高性能911「ポルシェ911 GT3」新型、世界初公開【ジュネーブショー06】

2006.02.27 自動車ニュース
【ジュネーブショー2006】高性能911「ポルシェ911 GT3」新型、世界初公開

【ジュネーブショー06】高性能911「ポルシェ911 GT3」新型、世界初公開

間もなく開幕する第76回ジュネーブモーターショー(2006年2月28日-3月12日)で、ポルシェAGは、新しい「ポルシェ911 GT3」を世界初公開する。




【ジュネーブショー2006】高性能911「ポルシェ911 GT3」新型、世界初公開

■34psアップ、415psフラットシックス

新型「911ターボ」と並ぶポルシェのワールドプレミア、高性能版 911「GT3」。NAエンジン搭載プロダクションスポーツカーの頂点に君臨すると謳われる新型は、フラットシックスをさらにパワーアップさせ、随所に磨きをかけた内容だ。

心臓部の3.6リッター水平対向6気筒ユニットは、34ps増の415ps/7600rpm、1リッターあたり115.3psを発生。レブリミットは先代を200rpm上回る8400rpmにセットされた。さらにスロットルバルブ径を6mmプラスの82mmとし、可変インテークシステムや背圧の小さいエグゾーストシステムなどを盛り込み、空気の流れが最適化されたという。




【ジュネーブショー2006】高性能911「ポルシェ911 GT3」新型、世界初公開

トランスミッションは6段マニュアル。シフトストロークをショート化、2速から6速までをクロースレシオとし、レーシーな性格付けを際立たせた。
「シフトアップディスプレイ」がシフトのタイミングを教えてくれるのは新しい機能だ。

パフォーマンスは、0-100km/h加速で4.3秒、最高速は310km/hをマークするという。

GT3として初めて、アクティブシャシー「ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム(PASM)」が採用されたこともニュース。ノーマルモードでは先代モデルのフィールに近く、路面状況が変化するような路面に適し、いっぽうスポーツモードを選べば、ダンパーが固めになりサーキット走行に向くようになる。




【ジュネーブショー2006】高性能911「ポルシェ911 GT3」新型、世界初公開

ニュー911 GT3、2006年5月にヨーロッパで販売がスタートする見込みという。

(webCG 有吉)

関連キーワード:
911ポルシェジュネーブモーターショー2006イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911カレラ(RR/7MT)【試乗記】 2017.10.23 試乗記 ポルシェが誇る、伝統の高性能スポーツモデル「911」。数あるラインナップの中でも、最もスペック的に穏やかな「カレラ」にはどのような魅力があるのか。7段MT仕様の試乗を通し、「ベーシック」の一言では語れないそのキャラクターに触れた。
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.12.29 試乗記 4代目となる「ルノー・メガーヌ」に試乗。シャシーや4輪操舵機構「4コントロール」のチューニングをルノーのモータースポーツ部門が手がけた新型は、ワインディングロードでこそ本領を発揮する、優れたハンドリングマシンに仕上がっていた。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • ポルシェ911カレラ(RR/7MT)【試乗記】 2016.1.22 試乗記 自然吸気の3.4リッターユニットを搭載する従来型の「ポルシェ911カレラ」に試乗。「ターボ」でも「GT3 RS」でもないごく普通のカレラの、しかもMT仕様を選ぶ意義とは? MT派の筆者はこの「素のカレラ」こそがベスト911と考えている。
ホームへ戻る