【スペック】A6 3.2 FSI クワトロ:全長×全幅×全高=4916×1855×1459mm/ホイールベース=2843mm/車重=1680kg/駆動方式=4WD/3.2リッターV6DOHC24バルブ(255ps/6500rpm、33.7kgm/3250rpm)

アウディA6 3.2FSIクワトロ&4.2クワトロ(6AT/6AT)【海外試乗記】

A7になったA6 2004.04.22 試乗記 アウディA6 3.2FSIクワトロ&4.2クワトロ(6AT/6AT)プレミアム性を強調したクルマづくりをすすめるアウディ。アグレッシブなグリルが人目をひくニュー「A6」はどうなのか?自動車ジャーナリストの河村康彦が、イタリアはミラノで乗った!

明らかに大きい

アウディの新型「A6」がヨーロッパの道を走り始めた。ニューA6の国際試乗会が開催されたのは、ブランド品信仰者なら誰もが狂喜乱舞をしたくなる(?)ミラノの街。流行ファッションの発信地のひとつであるこの都市をアウディが選んだのは、やはり自らのプレミアム性の高さをアピールしたいがゆえ、と解釈すべきだろう。そういえばこのところアウディの国際イベントは、本国ドイツよりもアルプスを越えたイタリアで開催されることの方が圧倒的に多いような気がする……。

お披露目となった2004年ジュネーブショーの会場で目にしたときにも「大きいナ」と思った新しいA6。それは、まだ4月になったばかりというのに、すでに初夏を思わせる眩いイタリアの陽の下でも、やはり同様に感じられた。
それもそのはず、何しろ今度のA6の全長は、4900mmをオーバー。全幅も1800mmを大きく超える。サイズとしてはむしろ“A7”と表現をした方がよいポジションにまで成長しているのだ。従来型に比べて80mm以上も延長されたホイールベースを含め、新しいA6がここまで大きくなったのは、ライバルと目される「メルセデスベンツEクラス」や「BMW5シリーズ」の「次のモデルチェンジ」までを視野に入れたからだろう。ちなみに現行モデル同士の比較でいうと、全長でEクラス比10cm以上、5シリーズ比でも6cm以上と、新型A6の方が明らかに大きい。しかしここまでくると、今度はパーソナルカーとしての日常的な使い勝手のほどが、ちょっと心配にもなってくる……。

A6のデザイン

新型A6を前に誰もが目を奪われるのが、アウディが「シングルフレームグリル」と呼ぶ、何とも大胆な、大型のメッキ縁どりつき逆台形フロントグリル。実はこれには“兆し”があった。このところのアウディ車が好んで使ってきた、フロントバンパーを上下に挟んだカタチのツイングリルがそれだ。つまり、新しいグリルは、その上下をつなげて一体化したものがモチーフ。ぼくは抵抗なく気に入ることができたが、他のジャーナリストやプレスからはネガティブな意見も出ていたから、いままで以上に好みが分かれるデザインであることは間違いない。

一方のリアビューは、そんなフロントに比べると随分とオーソドックス。見方によってはちょっと「弱く」思えるくらいで、これまた好みが分かれそうなポイントだ。そんな新型が、たとえシルエットだけでも「A6だ!」と即座に識別できるのは、相変らずサイドビューが4ドアクーペ調だから。つまり、アーチ型ルーフラインをメインに据えたプロポーションの持ち主だからだ。ちなみに、新型A6のCd値は0.28と優秀。サイズの大型化で前面投影面積が拡大しているはずだが、にもかかわらず、両者をかけ合わせた絶対抵抗値そのものも「減少している」というのが担当デザイナー氏(和田智シニアデザイナー)のジマンのひとつだ。

アウディ車らしく各部で高いクオリティを示し、大人4人にゆとりのスペースを提供してくれる、ニューA6のインテリアデザイン。従来型を凌ぐスポーティさをアピールする。メータークラスターと一体化されたセンターパネル部は、ドライバー側へと軽く捻られたレイアウト。優れた操作性を先行採用の「A8」で確認済みの「MMI」(マルチメディアインターフェイス)用のモニターが、随分と高い位置に置かれている。視線移動をすくなくする配慮が、いかにも最新設計のモデルらしい。

新開発3.2リッターV6エンジン

4.2リッターV8エンジン

V6とV8のドライブフィール

直噴ヘッド採用の新開発3.2リッターV6エンジン(255ps/6500rpm、33.7kgm/3250rpm)と得意の4WD「クワトロ」との組み合わせで乗ってみると、その動力性能は「どのようなシーンでもとりあえずは満足レベル」。6段ATがエンジン出力をきめ細かく引き出してくれるので、フラットトルクな印象を受けるこのエンジン。しかし仔細にチェックしてみると、その実、3000rpmから上で一段と活力を漲らせることに気がついた。

一方、最高出力で80psのゆとりを備えるV8エンジン(335ps/6600rpm、42.8kgm/3500rpm)を搭載したモデルは、さすがに動き全般の余裕が大きく増す。「S4」譲りの心臓は、ちょっとアメリカン(?)。アッパーミドルサルーンらしからぬ大ボリュームで耳に届くV8サウンドが、なかなかスポーティ。ただし、テスト車が履いていたオプション設定の18インチシューズは、50km/h付近までの低速でハーシュがきつく、「ちょっとやり過ぎ……」の感がある。
こちらに比べると、17インチシューズを履いた3.2リッターのクワトロは、ばね下の動きがグンと軽くなってより好印象だ。今回は本格的なワインディングルートを試す機会はなかったが、高速走行時の信頼感を大きくアップさせる「微舵効き」の正確性の高さは褒めてやりたい。

とそんなわけで、やはりトヨタの「クラウン」や「セルシオ」などに代表される、日本のセダンたちとは異なった価値観でのクルマづくりを感じることができるのが、A6というモデル。日本には、2004年の9月を目処に、今回紹介した2タイプのクワトロモデルを中心とした導入が予想される。

(文=河村康彦/写真=アウディジャパン/2004年4月)

関連記事
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • アウディがコンパクトSUV「Q2」を発表 2017.4.26 自動車ニュース アウディが全長4.2mのコンパクトSUV「Q2」を6月中旬に発売すると発表した。エンジンは1リッター直3ターボと1.4リッター直4ターボの2種類で、駆動方式はFFのみ。価格は299万円から405万円となっている。
  • アウディの新型高性能モデル「RS 3セダン」登場 2017.3.28 自動車ニュース アウディ ジャパンは2017年3月28日、コンパクトセダンの高性能モデル「アウディRS 3セダン」を発表した。価格は785万円。同年7月上旬に、販売を開始する。
  • アウディA3スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.3.24 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3」に、スポーティーな足まわりが特徴の新グレード「スポーツ」が登場。新開発の2リッター直噴ターボに7段Sトロニックを組み合わせた、最新モデルの走りをリポートする。
ホームへ戻る