“ゴルフ史上最強”、新しい「VWゴルフR32」発売

2006.02.21 自動車ニュース

“ゴルフ史上最強”、新しい「VWゴルフR32」発売

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、“ゴルフ史上最強の性能”と豪語する新型「ゴルフR32」を、2006年2月25日に発売する。




■9psパワーアップ

初代「ゴルフR32」(アール・サーティ・トゥーと読む)は、241ps、32.6kgmの3.2リッターV6、4WDシステム「4MOTION」を載せたスポーツモデルとして、日本では2003年にリリースされた。
2代目R32は、5世代目の現行型ゴルフをベースに、パワーを9psアップ。イメージリーダーという位置付けの3ドアモデル(受注生産、左ハンドル仕様のみ)には6段MTを、メインの5ドア(右ハンドル)には定評ある2ペダルMT「DSG(Direct Shift Gearbox)」を採用した。




全長×全幅×全高=4250×1760×1505mmと、「ゴルフGT」より45mm長く5mm背高なボディ。ゴルフ「GTI」やセダン「ジェッタ」と同じようにフロントグリルがアルミルックとなり、専用の前後バンパー、青塗装のブレーキキャリパー、センター出しのツインエキゾーストパイプ、18インチアルミホイールなどで箔を付けた。またスポーツサスペンションを与え、20mmローダウンした。

インテリアでは、専用ロゴ付きのステアリングホイール、 レザーシート、アルミペダルクラスターなどがスポーティ感を煽る。安全装備としてESP、カーテンエアバッグ、フロントアクティブヘッドレストなどを備え、またガスディスチャージヘッドランプ、オートエアコン、クルーズコントロールなど快適装備も用意される。




価格は、3ドアが419.0万円、5ドアは439.0万円。限定モデルだった先代(3ドア=500台、5ドア=400台)とは違い、通常のカタログモデルとして販売される。

(webCG 有吉)




フォルクスワーゲン・グループ・ジャパン:
http://www.volkswagen.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る