オペル、「アストラ」「ザフィーラ」の2006年モデルに追加装備

2006.03.01 自動車ニュース

オペル、「アストラ」「ザフィーラ」の2006年モデルに追加装備

ゼネラルモーターズ・アジア・パシフィック・ジャパンは、2006年モデルのオペル「アストラ」と「ザフィーラ」の装備内容を一部変更し、2006年3月1日に発売した。


【写真上】「アストラ1.8CDスタイルパッケージ」
【写真下】「ザフィーラ2.2CDスタイルパッケージ」

両車とも、ベースグレード「CD」とスポーティな「Sport」に装備が追加され、「CDスタイルパッケージ」「Sportナビパッケージ」と改名された。

「CDスタイルパッケージ」は、16インチアルミホイールやマットシルバーのドアハンドルなどを採用し、スポーティなエクステリアが演出される。
「Sportナビパッケージ」は、その名が示すとおり、「HDDナビゲーション内蔵AVシステム」を標準で搭載。最大3000曲の楽曲をハードディスクに収録でき、ステアリングスイッチによる操作も可能という。加えて、モデル名のロゴが入った、アルミニウム製のドアシルプロテクターが備わる。

価格は、「CDスタイルパッケージ」が従来車より20.0万円、「Sportナビパッケージ」は35.0万円高くなった。

「アストラ」
1.8CDスタイルパッケージ:255.0万円
1.8Sportナビパッケージ:300.0万円
2.0ターボSport:320.0万円
「アストラ・ワゴン」
1.8CDスタイルパッケージ:270.0万円
1.8Sportナビパッケージ:315.0万円
「ザフィーラ」
2.2CDスタイルパッケージ:289.0万円
2.2Sportナビパッケージ:334.0万円

(webCG 田中)

オペル:
http://www.opel.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アストラハッチバックの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • オペル・ヴィータGSi(5MT)【試乗記】 2002.5.28 試乗記 オペル・ヴィータGSi(5MT)
    ……217.0万円

    2002年モデルから追加された、1.8リッター「エコテック」ユニット搭載の5段MTモデル「GSi」。ヴィータのスポーツモデルにwebCG記者が乗った。


  • フランクフルトショー2015の会場から(その20) 2015.9.23 画像・写真 オペルはフランクフルトモーターショー(開催期間は9月15日~27日。一般公開は9月19日から)で新型「アストラ」を発表した。復活したドイツのブランド、ボルクヴァルトのクロスオーバーモデル「BX7」とともに画像で紹介する。
  • オペル・ヴィータGLS(4AT)【試乗記】 2001.2.21 試乗記 オペル・ヴィータGLS(4AT)
    ……187.0万円

    オペルの小型ハッチ、ヨーロッパでは「コルサ」、邦名「ヴィータ」の国内販売が、2001年2月1日から始まった。当面、輸入されるのは、1.4リッター+4段ATの5ドア「GLS」と3ドア「Swing」。「かわいいヴィータ……」からの脱皮を図り、先代より半まわり大きくなったコンパクトモデルはどうなのか?


  • 【ジュネーブショー2017】レクサス、新型「LS」のハイブリッドモデルを出展 2017.2.14 自動車ニュース トヨタが、新型「レクサスLS」のハイブリッドモデル「LS500h」をジュネーブショーで世界初公開すると発表した。同車の詳細については日本時間の3月7日に公開される予定で、また同ショーには「レクサスRC F GT3」なども出展される。
  • 【ジュネーブショー2017】オープンでV12、メルセデスから究極の「Gクラス」登場 2017.2.13 自動車ニュース 独ダイムラーがジュネーブショーで「メルセデス・マイバッハG650ランドーレット」を公開すると発表。電動ソフトトップや630psのV12エンジン、ポータルアクスル機構を備えた特別なドライブトレインなどを備えた99台の限定モデルで、同年秋に発売される。
ホームへ戻る