものだ。期待していたほどパンチがないと感じるのは、エンジン自体の特性か、それとも大柄になりすぎたボディのせいか。今回乗ったFFは5段AT(4WDは4段AT)で、各ギアのつながりはスムーズ。あえてシフトゲートをごりごりやってまでマニュアル変速するのは正直面倒だが、エンジンのトルクが足りないから結局使うことに。やはりV6が欲しくなる。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★
キャスターが少し立ち気味な感じのあるステアリングホイールは、切ったら即回頭し始める。街中での取り回しを捨てきれない初期操舵感に「あぁ、ヴィッツのようだ」と感じつつ、少し我慢してその操作感覚を覚え込ませれば、ロールも自然で「結構走るじゃない!?」となるから不思議。若返りを狙うには少し「オッサン味」だと思える乗り心地は、今どきの大勢を無視して215/60R16というタイヤを選んだのが原因か。50扁平くらいでフロントのしっかり感をもう少し出すとちょうど良かったのかも。シャシーそのものに不満もなく、“プジョー406セダン一歩手前”の、コシのある走りが好印象。硬いのが嫌いな人には好まれるだろう。

(写真=荒川正幸)

【テストデータ】

報告者:山田弘樹
テスト日:2005年2月13日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2006年型
テスト車の走行距離:944km
タイヤ:(前)215/60R16 (後)同じ(いずれもトーヨーPROXES J33)
オプション装備:HDDナビゲーションシステム+ステアリングスイッチ=24万9900円
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(5):高速道路(5)
テスト距離:84.0km
使用燃料:--
参考燃費:--

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カムリの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る