“ゴルフ史上最強”、新しい「VWゴルフR32」発売

2006.02.21 自動車ニュース

“ゴルフ史上最強”、新しい「VWゴルフR32」発売

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、“ゴルフ史上最強の性能”と豪語する新型「ゴルフR32」を、2006年2月25日に発売する。




■9psパワーアップ

初代「ゴルフR32」(アール・サーティ・トゥーと読む)は、241ps、32.6kgmの3.2リッターV6、4WDシステム「4MOTION」を載せたスポーツモデルとして、日本では2003年にリリースされた。
2代目R32は、5世代目の現行型ゴルフをベースに、パワーを9psアップ。イメージリーダーという位置付けの3ドアモデル(受注生産、左ハンドル仕様のみ)には6段MTを、メインの5ドア(右ハンドル)には定評ある2ペダルMT「DSG(Direct Shift Gearbox)」を採用した。




全長×全幅×全高=4250×1760×1505mmと、「ゴルフGT」より45mm長く5mm背高なボディ。ゴルフ「GTI」やセダン「ジェッタ」と同じようにフロントグリルがアルミルックとなり、専用の前後バンパー、青塗装のブレーキキャリパー、センター出しのツインエキゾーストパイプ、18インチアルミホイールなどで箔を付けた。またスポーツサスペンションを与え、20mmローダウンした。

インテリアでは、専用ロゴ付きのステアリングホイール、 レザーシート、アルミペダルクラスターなどがスポーティ感を煽る。安全装備としてESP、カーテンエアバッグ、フロントアクティブヘッドレストなどを備え、またガスディスチャージヘッドランプ、オートエアコン、クルーズコントロールなど快適装備も用意される。




価格は、3ドアが419.0万円、5ドアは439.0万円。限定モデルだった先代(3ドア=500台、5ドア=400台)とは違い、通常のカタログモデルとして販売される。

(webCG 有吉)




フォルクスワーゲン・グループ・ジャパン:
http://www.volkswagen.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ ストリートエディション(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.8 試乗記 「GTI」シリーズの誕生40周年を祝う限定モデル「フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ」に、第2弾となる「ストリートエディション」が登場。エンジンやドライブトレインなど、各所に施された独自のチューニングが織り成す走りを試した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ トラックエディション(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.12 試乗記 “GTI”の誕生40周年を祝うアニバーサリーモデルとして、パフォーマンスを突き詰めた「フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ トラックエディション」が登場。専用の空力パーツや電子制御LEDで武装した、限定モデルの走りを試す。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
ホームへ戻る