マツダの北米向け新型クロスオーバーSUV「CX-7」がラインオフ

2006.02.21 自動車ニュース

マツダの北米向け新型クロスオーバーSUV「CX-7」がラインオフ

マツダは、北米市場向けの新型SUV「マツダCX-7」の生産開始セレモニーを、2006年2月20日に広島県の本社宇品第2(U2)工場で行った。

いわゆるクロスオーバーSUVであるマツダCX-7は、2005年1月のデトロイトショーに出展されたコンセプトカー「MX-Crosssport」の市販版。今春にも北米市場への導入が予定されている。

今回のセレモニーには、マツダの井巻久一代表取締役社長兼CEO、マツダ・ノース・アメリカン・オペレーションズ(MNAO)のジム・オサリバン社長兼CEOら約700名が出席。
井巻社長は、「今日は、北米戦略車第一弾であるマツダCX-7の生産開始を皆さんで祝うことができて大変うれしく思う」と口火を切り、「マツダCX-7は北米を中心とした重要な車種と位置づけており、MNAOのジム・オサリバン社長も今回のセレモニーに出席し、一緒に祝うことができた。マツダはZoom-Zoomを体現した商品を今後もグローバルに展開していくため、さらに高品質なクルマづくりに向けて努力していく」とつづけた。

(webCG 有吉)

マツダの北米向け新型クロスオーバーSUV「CX-7」がラインオフの画像

関連キーワード:
CX-7マツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-8 XD Lパッケージ 2017.9.14 画像・写真 ナッパレザーのシートや本杢(ほんもく)の装飾パネル、2列目シートのセンターコンソールボックスなどで上質感を表現。「マツダCX-8」の上級グレード「XD Lパッケージ」のディテールを、写真でリポートする。
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ/S560 4MATICロング【試乗記】 2018.3.27 試乗記 話題の新型直列6気筒エンジンを搭載する「メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ」に試乗。20年ぶりに帰ってきた直6は、ISGと48V電気システムという新機軸を得て、懐かしくも新しい仕上がりを誇っていた。
  • マツダCX-8 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.3.1 試乗記 マツダのSUVファミリーに、3列シートを持つ最上級モデル「CX-8」が登場。ミニバンでは得られない、このクルマならではの持ち味とは何か。トップグレードの4WD車に試乗して確かめた。
  • マツダCX-8 XDプロアクティブ(4WD/6AT)/CX-8 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.12.18 試乗記 マツダから3列シートの新型SUV「CX-8」が登場。既存のミニバンに代わる多人数乗車モデルであるとともに、「アテンザ」と並ぶ同社のフラッグシップという役割も課せられたニューモデルの実力をリポートする。
  • マツダCX-8 XDプロアクティブ 2017.9.14 画像・写真 マツダが3列シートを持つ新型SUV「CX-8」を発表した。日本におけるマツダのフラッグシップSUVであり、ミニバン市場からの撤退を発表したマツダにとって、多人数乗車のニーズを一身に担うモデルとなる。マツダ初の3列シートSUVの姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る