新型「ポルシェ911ターボ」ワールドプレミア【ジュネーブショー06】

2006.02.14 自動車ニュース
 
【ジュネーブショー2006】新型「ポルシェ911ターボ」ワールドプレミア

【ジュネーブショー06】新型「ポルシェ911ターボ」ワールドプレミア

2006年2月28日のプレスデイで幕を開けるジュネーブモーターショーで、ポルシェAGは、新しい「ポルシェ911ターボ」を世界初公開する。

 

■60psパワーアップ、最高速310km/h

ポルシェ911のトップモデルたる「911ターボ」も今回(997型)で6代目。そのポジションを守らんとさらなるハイパフォーマンス化を推し進めたであろうことは容易に想像できる。

まずは強心臓3.6リッター水平対向エンジンは、先代996型から60psもパワーアップ、トルクは6.1kgmも太くなり、480ps/6000rpm、63.2kgm/1950-5000rpmを発生。最大トルクの発生回転域が広くなったのもポイントだ(先代は2700-4600rpm)。



 
【ジュネーブショー2006】新型「ポルシェ911ターボ」ワールドプレミア

ターボユニットでは「可変タービンジオメトリー」を採用。排ガスの流れを可動式ガイドベーンで整えタービンホイールに確実に流すこの仕組みが寄与し、とくに低回転域でのフレキシビリティ、加速性能の向上が図られた。

6段マニュアルトランスミッションを操れば、0-100km/hを3.9秒で駆け抜け、静止状態から12.8秒で200km/hに到達することができるという。より高性能を味わいたければ、「ティプトロニックS」仕様で、0-100km/h加速3.7秒、0-200km/h加速12.2秒に挑める。最高速は、いずれのトランスミッションでも310km/hに達するという。

さらに韋駄天の速さを手に入れたければ、新設定のオプション「スポーツクロノパッケージ・ターボ」を選ぶこともできる。いわゆるオーバーブースト機能で、ギアシフトレバー(ティプトロニックSの場合はセレクターレバー)隣の「スポーツボタン」を押すと、フルスロットル時、ミドレンジのブースト圧が最大10秒間0.2バール上昇して6.1kgmトルクがアップ。MT仕様では中間加速80-120km/h加速が0.3秒短縮され3.5秒となる。



 
【ジュネーブショー2006】新型「ポルシェ911ターボ」ワールドプレミア

■ストッピングパワーも増強

駆動方式はもちろん4WD。電子制御多板クラッチを使用した新設計のシステムで、「ポルシェ・トラクション・マネージメントシステム(PTM)」とあわせ、前後アクスルに対してトルク配分の確実な制御ができ、さまざまな路面状況で常に最適なトルク配分を行うことができると謳われる。

エンジンのハイパワー化にともないストッピングパワーも増強。モノブロック構造の対向式ブレーキキャリパーを採用したディスクブレーキは、フロントアクスルに6ピストンタイプのキャリパーを、リアアクスルには4ピストンタイプのものを装着する。前後のドリルホール付きベンチレーテッドブレーキディスクは、先代比で直径が20mm拡大され350mmとなった。



 
【ジュネーブショー2006】新型「ポルシェ911ターボ」ワールドプレミア

オプションで、セラミックブレーキシステム「ポルシェ・セラミックコンポジット・ブレーキ(PCCB)」も用意される。標準のものに比べ17kg軽量化されるのに加え、摩擦係数が安定していることによる優れた耐フェード性、さらには卓越した耐腐食性が実現されるとポルシェは胸を張る。ブレーキディスク径は前380mm、後350mmとなる。

ニュー911ターボは、2006年6月24日にドイツで販売が開始される予定という。

なおジュネーブでは、新しい「911 GT3」も公開を控えているとか。ポルシェブースが賑やかになりそうだ。

(webCG 有吉)

 


ポルシェジャパン:
http://www.porsche.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • 【デトロイトショー2017】トヨタ、新型「カムリ」を世界初公開 2017.1.11 自動車ニュース トヨタが、デトロイトショーで北米市場の最量販モデル「カムリ」の新型を世界初公開。8代目となる新型には「プリウス」などに続いて「TNGA」世代の新プラットフォームを採用。日本市場については2017年夏ごろの導入を予定している。
ホームへ戻る