【スペック】全長×全幅×全高=3785×1690×1635mm/ホイールベース=2540mm/車重=1100kg/駆動方式=FF/1.3リッター直4DOHC16バルブ(92ps/6000rpm、12.5kgm/4400rpm)/価格=134万4000円(テスト車=149万1000円)

トヨタbB 1.3S(FF/4AT)【ブリーフテスト】

トヨタbB 1.3S(FF/4AT) 2006.02.21 試乗記 ……149万1000円総合評価……★★★「トヨタのミュージックプレイヤー」と銘打つ「bB」。しかしウリである9つのスピーカーや、手元のコントローラーがないグレードも存在する。今回はベーシックグレードで、クルマとしてのデキを試す。


“次もトヨタ車”となるかは疑問

走ってナンボ、というクルマとは対極に位置する「トヨタbB」。走りっぷりにはこれといって見るべきところはないが、そのコンセプトやデザインだけで「ほしい」と思わせる商品力はある意味すごいと思う。きっとこれをほしいと思う人は、試乗しなくても買っちゃうんだろうな。
そんな浮気な若者たちを振り向かせる魅力があるbBだが、これを買ったところで「次もまたトヨタ車を」という気持ちにはならないだろう。「見た目もいいけど、乗るといいじゃん、トヨタ」と思わせないことには、トヨタファンは育たないと思うんだけど。

ひとつ気になったのは、このクルマのウリのひとつである前席の“まったりモード”。機能はさておき、まったりモードのままでは運転してはいけないことになってはいるが、その気になればクルマを動かすことはできてしまう。また、音楽を聴きながら、エアコンを効かせた室内でまったりしたい、という欲求も必ず生まれるはずだ。余計なお世話かもしれないが、危険防止やアイドリングストップの観点から、まったりモードではエンジンが停止するような工夫が必要なのではないだろうか? そこまでメーカーが心配する必要はない? いや、最近の日本人のモラルは、メーカーが考えるほど高くないと思う。

【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
初代 「ヴィッツ」の派生車種として2000年2月にデビュー。2005年12月に発売された現行2代目は、トヨタ曰く「クルマ型ミュージックプレイヤー」。ベース車を「パッソ」としダイハツで生産される。エンジンは1.3と1.5の2本立てで、どちらも4段AT。1.3リッターにはFFと4WDが用意される。
エアコンがオートだと「Z」、マニュアルだと「S」というグレード分け。それに、エアロと室内イルミネーションの装備を持つ「Xバージョン」と、9スピーカーやアームレストコントローラーが備わる「Qバージョン」が組みあわせられる。
(グレード概要)
テスト車は1.3リッター前輪駆動の「S」グレード。マニュアルエアコン、ノーマル外観、14インチタイヤにスチールホイールなどを標準装備する、シリーズ内最廉価のベーシックグレードだ。ウリであるシートが深く下がる「まったりモード」は採用されるものの、ミュージックプレイヤーの核である「9スピーカー」「イルミネーション」は、このグレードには装備されない。

写真をクリックするとマッタリモードが見られます。

写真をクリックするとマッタリモードが見られます。


トヨタbB 1.3S(FF/4AT)【ブリーフテスト】の画像
写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。

写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★★
今回の試乗車は最もベーシックな「S」グレードということで、スピーカーは4つ、ブルーのイルミネーションはセンタークラスターのカップホルダー部のみ、という実にジミ〜な仕様。でもそのシンプルさが意外に気持ちよかったりする。ダッシュボードは中央にアナログ式のメーターパネルがレイアウトされ、そこから両サイドに回り込む“腕”のようなデザインやその表面の四角いボツボツが、素材のチープさを隠しているのは上手いと思った。
(前席)……★★★
ドアを開けて足を踏み入れた瞬間、フロアが低いことに驚く。この高いアクセス性は、案外シニアに喜ばれそうだ。フロントのベンチシートは6:4の分割式で、センターコンソールを引き出せばセパレートシートのように使うことも可能。フロアから座面までの高さは十分だが、クッションやシートバックはやや平板な印象。自慢の“まったりモード”は簡単な操作で座面を下げることができるので、車内で休憩するには便利だ。
(後席)……★★★
天井の高いキャビンにアップライトに座るシートのおかげで、後席のスペースは下手なラクシュリーサルーンよりも広い。2段階だがリクライニングできるのもうれしいところだ。レッグルームは脚が組めるほど広いし、ヘッドルームも申し分ないが、内装色がダークグレーで統一されるために閉所感があり、これにボディの上下動が目立つ不快さが加わると、長時間閉じこめられるのは避けたいところだ。
(荷室)……★★★
全長3785mmのコンパクトなボディにもかかわらず、キャビン同様、ラゲッジスペースも十分な広さが確保されている。後席を起こした状態でも奥行き50cm以上、幅120cmほどのスペースは、高さも十分あるため使いやすい。シートバックを倒せば奥行きは120cm以上。ワンタッチでシートを倒す機構などは備わらず、とくに目新しさはないが、道具としては不満のない設計といえる。

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★
bBのエンジンは109ps/14.4kgmを発揮する1.5リッターと92ps/12.5kgmの1.3リッターの2タイプが用意され、いずれも4段オートマチックが組み合わされる。今回の試乗車は1.3リッター搭載モデルだが、発進はスムーズで街中でも不満なく走るので、運転していてストレスを感じることはなかった。高速でも登り勾配で追い越し車線に出るような場合を除けばまずまずの性能。回せばそれなりにノイズや振動は高まるが、オーディオのボリュームを上げてしまえば気にならない!?
(乗り心地+ハンドリング)……★★
一方、乗り心地はあまり褒められたものではない。街中を走るようなスピードでは多少ゴツゴツした乗り心地で、タイヤの柔らかさになんとか助けられている印象。目地段差を越えたときのショックも逃がしきれず、とくにリアシートはツライ。高速でもフラット感が乏しく、スピードを上げるにつれてピッチングが目立ってくし、レーンチェンジの際のロールも比較的大きめだ。

(写真=高橋信宏)

【テストデータ】

報告者:生方聡
テスト日:2006年2月6日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2006年型
テスト車の走行距離:1306km
タイヤ:(前) 175/65R14(後)同じ(ヨコハマASPEC)
オプション装備:DVDナビゲーションシステム+ガラスアンテナ(TV)=14万7000円
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(3):高速道路(7)
テスト距離:161.4km
使用燃料:12.8リッター
参考燃費:12.6km/リッター

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

bBの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • 【ジュネーブショー2017】レクサス、新型「LS」のハイブリッドモデルを発表 2017.3.7 自動車ニュース レクサスがジュネーブショーで新型「LS」のハイブリッドモデル「LS500h」を発表。パワープラントには3.5リッターV6エンジンと、2基のモーターに有段変速機構を組み合わせた「マルチステージハイブリッドシステム」を採用している。
ホームへ戻る