「ムルシエラゴ」640psまでパワーアップ!「LP640」登場【ジュネーブショー06】

2006.02.28 自動車ニュース
【ジュネーブショー2006】「ムルシエラゴ」640psまでパワーアップ!「LP640」登場

【ジュネーブショー06】「ムルシエラゴ」640psまでパワーアップ!「LP640」登場

2006年2月28日のプレスデイで開幕する第76回ジュネーブモーターショーに、ランボルギーニは、「ムルシエラゴ」をさらにパワフルにした「ムルシエラゴLP640」を出展する。




【ジュネーブショー2006】「ムルシエラゴ」640psまでパワーアップ!「LP640」登場

「longitudinale posteriore」=エンジンがリアに縦置きされた、「640」=640psのムルシエラゴが「LP640」だ。
580psの6.2リッターV12ユニットは、ボア・ストロークを拡大し6.5リッターとなり、60psプラスの640ps/8000rpm、トルクは1kgm太くなり67.3kgm/6000rpmを絞りだす。

アウトプットが増したことで、6段ギアボックスやリアデフ、4WDなども増強。2ペダルの「e-gear」には、「スラスト」ことアクセレレーションモードがオプションとして追加された。

パフォーマンスは、0-62mph(約100km/h)加速が3.4秒、ノーマル版より0.4秒速くなり、トップスピードは320km/hオーバーをマークするという。

足まわりでは、新しいスプリング&スタビライザーを採用し、さらに電子制御ダンパーをリデザイン。ブレーキシステムもパフォーマンスにあわせ向上させ、オプションでセラミック・カーボン・ブレーキも選択可能とした。4チャネルABS、電子ブレーキコントロール、トラクションコントロールも備わる。

内外装にも手が入り、エクステリアは前後バンパーで凄みをきかせ、車内にはよりコンフォートとなったというシートやデザインが変えられたインパネなどが配される。

(webCG 有吉)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。