2006年ホンダ・モータースポーツ「F1、インディ、GT、フォーミュラ・ニッポン、MotoGP……と幅広く」

2006.02.21 自動車ニュース

2006年ホンダ・モータースポーツ「F1、インディ、GT、フォーミュラ・ニッポン、MotoGP……と幅広く」

本田技研工業は、2006年2月20日、2006年のモータースポーツ参戦体制を発表した。上はF1から下は若手ドライバー育成カテゴリーまで、さらに二輪のMotoGPやモトクロス、モーターなしのマウンテンバイク・ダウンヒルまで、幅広いカテゴリーに参戦する。

■1968年以来のF1フルワークス参戦

都内ホテルで行われた記者会見には、F1ドライバーこそシーズン前のテストに追われ出席しなかったが、インディカー、スーパーGTなどの四輪ドライバー、MotoGPなどの二輪ライダーらが集結、今シーズンへの抱負などを語った。

もっとも注目を集めたのはF1。1968年以来のフルワークス参戦、新しい2.4リッターV8の投入、スーパー・アグリ・フォーミュラワンへのエンジン供給など話題はつきない。

ホンダ・レーシングF1チームでは、ジェンソン・バトンに加えフェラーリから移籍したルーベンス・バリケロにステアリングが託される。ニューマシン「RA106」は、昨年の「BAR007」の弱点といわれる空力面の向上を図り、ドラッグを低減しながらダウンフォースを確保する改良が施されたという。
アメリカのインディカーでV8エンジンの実績を積んだホンダ。高回転、高出力が謳われる2.4リッター「RA806E」が文字どおり原動力となる。

ワークスと基本的に同じパワーユニットが、スーパー・アグリにも提供される。産声をあげて数ヶ月の新興チームは、エンジンは最新だが、マシンは当面、2002年シーズンの元アロウズ「A23」をベースとした「SA05」を使わざるを得ない状況。まったくの新型シャシーはシーズン数戦後に投入を予定している。
チーム代表の鈴木亜久里は、「序盤は厳しいと思っているが、シーズン後半、鈴鹿に戻ってくるあたりには、ちゃんと戦闘力を備えたチームになっていたい」と語った。

最後にホンダの名前がポディウムの頂点にのぼったのは1992年最終戦オーストラリアGP。待望の「72勝目」は、今年つかめるか?

■インディは全チームに、スーパーGTは4台体制

2005年に2年連続の3冠(ドライバー、マニュファクチャラー、ルーキー)を達成したインディカーシリーズ。ライバルのトヨタがNASCARに鞍替えすることで単独エンジンサプライヤーとなるという、新しい局面を迎える。
3リッターV8「HI6R」は、今のところ9チーム17台に供給されることが予定されており、ディフェンディングチャンピオンのダン・ウェルドンや松浦孝亮らが参戦する。なお、イルモア・エンジニアリングとの技術提携は継続される。

スーパーGTでは、「チーム・ホンダ・レーシング」(伊藤大輔/ラルフ・ファーマン組&道上龍/小暮卓史組)、「エプソン・ナカジマ・レーシング」(武藤英紀/ロイック・デュバル組)、「チーム・クニミツ」(セバスチャン・フィリップ/細川慎弥組)の3チームが4台の「NSX」でエントリー。
ターボからNAエンジンにスイッチした2005年は、速さこそ取り戻したものの、タイトルは逃した。マシン、エンジンをさらに熟成させ、チームとドライバー両タイトル獲得を目指す。

さらに、トヨタとともにフォーミュラ・ニッポンに新型エンジンを投入する。4チーム8台に3リッターV8「HF386E」をサプライ。斜陽カテゴリーともいえる国内トップフォーミュラの復権に寄与したい。

(webCG 有吉)

2006年ホンダ・モータースポーツ「F1、インディ、GT、フォーミュラ・ニッポン、MotoGP……と幅広く」の画像

ホンダF1首脳陣と、スーパー・アグリ・フォーミュラワンの鈴木亜久里(左)

ホンダF1首脳陣と、スーパー・アグリ・フォーミュラワンの鈴木亜久里(左)

「目標は、まず開幕戦バーレーンGPのグリッドにマシンをつかせることですが」というスーパー・アグリの鈴木チーム代表。型落ちマシンをもとにした「SA05」で戦わなければならないシーズン序盤には苦戦が予想されるが、後半には持ち直したいと語る。佐藤琢磨、井出有治はテストのため記者会見不参加。

「目標は、まず開幕戦バーレーンGPのグリッドにマシンをつかせることですが」というスーパー・アグリの鈴木チーム代表。型落ちマシンをもとにした「SA05」で戦わなければならないシーズン序盤には苦戦が予想されるが、後半には持ち直したいと語る。佐藤琢磨、井出有治はテストのため記者会見不参加。

オール・ホンダのF1マシン「RA106」。BAR時代に引きつづき、テクニカルディレクターのジェフ・ウィリスのもと開発された。

オール・ホンダのF1マシン「RA106」。BAR時代に引きつづき、テクニカルディレクターのジェフ・ウィリスのもと開発された。

フォーミュラ・ニッポン用エンジン「HF386E」

フォーミュラ・ニッポン用エンジン「HF386E」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。