スバルは7人乗りSUV「B9トライベッカ」欧州仕様など出展【ジュネーブショー06】

2006.02.14 自動車ニュース

【ジュネーブショー06】スバルは7人乗りSUV「B9トライベッカ」欧州仕様など出展

2006年2月28日のプレスデイで幕を開けるジュネーブモーターショーに、富士重工業は、2006年秋に欧州市場へ投入する「スバルB9トライベッカ」などを出展する。

既に北米では2005年から販売している「スバルB9トライベッカ」は、スバル車最大となる7/5人乗りの本格SUV。自慢の3リッター水平対向6気筒エンジン、そして独自のヨンク「シンメトリカルAWD」を搭載したモデルが、海を渡りヨーロッパに上陸する。
欧州仕様車は北米仕様車に比べて牽引能力の向上、電動格納ミラーの採用など、特有の市場要望を取り入れたという。

そのほか、2005年の東京モーターショーでも展示した、水平対向4気筒ターボにモーターを組み合わせた「ターボパラレルハイブリッド(TPH)」搭載「スバルB5-TPH」や、「スバル・インプレッサWRC2006プロトタイプ」などがブースを飾る。

(webCG 有吉)

スバルは7人乗りSUV「B9トライベッカ」欧州仕様など出展【ジュネーブショー06】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。