水素でもガソリンでも走る「水素ロータリーエンジン車」、マツダが限定リース販売

2006.02.16 自動車ニュース

水素でもガソリンでも走る「水素ロータリーエンジン車」、マツダが限定リース販売

マツダは、2006年2月10日、水素でもガソリンでも走行できる「デュアルフューエルシステム」を採用した水素ロータリーエンジン車「マツダRX-8ハイドロジェンRE」の国土交通大臣認定を取得。これを受けて同車の限定リース販売をスタートさせた。

世界で唯一のロータリーエンジン搭載車を生産するマツダは、そのロータリーユニットをベースに水素で走ることのできる水素ロータリーエンジン車を開発してきた。
2003年の東京モーターショーで「RX-8」ベースの開発車を披露し、2004年10月には同開発車両の国土交通大臣認定を取得。公道走行試験を重ね、今回、限定リースというかたちながら販売にこぎつけた。

「マツダRX-8ハイドロジェンRE」は、水素を燃料とすることもできるが、水素ステーションなどインフラが整備されていない地域でも走行可能なよう、スイッチでガソリンエンジン車にもなる。既存の部品や生産設備を使えるため、低コストで実用化できるのがポイントだ。

水素走行時の二酸化炭素(CO2)排出量はゼロ、窒素酸化物(NOx)もほとんど発生しない環境性能と、内燃機関特有のドライビングフィールを両立していると謳われる同車。現在国内でリースされている燃料電池車のほぼ半額という月々42万円(税込み)で、まずはエネルギー関連の民間企業2社にリースされ、今後は地方自治体やエネルギー関連企業などに合計10台程度販売される予定という。

(webCG 有吉)

水素でもガソリンでも走る「水素ロータリーエンジン車」、マツダが限定リース販売の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダRX-8 Type RS(FR/6MT)/Type S(FR/6MT)【試乗速報】 2008.3.28 試乗記 マツダRX-8 Type RS(FR/6MT)/Type S(FR/6MT)
    ……354万4800円/327万750円

    デビューから5年、初のマイナーチェンジをしたマツダの4シータースポーツカー「RX-8」。スタイリングからエンジンに至るまで大幅に手が加えられた新型はどんな走りをみせるのか。
  • マツダRX-8 SPIRIT R(FR/6MT)【試乗記】 2012.5.1 試乗記 マツダRX-8 SPIRIT R(FR/6MT)
    ……325万円

    2012年6月に生産中止される「RX-8」。最後の特別仕様車「SPIRIT R(スピリットアール)」に乗り、RX-8の、そしてロータリーエンジンの来し方に思いをめぐらせた。
  • マツダRX-8 タイプS(FR/6MT)【試乗記】 2012.1.17 試乗記 マツダRX-8 タイプS(FR/6MT)
    ……327万750円

    「RX-8」の生産を2012年6月で終了すると、マツダが発表したのは昨年秋のこと。ロータリースポーツの到達点を記憶するために、最後の「タイプS」で箱根を目指した。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • マツダ「RX-8 マツダスピードバージョン」を限定発売 2003.12.25 自動車ニュース マツダは、スポーツクーペ「RX-8」に、独自のパーツやチューニングを施してスポーツ性能を高めた「RX-8 マツダスピードバージョン」を設定。2004年2月中旬から、300台限定で発売する。
ホームへ戻る