プジョーは新型「207」披露、スポーツバージョンも【ジュネーブショー06】

2006.02.16 自動車ニュース

【ジュネーブショー06】プジョーは新型「207」披露、スポーツバージョンも

2006年2月28日のプレスデイで幕を開けるジュネーブモーターショーで、プジョーは新型ハッチバック「207」を披露。あわせてスポーツバージョン「207RCup」などをブースに飾る。

世界的なヒット作、206としばらくは併売されるという「プジョー207」は、トヨタとプジョー・シトロエン・グループの合作「107」、両側電動スライドドアを持つ「1007」とともに、プジョーのスモールカーグループを構成するハッチモデルだ。

206の面影を残しながら「307」からの“猫科系”エッセンスを加えたエクステリア。3ドアあるいは5ドアのバリエーションが用意される。
全長は206より約20cmも長くなり4メートルを超え、幅も1.72メートルとずいぶんと大柄になった。
エンジンはガソリン、ディーゼルともに3種類でスタート。のちにBMWと提携し開発されたガソリン直噴ユニットが加わるという。

ジュネーブには、イメージリーダーとして「207RCup」を持ち込む。280psを発生する2リッターガソリンエンジンと6段シーケンシャルトランスミッションを搭載したスポーツモデルである。

さらに、1.6リッター「HDi」ディーゼルと電気モーターを組み合わせたハイブリッドカー「307CCハイブリッドHDiディーゼル」も出展されるという。

(webCG 有吉)

プジョーは新型「207」披露、スポーツバージョンも【ジュネーブショー06】の画像

「プジョー207RCup」

「プジョー207RCup」

「プジョー307CCハイブリッドHDiディーゼル」

「プジョー307CCハイブリッドHDiディーゼル」
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
  • レクサスLC500“Sパッケージ”(FR/10AT)【試乗記】 2017.6.19 試乗記 「レクサスの変革を象徴するモデル」として開発された、新型ラグジュアリークーペ「LC500」に試乗。意欲的なデザインや新たなメカニズムは、ドライバーの心をどう満たすのか。さまざまな道で吟味した。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.30 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジを受けて登場! もともとの基本性能の高さに加えて、最新の安全装備やデジタルインターフェイスも手にした“Cセグメントの盟主”に、もはや死角は残されていないのか? 中間グレード「TSIハイライン」でテストした。
ホームへ戻る