【JAIA試乗会2006】「9-5」のビッグマイナーチェンジがあります!(サーブ)

2006.02.17 自動車ニュース

【JAIA試乗会2006】「9-5」のビッグマイナーチェンジがあります!(サーブ)

2006年1月31日から3日間、神奈川県は大磯で、JAIA(日本自動車輸入組合)が主催する恒例の輸入車試乗会が開催された。
『webCG』では各インポーターの広報部にアンケートを実施、今年の見通しなどを聞いた。


【写真上】「サーブ9-3スポーツエステート・エアロ」
【写真下】「サーブ9-3スポーツエステート・アーク」

−−2005年はどうでしたか?

サーブブランドは、残念ながら販売台数は前年を下回りました。しかし後半に新型「9-3スポーツエステート」を導入し、2006年につなげることができたと思います。
「9-3スポーツエステート・エアロ」は、新たに250psのV6エンジンが搭載され、よりスポーティなドライブが楽しめるモデルで、一番のオススメです。


「サーブ9-5」

−−2006年の計画は?

ビッグマイナーチェンジされた「9-5」を春頃に導入予定です。さらに、主力モデルである「9-3スポーツエステート」の販売に注力していきます。

しかしそれ以上に、ブランドの浸透に力を入れていきたいと思います。飛行機メーカーを起源とし、スポーティで革新的なクルマを作り続けてきたサーブというブランドを多くの人々に知っていただけるよう努力していくつもりです。
サーブは、知れば知るほど好きになる、そんなメーカーです。細部にまでこだわり、伝統をきちんと継承したクルマ作りをしています。スカンジナビアのシンプルでクリーンなデザイン、人間の感性に忠実なドライバビリティ、伝統のターボエンジン、それらすべてがサーブの味なのです。是非、味わい深いサーブをご体感ください。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。