【JAIA試乗会2006】新型「XK」は夏頃に導入されます(ジャガー)

2006.02.11 自動車ニュース
 

【JAIA試乗会2006】新型「XK」は夏頃に導入されます(ジャガー)

2006年1月31日から3日間、神奈川県は大磯で、JAIA(日本自動車輸入組合)が主催する恒例の輸入車試乗会が開催された。
『webCG』では各インポーターの広報部にアンケートを実施、今年の見通しなどを聞いた。


【写真上】「デイムラー」
【写真下】「ジャガーSタイプ」
 

−−2005年はどうでしたか?

「レクサス」の参入など、プレミアムブランドにフォーカスが当てられた一年でした。
株価の上昇、失業率低下など、日本経済は確実に景気回復へとシフトしているなかで、自動車販売全体では、顕著な伸長を得られませんでした。


「ジャガーXKコンバーチブル」
 

−−2006年の計画は?

まずは1月14日に、コストパフォーマンスを向上させた「Sタイプ3.0エグゼクティブ」「XJ 3.0エグゼクティブ」とサルーンモデルのトップグレードでもある「デイムラー」を発売しました。さらに、今年は新型「XK」(クーペ、コンバーチブル)が導入されます。オールアルミモノコックボディを採用し、歴代ジャガースポーツモデルのデザインエッセンスを現代的にアレンジした美しく洗練されたボディスタイルと、まったく新しい概念によるインテリアデザインなど、今後のジャガーの方向性を示した最新モデルです。導入時期は2006年夏頃を予定しています。

今後も誰もが憧れるプレミアムブランドとして、個性と価値を維持・向上させてまいります。どうぞよろしくお願いします。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーFタイプ(FR/8AT)【試乗記】 2013.8.27 試乗記 ジャガーが半世紀ぶりに市場投入したピュアスポーツカー「Fタイプ」。過去の名車に思いをはせながら、その魅力を味わった。
  • ジャガーFペースS(4WD/8AT)【試乗記】 2016.10.18 試乗記 ジャガーのSUV「Fペース」のフラッグシップモデル「S」に試乗。380psものパワーを秘めたスーパーチャージドエンジンを搭載し、足まわりを22インチタイヤで固めた漆黒のFペースは、われわれに何を訴えかけてくるのだろうか。
  • ジャガーFタイプ R AWD クーペ (4WD/8AT)【試乗記】 2016.2.26 試乗記 最高出力550psを発生する過給機付き5リッターV8エンジンと、フルタイム4WDを組み合わせた「ジャガーFタイプ R AWD クーペ」に試乗。Fタイプシリーズの中でも屈指の高性能モデルの走りと、その端々に宿るジャガーならではの魅力を報告する。
  • ジャガーFタイプ R AWD(4WD/8AT)/Fタイプ S クーペ(FR/6MT)【海外試乗記】 2015.6.10 試乗記 ジャガーの2シータースポーツカー「Fタイプ」に、新たに4WDバージョンとMT仕様車が追加された。パワートレインの違いにより、その走りはどう変わったのか? アメリカ・ニューヨークで試乗した。
  • BMWが新型「5シリーズ ツーリング」を発売 2017.6.22 自動車ニュース BMWが新型「BMW 5シリーズ ツーリング」を発売した。荷室容量は5人乗車時で570リッター、後席をたたんだ状態で1700リッター。優れた空力性能も特徴で、ディーゼルモデルの「523d」では19.4km/リッターという燃費を実現している。
ホームへ戻る