三菱のタイ産ピックアップ「TRITON」、世界140カ国へ

2006.02.14 自動車ニュース

三菱のタイ産ピックアップ「TRITON」、世界140カ国へ

三菱自動車は、タイにある現地法人ミツビシ・モーターズ・タイランドが生産する新型ピックアップトラック「TRITON(トライトン)」が、2006年後半から本格的に輸出されることを、2006年2月13日に発表した。

2005年12月に先行スタートした欧州向け輸出につづき、オーストラリア、中近東、中南米、アジア・アセアン諸国や日本など世界約140カ国で展開されることとなった。

三菱の世界戦略車として開発された同車は、2005年8月にタイでデビュー。乗用車並みの快適な乗り心地と、直接燃料噴射式コモンレールシステムを採用した新開発ディーゼルエンジンによる力強い走り、斬新な内外装デザインなどをセリングポイントとし、タイでは累計販売台数1万6300台(2005年8月-2006年1月)を数えたという。
また2005年(1-12月)のタイ・ピックアップ市場におけるシェアは8.5%となり、前年比0.6ポイント上昇したという。

(webCG 有吉)

「Mitsubishi TRITON」:
http://www.mitsubishi-triton.com/

三菱のタイ産ピックアップ「TRITON」、世界140カ国への画像

関連キーワード:
トライトン三菱自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱トライトン(4WD/4AT)【ブリーフテスト】 2007.5.8 試乗記 ……302万8830円
    総合評価……★★★★

    日本国内向けに販売される唯一のピックアップトラック「三菱トライトン」。その実力はいかに? 笹目二朗が試乗した。
  • 三菱から新型ピックアップトラックがデビュー 2014.11.20 自動車ニュース 三菱が、ピックアップトラック「トライトン」の新型をタイで発売した。
  • BMW i3ロッジ(RR)【試乗記】 2018.5.4 試乗記 モーターを搭載する電動車が増えつつある自動車業界で、2013年のデビュー以来、独自の存在感を放っている「BMW i3」。デザインが手直しされた最新のピュアEVに乗ってみると、ほかのエコカーでは得がたい個性が伝わってきた。
  • ロールス・ロイス・ファントム エクステンデッドホイールベース(FR/8AT)【試乗記】 2018.4.30 試乗記 押しも押されもしない英国の名門、ロールス・ロイス。そのラインナップの頂点に君臨するのが、1925年からの伝統を受け継ぐハイエンドモデル「ファントム」である。8代目となる最新型の試乗を通し、このクルマだけが持ち合わせる無二の世界観に触れた。
  • 第88回:「正しいけど欲しくない」GT-R 2018.5.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第88回は「正しいけど欲しくないGT-R」。日本のカーマニアにとって、「GT-R」のデザインはアリなのか、ナシなのか!? 国産スポーツカーの販売状況をもとに、高価格帯モデルのトレンドを読み解く。 
ホームへ戻る