三菱のタイ産ピックアップ「TRITON」、世界140カ国へ

2006.02.14 自動車ニュース

三菱のタイ産ピックアップ「TRITON」、世界140カ国へ

三菱自動車は、タイにある現地法人ミツビシ・モーターズ・タイランドが生産する新型ピックアップトラック「TRITON(トライトン)」が、2006年後半から本格的に輸出されることを、2006年2月13日に発表した。

2005年12月に先行スタートした欧州向け輸出につづき、オーストラリア、中近東、中南米、アジア・アセアン諸国や日本など世界約140カ国で展開されることとなった。

三菱の世界戦略車として開発された同車は、2005年8月にタイでデビュー。乗用車並みの快適な乗り心地と、直接燃料噴射式コモンレールシステムを採用した新開発ディーゼルエンジンによる力強い走り、斬新な内外装デザインなどをセリングポイントとし、タイでは累計販売台数1万6300台(2005年8月-2006年1月)を数えたという。
また2005年(1-12月)のタイ・ピックアップ市場におけるシェアは8.5%となり、前年比0.6ポイント上昇したという。

(webCG 有吉)

「Mitsubishi TRITON」:
http://www.mitsubishi-triton.com/

三菱のタイ産ピックアップ「TRITON」、世界140カ国への画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る