プジョーは新型「207」披露、スポーツバージョンも【ジュネーブショー06】

2006.02.16 自動車ニュース

【ジュネーブショー06】プジョーは新型「207」披露、スポーツバージョンも

2006年2月28日のプレスデイで幕を開けるジュネーブモーターショーで、プジョーは新型ハッチバック「207」を披露。あわせてスポーツバージョン「207RCup」などをブースに飾る。

世界的なヒット作、206としばらくは併売されるという「プジョー207」は、トヨタとプジョー・シトロエン・グループの合作「107」、両側電動スライドドアを持つ「1007」とともに、プジョーのスモールカーグループを構成するハッチモデルだ。

206の面影を残しながら「307」からの“猫科系”エッセンスを加えたエクステリア。3ドアあるいは5ドアのバリエーションが用意される。
全長は206より約20cmも長くなり4メートルを超え、幅も1.72メートルとずいぶんと大柄になった。
エンジンはガソリン、ディーゼルともに3種類でスタート。のちにBMWと提携し開発されたガソリン直噴ユニットが加わるという。

ジュネーブには、イメージリーダーとして「207RCup」を持ち込む。280psを発生する2リッターガソリンエンジンと6段シーケンシャルトランスミッションを搭載したスポーツモデルである。

さらに、1.6リッター「HDi」ディーゼルと電気モーターを組み合わせたハイブリッドカー「307CCハイブリッドHDiディーゼル」も出展されるという。

(webCG 有吉)

プジョーは新型「207」披露、スポーツバージョンも【ジュネーブショー06】の画像

「プジョー207RCup」

「プジョー207RCup」

「プジョー307CCハイブリッドHDiディーゼル」

「プジョー307CCハイブリッドHDiディーゼル」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

207の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • 第27回 どれもこれも似たり寄ったり!? 2017.1.31 エッセイ 清水草一の話題の連載。第27回は「どれもこれも似たり寄ったり!?」。果たして4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? BMW、ボルボ、マツダ……、さまざまなブランドのディーゼルユニットを比較した筆者が導きだした結論とは?
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
  • 第26回 ディーゼルに快音はあるのか!? 2017.1.24 エッセイ 清水草一の話題の連載。第26回は「ディーゼルに快音はあるのか!?」。特有のカラカラ音を抑えることに各社力を入れているが、ステキなサウンドを奏でるディーゼルモデルもあるはず。筆者がシビれた快音ディーゼルとは?
ホームへ戻る