新型「ポルシェ911ターボ」ワールドプレミア【ジュネーブショー06】

2006.02.14 自動車ニュース
 
【ジュネーブショー2006】新型「ポルシェ911ターボ」ワールドプレミア

【ジュネーブショー06】新型「ポルシェ911ターボ」ワールドプレミア

2006年2月28日のプレスデイで幕を開けるジュネーブモーターショーで、ポルシェAGは、新しい「ポルシェ911ターボ」を世界初公開する。

 

■60psパワーアップ、最高速310km/h

ポルシェ911のトップモデルたる「911ターボ」も今回(997型)で6代目。そのポジションを守らんとさらなるハイパフォーマンス化を推し進めたであろうことは容易に想像できる。

まずは強心臓3.6リッター水平対向エンジンは、先代996型から60psもパワーアップ、トルクは6.1kgmも太くなり、480ps/6000rpm、63.2kgm/1950-5000rpmを発生。最大トルクの発生回転域が広くなったのもポイントだ(先代は2700-4600rpm)。



 
【ジュネーブショー2006】新型「ポルシェ911ターボ」ワールドプレミア

ターボユニットでは「可変タービンジオメトリー」を採用。排ガスの流れを可動式ガイドベーンで整えタービンホイールに確実に流すこの仕組みが寄与し、とくに低回転域でのフレキシビリティ、加速性能の向上が図られた。

6段マニュアルトランスミッションを操れば、0-100km/hを3.9秒で駆け抜け、静止状態から12.8秒で200km/hに到達することができるという。より高性能を味わいたければ、「ティプトロニックS」仕様で、0-100km/h加速3.7秒、0-200km/h加速12.2秒に挑める。最高速は、いずれのトランスミッションでも310km/hに達するという。

さらに韋駄天の速さを手に入れたければ、新設定のオプション「スポーツクロノパッケージ・ターボ」を選ぶこともできる。いわゆるオーバーブースト機能で、ギアシフトレバー(ティプトロニックSの場合はセレクターレバー)隣の「スポーツボタン」を押すと、フルスロットル時、ミドレンジのブースト圧が最大10秒間0.2バール上昇して6.1kgmトルクがアップ。MT仕様では中間加速80-120km/h加速が0.3秒短縮され3.5秒となる。



 
【ジュネーブショー2006】新型「ポルシェ911ターボ」ワールドプレミア

■ストッピングパワーも増強

駆動方式はもちろん4WD。電子制御多板クラッチを使用した新設計のシステムで、「ポルシェ・トラクション・マネージメントシステム(PTM)」とあわせ、前後アクスルに対してトルク配分の確実な制御ができ、さまざまな路面状況で常に最適なトルク配分を行うことができると謳われる。

エンジンのハイパワー化にともないストッピングパワーも増強。モノブロック構造の対向式ブレーキキャリパーを採用したディスクブレーキは、フロントアクスルに6ピストンタイプのキャリパーを、リアアクスルには4ピストンタイプのものを装着する。前後のドリルホール付きベンチレーテッドブレーキディスクは、先代比で直径が20mm拡大され350mmとなった。



 
【ジュネーブショー2006】新型「ポルシェ911ターボ」ワールドプレミア

オプションで、セラミックブレーキシステム「ポルシェ・セラミックコンポジット・ブレーキ(PCCB)」も用意される。標準のものに比べ17kg軽量化されるのに加え、摩擦係数が安定していることによる優れた耐フェード性、さらには卓越した耐腐食性が実現されるとポルシェは胸を張る。ブレーキディスク径は前380mm、後350mmとなる。

ニュー911ターボは、2006年6月24日にドイツで販売が開始される予定という。

なおジュネーブでは、新しい「911 GT3」も公開を控えているとか。ポルシェブースが賑やかになりそうだ。

(webCG 有吉)

 


ポルシェジャパン:
http://www.porsche.co.jp/

関連記事
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • 第501回:あなたの愛車も文化遺産に!?
    ドイツでヒストリックカーに“モテ期”到来!
    2017.5.12 マッキナ あらモーダ! 「ポルシェ911カレラ2.7RS」が1億円!? ヒストリックカーの価格が高騰するドイツでは、良質な旧車を文化遺産として保護するためのシステムも存在する。今週は、そんな“Hナンバー”に関する話題をお届けしよう。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • ニュルブルクリンクを走る新型「ホンダ・シビック タイプR」を写真で紹介 2017.4.24 画像・写真 ホンダが、ドイツ・ニュルブルクリンクの北コースで、新型「シビック タイプR」の走行テストを実施。FFモデルで最速となる7分43秒80のラップタイムを記録したと発表した。同コースを走るシビック タイプRの姿を写真で紹介する。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • 今夏発売の「ホンダ・シビック タイプR」、ニュルでFF最速記録を更新 2017.4.24 自動車ニュース ホンダがニュルブルクリンク北コースで新型「シビック タイプR」の走行テストを実施。FFモデルで最速となる7分43秒80のラップタイムを記録したと発表した。新型シビック タイプRは2017年夏に発売される予定となっている。
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
ホームへ戻る