【F1 2006】スーパー・アグリ、ドライバーは佐藤琢磨と井出有治に決定

2006.02.15 自動車ニュース

【F1 2006】スーパー・アグリ、ドライバーは佐藤琢磨と井出有治に決定

スーパー・アグリ・フォーミュラワンは、2006年2月15日、今シーズンのドライバーラインナップを正式発表した。噂どおり、佐藤琢磨と井出有治がステアリングを握ることが明らかになった。

2005年10月4日、日本GP前にBARホンダが開いた記者会見で突如その計画が公になった“11番目のF1チーム”。約1ヵ月後に元F1ドライバーの鈴木亜久里による新興チームであることが明かされたわけだが、BARホンダ(現ホンダ)から事実上放出されることとなった佐藤琢磨の名前は当初からあがっていた。

チームは英国の元アロウズのファクトリーで、2002年型アロウズを改良し、ホンダV8、ブリヂストンタイヤを装着させたマシン「SA05」を急ピッチで開発。2月14日にシェイクダウンを終えたのだが、そのテストを担当したのが佐藤と井出だった。

佐藤は発表に際し、「このような短期間でチームを立ち上げるにあたっての、スーパー・アグリの皆さんの働きは素晴らしいものでした。チームの皆さんと働くことをとても楽しみにしていますし、とくにモータースポーツで素晴らしい実績を残した亜久里さんと組めることを楽しみにしています」
「昨日はクルーの皆さんとともに無事シェイクダウンを終えることができて大変うれしく思います。今年はハードな1年になると思いますが、どんどん挑戦していきたいと思っていますし、それを楽しみにしています」というコメントを残した。

佐藤のチームメイトとして多くの名前が噂にのぼったが、結局、IT企業モバイルキャストを後ろ楯にする井出有治がシートに収まった。
スーパーGT(旧JGTC)やフォーミュラ・ニッポンでの経験がある井出にとっては初のF1挑戦だ。
「今年1年は、刺激的でチャレンジングな年になると思います。F1に挑戦する機会を与えてくれた鈴木亜久里さんには大変感謝しています。昨日は初めてF1カーを運転し、不安もありましたが、とても興奮しました。本当にすごいパワーなんです!!」
「シェイクダウンに間に合うよう、一生懸命車を整えてくれたクルーの皆さんには本当に感謝しています。昨日は問題なく終えることができたので、来週のバルセロナのテストを楽しみにしています」

チームは、2月21-23日にスペインで、28日に英国シルバーストーンでテストを予定しており、3月12日の開幕戦バーレーンGPまでにマシンの熟成を図る。そしてヨーロッパラウンド(4月23日の第4戦マレーシア)以降にブランニューマシンを実戦投入したい意向だ。

(webCG 有吉)

【関連記事】
【F1 2006】スーパー・アグリ、参戦にGOサイン!
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000017763.html
【F1 2005】スーパー・アグリ、全10チームが再申請にOK
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000017634.html
【F1 2005】スーパー・アグリ、2006年エントリーリストに載らず、再度申請へ
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000017535.html
【F1 2005】FIA、2006年のF1エントリーリスト公表、数々の新しい名前が
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000017536.html
【F1 2005】亜久里、F1に再挑戦、「スーパー・アグリ・フォーミュラワン」で参戦表明
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000017420.html
【F1 2005】F1に新興チーム?ドライバーはタクマ?エンジンはホンダ?
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000017230.html

【F1 2006】スーパー・アグリ、ドライバーは佐藤琢磨と井出有治に決定の画像

佐藤琢磨

佐藤琢磨

井出有治(写真=KLM Photographics J)

井出有治(写真=KLM Photographics J)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。