【スペック】A3 1.6(5MT) 欧州仕様:全長×全幅×全高=4203×1765×1421mm/ホイールベース=2578mm/車重=1205kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4SOHC8バルブ(102ps/5600rpm、15.1kgm/3800rpm)

アウディA3 1.6(5MT)/2.0FSI(6MT)【海外試乗記】

大人のテイスト 2003.06.17 試乗記 アウディA3 1.6(5MT)/2.0FSI(6MT)プレミアムコンパクトを謳うアウディ「A3」がフルモデルチェンジした。新開発のプラットフォームに、一まわり大きくなったボディを載せた2代目「A3」の国際試乗会は、イタリアはサルディーニャ島で開催された。自動車ジャーナリスト河村康彦が報告する。

 
アウディA3 1.6(5MT)/2.0FSI(6MT)【海外試乗記】の画像 拡大
トランク容量は先代と変わらない、350リッター(VDA法)。
 
トランク容量は先代と変わらない、350リッター(VDA法)。
	  拡大

ボディ拡大のワケ

世界の自動車デザイナーに衝撃を与えた「TT」、ポルシェ911も真っ青のスピード性能の持ち主である「RS6」、さらには元祖“フルアルミ構造”をさらに進化させた、先進のボディを採用した「新型A8」…… 。このところ、何かとエキセントリックなモデルが話題になるアウディ車。が、そうはいっても、台数的に主役となるのは、やはりA3やA4といった、ベーシックなモデルたちだ。そんなアウディの重要な軸足の一台であるA3が、誕生以来初めてのフルモデルチェンジを受けて、ヨーロッパで発売された。

新型A3のエクステリアは、ご覧のように明らかに“キープコンセプト”。フルモデルチェンジを行いながら、従来型とここまで近いイメージを採用するということは、アウディが初代モデルのルックスに、それだけ強い自信を抱いている証だ。
けれどもその実、ボディのサイズは、従来型よりひとまわり以上大きくなった。その目的は「主に後席の居住スペースの拡大」というのが、アウディの公式コメント。一方で全高の数値が縮小しているのは、「アウディらしいエレガントなたたずまいを演出するため」という。

ちなみにこのクルマの基本骨格は、この秋デビューの次期「フォルクスワーゲン・ゴルフ」と共用される。前述のボディの大型化は、そんな“ゴルフV”がらみの事情が、微妙に影響を与えているわけだ。

2BOXカーは卒業

インテリアは、やはり最新のアウディ流。つまり上質さがウリだ。ダッシュボードまわりのデザインに、センターパネル部分を中心に、「TT」のそれと共通するモチーフがちりばめられたのが特徴のひとつ。
さて、注目の後席の、特に足元まわりのスペースは、たしかに従来型から大きく拡大された。ただし、そんな恩恵により浸れるのは、追加設定が予定される5ドアモデルの方だろう。後席の使いやすさが、グッと増すはずだ。

イタリアで開催された国際試乗会に用意されたガソリンモデルは、「日本にはこの2003年秋から導入の予定」(アウディジャパン)の、2リッター直噴の新開発エンジン搭載車と、「導入は未定」(同)という、ベーシックな1.6リッターエンジン搭載車。残念ながら「切れ目のない加速が特長の2ペダルMT」である“DSG”に、3.2リッター241psのV6エンジンを組み合わせた「3.2 V6」は用意されなかった。
また、カタログ上では、アイシンAWが開発した6段AT仕様の設定もあるものの、今回の試乗車はすべてMT仕様。図らずも、ヨーロッパのこのクラスでは、まだまだMTが主流であることを教えられることになった。

走りのテイストは、「ひとまわり大人になった」印象が強い。前出の居住空間の拡大に加え、静粛性の向上や路面凹凸を拾った際のショックのマイルド化が、その感触につながったと思う。一方で、従来型にあった軽快で機敏な動きは、やや後退した。いずれにしてもその走りの雰囲気は、もはや「コンパクトな2BOXカー」のそれからは、明らかに卒業したものになった。

日本にまず導入される予定の2.0リッター直4ツインカム16バルブ。この他に本国では1.6リッター直4、3.2リッターV6(2003年中に導入)、1.9リッターと2.0リッターのディーゼルエンジンがラインナップする。
 
拡大
【スペック】
A3 2.0FSI(6MT) 欧州仕様:全長×全幅×全高=4203×1765×1421mm/ホイールベース=2578mm/車重=1275kg/駆動方式=FF/2.0リッター直4 DOHC 16バルブ(150ps/6000rpm、20.4kgm/3500rpm)
 
拡大

イメージリーダーが待ち遠しい

アウディの最新エンジンである2リッター直4は、率直なところ低回転域でのトルク感がやや細い。ガソリン直噴エンジンにありがちなウィークポイントを、感じることになった。またダウンシフトの際に、“回転合わせ”をしようとアクセルペダルをあおってみても、レスポンスはシャープとはいえない。このあたりを勘案すると、あるいは今回はテストドライブのかなわなかった、AT仕様とのマッチングに優れるのが、この心臓かもしれない。日本仕様でのテストドライブが楽しみだ。

1.6リッターモデルも、静粛性や路面当たりのマイルド感は、2リッターモデル同様の“大人のテイスト”。ただしこちらのエンジンは、大型化で重量を増したボディに、「AT+エアコン」という日本必須の仕様になった場合、やや荷が重いかも知れない。

いずれにしても、新型A3でスポーティな走りを求めるのであれば、やはりイメージリーダーモデルである、「3.2リッターエンジン+“DSG”」の仕様に目を向けたいところ。もちろん、さらに頂点を極めたいというのであれば、いずれ現れるであろう新型「S3」の動向からも目が離せないだろう。

(文=河村康彦/写真=アウディジャパン/2003年6月)

関連キーワード:
A3アウディ試乗記

あなたにおすすめの記事