【スペック】全長×全幅×全高=3655×1690×1455mm/ホイールベース=2465mm/車重=1210kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4SOHC16バルブ・スーパーチャージャー・インタークーラー付き(170ps/6000rpm、22.5kgm/4000rpm)/価格=307万6500円(テスト車=309万9600円/ETC=2万3100円)

MINIクーパーS チェックメイト(FF/6AT)【試乗記】

たまに乗ると欲しくなる 2006.02.17 試乗記 MINIクーパーS チェックメイト(FF/6AT)……309万9600円毎年恒例のJAIA(日本自動車輸入組合)が主催する輸入車試乗会で、MINIの新顔に試乗する機会を得た。そのスポーツ指向の「チェックメイト」に試乗した。

新しいラインナップ

基本的に1ブランド1ラインのMINIにとって大切なのはバリエーション展開。これなしには大きな成長は期待できないから、デビュー後、さまざまなモデルが追加されてきた。「チェックメイト」もその一つ。この試乗会で乗るまではどんなモデルか知らなかったが、試乗翌日の朝刊に出ていた広告とチラシではっきりした。ポップで若者向けの「セブン」、シック/エレガント路線で大人を狙った「パークレーン」とともに追加されたテスト車「チェックメイト」は、名前が象徴するようにスポーティ・モデル、キャッチフレーズは「クール、スポーティ、エナジー」である。

それぞれいろいろな仕様があるけれど、長くなるから省略して、今回乗ったのはクーパーS仕様のチェックメイトでAT版。従って170psエンジンとCVTならぬ通常の6ATに205/45の17インチサイズのピレリ製ランフラットを履く。スペースブルーと称される深みのあるブルーとシルバーの組み合わせがテーマ(別の色も選べるが)で、外観だけでなくダッシュやシートもこの色でコーディネートされる。

相当に目立つドア前部のチェッカーフラッグ模様がちょっと恥ずかしいと思いながらドアを開くと、スカッフプレートにもあるチェッカー模様はともかくとして、シート、ダッシュ、ステアリングなど同じブルーとシルバーで演出されたルームは何となく未来的でそれなりにいい。スペースブルーの名前どおり、宇宙船のイメージがある(乗ったことはないけれど)。

理想はパーソナライズできるMINI

機構的に変わらないのだから当然だが、走ると紛れもないクーパーSだった。やや固められたあしまわりと17インチのランフラットが与える乗り心地は、特に低速では快適ではないけれど、反対にステアリングに対するレスポンスは気持ちがいい。敏捷に動くし、トルクステアも充分に許容範囲にある。際だって高回転を好むエンジンではなくても、CVTならぬ本格的な6ATの応答はいいから、トルクの一番いいところを拾いながら走るとかなり速い。

MINIというのはとても不思議なクルマで、たまに乗るとそのたびにちょっと欲しいなと感じるが、この日も2台クルマが持てるなら、片割れはMINIかなと思った。でも個人的には同じ時に発表されたシックなパークレーンの色使いがいいな、と考えているうちにだいぶ前に乗ったジョン・クーパー・ワークスチューンのバカッ速さも良かったなと思いだした。実はこれも210psに強化されて、正式にラインナップに加わるという。

だから本当なら、MINIというのはあくまでも素材としてあって、エンジンや変速機だけでなく、ボディ内外装や足まわりなど、さまざまなエレメントを注文で組み合わせ、パーソナライズできれば理想的だと思う。

(文=大川悠/写真=高橋信宏/2006年2月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINI 3ドアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • モダンで華やかな特別仕様車「MINIセブン」発売 2016.8.26 自動車ニュース BMWジャパンは2016年8月26日、「MINI 3ドア」「MINI 5ドア」の特別仕様車「MINI Seven(セブン)」を発表。同日、販売を開始した。
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.15 試乗記 2016年春に導入されたMINIの最新ディーゼル商品群の中から、今回は5ドアの1.5リッターモデル「MINIクーパーD 5ドア」をチョイス。3気筒ユニットの出来栄えや、独特のドライブフィールを持つMINIというクルマとのマッチングを確かめた。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.2.8 試乗記 黒を基調としたドレスアップが施された「ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ」に試乗。今風の黒いモードに身を包んだだけのスペシャルかと思えばさにあらず、エンジンとシャシーが磨き込まれ、ドライバーズカーとして一段と高まっていた。
  • 第26回 ディーゼルに快音はあるのか!? 2017.1.24 エッセイ 清水草一の話題の連載。第26回は「ディーゼルに快音はあるのか!?」。特有のカラカラ音を抑えることに各社力を入れているが、ステキなサウンドを奏でるディーゼルモデルもあるはず。筆者がシビれた快音ディーゼルとは?
ホームへ戻る