【スペック】全長×全幅×全高=4555×1765×1435mm/ホイールベース=2645mm/車両重量1670kg/駆動方式=4WD/1.8リッター直4DOHC20バルブターボ・インタークーラー付き(170ps/5900rpm、23.0kgm/1950−5000)/車両本体価格=445.0万円(テスト車=474.5万円/MMS:マルチメディアステーション)

アウディA4アバント 1.8T クワトロ(5AT)【試乗記】

遊び心ある優等生 2002.07.30 試乗記 アウディA4アバント 1.8T クワトロ(5AT)……474.5万円アウディの“スポーツプレミアムワゴン”A4アバント。1.8リッターターボエンジンを積む4WDモデル「1.8Tクワトロ」に、webCGの大川悠エグゼクティブディレクターが試乗した。

イイ仕事している

きちんとできていてとても良識的で、でも肩が凝るほどでも退屈でもなく、ちょっとスポーティなワゴン。アウディ「A4アバント」の1.8Tクワトロを総括すると、こうなる。自動車専門誌『NAVI』2002年8月号の特集「2002夏の太鼓判」では、3リッターV6を積む4WDモデル「3.0クワトロ」を「優等生:ハナマル」と評価したが、1.8Tの方はもうすこし“遊び心”がある。でも基本的にはドイツ車らしい“しっかり志向”だから、まだ子供が小さな若いオトーサンが、家族を説得するにはピッタリだろう。

アウディのいいところは、乗り込んだ瞬間に「ああ、イイ仕事しているな」と感じさせること。実は生々しい「デニムブルーパールエフェクト」の外装色は、個人的には好きではなかった。しかし運転席に座るといつものアウディと同じ、いかにも上質な室内が迎えてくれて安心した。
これはアウディ特有の見事な演出のおかげだ。デザインのうまさと素材選択の妙味、フィッティングの巧みさによる。「それほどコストをかけず、上質に見せている」と、ある内装専門の会社で聞いたことがある。でもそれはそれでいいと思う。ともかくユーザーに満足感を与えればいいのだから。

アウディ解釈のワゴン

インテリアで目を引くのは、スッキリした気持ちよさのあるダッシュボードのデザインだ。ドイツの家電や家具のようにきちんと筋をとおし、面や線で整然と構成される。ドイツっぽさを強く感じるのは、赤い文字で様々な情報が表示される、メーターに囲まれたインフォメーションパネルだ。それを見ているうちに気温計はもちろん、気圧計、湿度計などまで壁にかかっている、ドイツ人の家を思い出した。彼らは基本的に「計器オタク」なのである。
シートの座り心地は、フォルクスワーゲンのそれと並んで、素晴らしい。大きすぎず、タイトに体を包みこむ。リアシートも同じようなかけ心地で、クッション位置が高くて視界も良好である。だがそれは、あくまでも2人がけの場合。真ん中に座らされた人間は、硬い部分で我慢することになる。後ろは1人か2人で座り、大きなセンターアームレストを引き出してのうのうと過ごすべきだ。

アバントは、アウディにおけるワゴンである。アウディの解釈では、ワゴンは「貨客兼用車」ではなくて「乗用車の一変種」。だから、以前からそれほど荷室は大きくなかった。
今回のモデル、他の記事を読むと「荷室は広い」と書かれている。旧型とのスペック比ではたしかにそうだが、実際に使おうとしたら意外と狭い。ゴルフバッグを2セット積もうと思ったら、それができないのだ。理由は荷室の幅が狭いこと。確かに左右にコンパートメントがあったり、フロア下が整理されているのだが、結果的に幅が狭められた。だからといって、ゴルフバッグを縦に並べられるほど奥行きはないので、結局リアシートを半分畳んだ。普通の乗用車なら、別にそんなことしなくても2バッグぐらい入るはずである。荷室は狭くはないが、入れるものの形状を選ぶ、と表現するほうが適切だ。

軽快な4WD

1.8Tクワトロは、A4の中でもかなり若向けのスポーティ版。だから走りもまた、気持ちのいいものだ。特にターボのラグをあまり感じず、低回転から望むだけ充分なトルクを出してくれるエンジンは、使い勝手がよくて好感が持てる。目一杯回したからといって、特に痛快ではないが、日常領域でスポーティを味わえるのは、やはり楽しいものである。
ただ変速モードがティップしかない5段ATは、ややわずらわしい。個人的にはティップを操作して適宜ギアを選択するより、Sや3ぐらいのポジションがあれば、そちらを選んで入れっぱなしにする。変速ショックがほんのすこし強めなことも、残念だった。

ハンドリングは、とてもバランスがよくて軽快だ。アウディのお家芸クワトロこと4WDだから直進性は高く、高速でのレーンチェンジなどでも安心感がある。一方乗り心地は、全般的に硬め。A4セダンと同様に、路面によってはピッチングを誘発されやすい。特に100km/h以上でゆるやかなデコボコにさしかかったときなど、それを感じる。

結論をいうと、基本的にはきちんとできているが、A4アバント1.8Tクワトロは、多くの人や荷物を積むより、パーソナルに楽しむためのワゴンだ。それが“大真面目”なVWパサートワゴンとの大きな違いといえるし、ちょっとした“遊び心”をかもし出す要因ともいえる。

(文=webCG大川悠/写真=清水健太/2002年6月)


 
アウディA4アバント 1.8T クワトロ(5AT)【試乗記】の画像

 
アウディA4アバント 1.8T クワトロ(5AT)【試乗記】の画像

 
アウディA4アバント 1.8T クワトロ(5AT)【試乗記】の画像

 
アウディA4アバント 1.8T クワトロ(5AT)【試乗記】の画像
写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。
 
写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。
	 

 
アウディA4アバント 1.8T クワトロ(5AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A4アバントの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディA4アバント2.0 TFSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.10 試乗記 2016年4月に国内販売がスタートした、最新型の「アウディA4アバント」に試乗。6代目となったアウディブランドの代表的ワゴンは、どんなクルマに仕上がっているのか? 走行性能や乗り心地、使い勝手を報告する。
  • アウディS4/S4アバント 2016.10.25 画像・写真 アウディ ジャパンは2016年10月25日、フルモデルチェンジした「アウディS4/S4アバント」を発表した。従来モデルから100kg以上も軽量化された一方で、3リッターV6直噴ガソリンターボエンジンの出力は21ps強化されている。その姿を画像で紹介する。
  • アウディ、新型「S4/S4アバント」を日本導入 2016.10.25 自動車ニュース アウディが新型「S4/S4アバント」の日本導入を発表した。S4はDセグメントモデル「A4」の高性能バージョンであり、今回の新型では最高出力354ps、最大トルク51.0kgmの3リッターV6ターボエンジンが搭載されている。
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント2.0TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.22 試乗記 「フォルクスワーゲン・パサート」に、2リッターターボエンジンを搭載した「2.0TSI Rライン」が登場。「ゴルフGTI」ゆずりのエンジンとパワートレイン、そしてRラインならではのシャシー制御システムが織り成す走りを試す。
  • アウディA4 2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.3.5 試乗記 満を持して日本に導入された新型「アウディA4」。252psの高出力エンジンと、アウディ自慢のフルタイム4WDシステム「クワトロ」を搭載した上級グレード「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗し、従来モデルからの進化のほどと、走りの実力を確かめた。
ホームへ戻る