クーペのスタディモデル「ロールス・ロイス101EX」【ジュネーブショー06】

2006.02.28 自動車ニュース
【ジュネーブショー2006】クーペのスタディモデル「ロールス・ロイス101EX」

【ジュネーブショー06】クーペのスタディモデル「ロールス・ロイス101EX」

2006年2月28日のプレスデイで開幕する第76回ジュネーブモーターショーに、ロールス・ロイスは、クーペのデザインスタディモデル「101EX」を公開する。




【ジュネーブショー2006】クーペのスタディモデル「ロールス・ロイス101EX」

職人による手づくりという「ロールス・ロイス101EX」は、「ファントム」由来の軽量アルミニウム構造を持ち、全長5835mmのファントムより240mm短い。2枚ドアを開けると4座が待ち受け、車内はファインレザーやローズウッド&レッドオークの化粧版などで豪華に彩られるという。車内の天井では、何百もの光ファイバーにより星空の演出がなされるとか。

なお同車の市販化の予定はないという。

(webCG 有吉)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。