「スバル・フォレスター」累計生産台数100万台

2006.02.21 自動車ニュース

「スバル・フォレスター」累計生産台数100万台

富士重工業は、SUV「スバル・フォレスター」が累計生産台数100万台を達成したと、2006年2月20日に発表した。同社の群馬製作所矢島工場で1996年12月から生産が始まり、9年3ヶ月で大台にのせた。

1997年2月デビューの初代「フォレスター」は、「インプレッサ」ベースの車台に、スバルお得意の水平対向エンジン、4WDシステムを搭載した、乗用車ライクなクロスオーバーSUVだった。現在販売されるのは、2002年2月にフルモデルチェンジした2代目となる。

1997年夏からは海を渡りアメリカ、ヨーロッパでリリース。2005年の世界販売台数は、前年比106.2%の11万9743台で、そのうち海外比率は83.2%とスバル車のなかで一番高いとされる、グローバルモデルである(ちなみに世界販売台数とは、国内登録台数および海外輸出台数のことをさすという)。

また1996年10月には、国際自動車連盟(FIA)と米国自動車競技委員会(ACCUS)公認の「24時間世界最速記録」に挑戦し、平均速度180.082km/h の新記録を樹立したという変わった(?)経歴を持つ。

(webCG 有吉)


富士重工業「スバル・フォレスター」:
http://www.subaru.co.jp/forester/

関連キーワード:
フォレスタースバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • スバルXVハイブリッド 2.0i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2015.12.14 試乗記 足まわりの改良、燃費の改善、安全装備や運転支援システムの強化と、2012年のデビュー以来、度重なる改良を通して進化を遂げてきた「スバルXV」。ハイブリッドシステムを搭載した上級グレードの試乗を通し、今日におけるその実力を測った。
  • スバルXV【開発者インタビュー】 2017.4.27 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能に至るまで、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。新型に込めた思いを、開発を率いたスバルの井上正彦プロジェクト ジェネラル マネージャーに聞いた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
ホームへ戻る