三菱のタイ産ピックアップ「TRITON」、世界140カ国へ

2006.02.14 自動車ニュース

三菱のタイ産ピックアップ「TRITON」、世界140カ国へ

三菱自動車は、タイにある現地法人ミツビシ・モーターズ・タイランドが生産する新型ピックアップトラック「TRITON(トライトン)」が、2006年後半から本格的に輸出されることを、2006年2月13日に発表した。

2005年12月に先行スタートした欧州向け輸出につづき、オーストラリア、中近東、中南米、アジア・アセアン諸国や日本など世界約140カ国で展開されることとなった。

三菱の世界戦略車として開発された同車は、2005年8月にタイでデビュー。乗用車並みの快適な乗り心地と、直接燃料噴射式コモンレールシステムを採用した新開発ディーゼルエンジンによる力強い走り、斬新な内外装デザインなどをセリングポイントとし、タイでは累計販売台数1万6300台(2005年8月-2006年1月)を数えたという。
また2005年(1-12月)のタイ・ピックアップ市場におけるシェアは8.5%となり、前年比0.6ポイント上昇したという。

(webCG 有吉)

「Mitsubishi TRITON」:
http://www.mitsubishi-triton.com/

三菱のタイ産ピックアップ「TRITON」、世界140カ国への画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱トライトン(4WD/4AT)【ブリーフテスト】 2007.5.8 試乗記 ……302万8830円
    総合評価……★★★★

    日本国内向けに販売される唯一のピックアップトラック「三菱トライトン」。その実力はいかに? 笹目二朗が試乗した。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
  • 第425回:「壊れない日本車」はこうして生まれる
    「日産NV350キャラバン」の開発現場を取材
    2017.7.13 エディターから一言 ビジネスユースはもちろん、レジャーや趣味のお供としても高い支持を集める日産のワンボックスカー「NV350キャラバン」。同車の開発を担う日産車体への取材を通し、世界中で支持される「壊れない日本車」の秘密を知った。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
ホームへ戻る