【スペック】全長×全幅×全高=3730×1710×1630mm/ホイールベース=2315mm/車重=1270kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(108ps/5800rpm、15.0kgm/4000rpm)/価格=229万円(テスト車=同じ)

プジョー1007 1.6(FF/2ペダル5MT)【試乗記】

忘れられないのは、走りよりも便利さ 2006.02.25 試乗記 プジョー1007 1.6(FF/2ペダル5MT)……229万円モデルネームのルールを初めて破った、4桁車名のプジョー「1007」が日本上陸。従来のモデルとは異なるコンセプトを提案する、そのニューモデルに試乗した。

シートにつくまでウルトラスムーズ

感動するほど便利だった。「プジョー1007」の電動両側スライドドアのことだ。

試乗会というのは、自分のバッグに加えてクルマの資料などをいただくので、荷物が多くなる。他のクルマなら荷物を一度片手に集めて、ドアを開けなければならないところだが、1007は手のひらのリモコンキーのボタンを押すだけで車内へアクセスできる。
たしかに電動スライドドアなら他車にもある。でも、運転席のドアがそうだったというのは、自分の記憶では初めてだ。助手席側にしか電動スライドドアがない某車を作った国産メーカーはともかく、プジョーはクルマにとってドライバーこそが主役だと考えている。そう感じた。

ルーフの高さと、絶妙な位置のフロントシートのおかげで、シートにつくまでのアクセスもウルトラスムーズ。それだけに、シートベルトの場所が気になった。着座位置よりかなり後ろにあり、しかもドアを閉めながら取り出そうとすると手をはさまれそうな気がする。シート内蔵にするとか、アンカーを伸縮式にするとかしてほしかった。

キャビンに収まると、いままでのコンパクトプジョーとひと味違う、おとなっぽい雰囲気を感じる。落ち着いたデザインや上質な仕上げのおかげもあるが、大きさも厚みもたっぷりの快適なフロントシートもそう感じさせる要因だ。日本仕様は全車右ハンドルだが、ペダルのオフセットにも違和感はなかった。

【Movie】電動スライドドア開閉の様子が見られます。

コーディネイトで遊べる

ボディカラーと同じ12種類が用意されたインテリアの「カメレオキット」は、ボディの着せ替えを遊びにしてしまうという意味で、「シトロエンC3プルリエル」と同じノリを感じた。季節ごとに模様替えしたり、シートとトリムを別の色でコーディネイトしたり、いろいろ楽しめそうなアイテムだ。

セパレート2人掛けのリアシートは、フロントに比べると小柄で硬めだが、スライドを後ろにすると、身長170cmの自分なら余裕で座れる。ラゲッジスペースは奥行きが短めだが、リアシートだけでなくフロントの助手席も折り畳めるから、いざとなれば長モノも箱モノもOKだ。シートアレンジのレバーが赤で色分けしてあるのは親切。

日本仕様のエンジンは1.4と1.6の2タイプで「206」と共通だ。トランスミッションはシトロエンの「センソドライブ」と同じ2ペダルの5段MTだが、プジョーでは2トロニックと呼ばれる。今回試乗したのは1.6だ。
車両重量は1270kgで、同じエンジンを積むクルマでは「307フェリーヌ」のATと同じ。おかげで発進はボディをヨイショと動かす感じがあり、その後もオートモードの変速はゆっくりだったが、そのぶんショックなどはなく、なめらか。パドルを弾くマニュアルモードなら、軽快な加速が手に入る。

写真をクリックすると、シートアレンジが見られます。

プジョー1007 1.6(FF/2ペダル5MT)【短評】


プジョー1007 1.6(FF/2ペダル5MT)【短評】


プジョー1007 1.6(FF/2ペダル5MT)【短評】

買い物好きの女性へ

乗り心地はコンパクトカーらしからぬ落ち着きを感じる。ボディの剛性感が高いうえに、重さもいい方向に働いているのだろう。基本的にフラットで、路面からのショックは伝統の自社製ダンパーを使ったサスペンションが、しなやかに吸収してくれる。
試乗の舞台は横浜なので、ワインディングロードでのハンドリングをチェックすることはできなかったが、交差点などを曲がるときのフィーリングは、予想以上に“プジョー”していた。電動パワーアシストとしては自然な感触のステアリングを切ると、ほとんどロールせずに、スッとノーズがインを向く、あの動きだ。それでいて、曲がりはじめてからはけっこう安定していた。高速道路での直進性も高い。

とはいってもこの1007、プジョー=スポーティと考える男性にはまずササらないだろう。むしろプジョー=ファッショナブルと思う女性にウケそうだ。買い物好きの彼女たちにとって、運転席のドアが電動で開くのは便利だし、注目を集めるというのもプラスになるはず。カメレオキットはファッションのコーディネイトに通じるし、上質なインテリアもアピールになる。

と外野の人っぽく考える僕も、電動スライドドアの便利さだけは、試乗から数日たったいまでも忘れられないでいる。それほど新鮮な体験だった。

(文=森口将之/写真=河野敦樹/2006年2月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

1007の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
  • プジョー508SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.25 試乗記 2リッターのクリーンディーゼルエンジンが搭載された、プジョーのフラッグシップワゴン「508SW GT BlueHDi」に試乗。「GT(グランドツアラー)」の称号が与えられた新グレードの乗り味やいかに?
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • プジョー508GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.16 試乗記 プジョーのラグジュアリーモデル「508」に、2リッターのクリーンディーゼルエンジンが搭載された。「GT」の2文字が示す通り、スポーティーなフラッグシップに生まれ変わったのがポイントだ。セダンの「508GT BlueHDi」に試乗した。
ホームへ戻る