【JAIA試乗会2006】「ドゥビル」の後継「DTS」と、ハイパフォーマンスの「STS-V」を展開(キャデラック)

2006.02.21 自動車ニュース

【JAIA試乗会2006】「ドゥビル」の後継「DTS」と、ハイパフォーマンスの「STS-V」を展開(キャデラック)

2006年1月31日から3日間、神奈川県は大磯で、JAIA(日本自動車輸入組合)が主催する恒例の輸入車試乗会が開催された。
『webCG』では各インポーターの広報部にアンケートを実施、今年の見通しなどを聞いた。


「キャデラックSTS 4.6L」

−−2005年はどうでしたか?

販売台数は前年に比べ増加し、よい年だったと思います。一昨年導入された「STS」も、お客様をはじめ各方面から高い評価をいただきました。


「キャデラックSTS-V」

−−2006年の計画は?

現在のキャデラック(※)は4モデル、「CTS」「STS」「SRX」「XLR」となります。「STS」の2006年モデルは、装備内容がさらに充実し、価格も見直されたため、非常に魅力的なモデルとなっています。
ここに、「STS」のパフォーマンスモデルである「STS-V」を今春、「ドゥビル」の後継モデルである「DTS」を今年の夏頃、導入する予定です。

キャデラックというブランドネームは、皆様にも知っていただいておりますが、個々のモデルについては、まだまだ充分認知されていないかと思います。「STS-V」「DTS」の導入で魅力的なキャデラックラインナップがほぼ揃いますので、それぞれのモデルの良さを積極的に伝えていきたいです。

「ラグジュアリー」と「パフォーマンス」を高い次元で融合させたキャデラックですが、今年は「STS-V」に代表される「パワー」も加わります。最新のアメリカ高級車のよさを味わっていただきたいと思います。

※:ゼネラルモーターズ・アジアパシフィック・ジャパン取り扱い車種

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。