【JAIA試乗会2006】新型「XK」は夏頃に導入されます(ジャガー)

2006.02.11 自動車ニュース
 

【JAIA試乗会2006】新型「XK」は夏頃に導入されます(ジャガー)

2006年1月31日から3日間、神奈川県は大磯で、JAIA(日本自動車輸入組合)が主催する恒例の輸入車試乗会が開催された。
『webCG』では各インポーターの広報部にアンケートを実施、今年の見通しなどを聞いた。


【写真上】「デイムラー」
【写真下】「ジャガーSタイプ」
 

−−2005年はどうでしたか?

「レクサス」の参入など、プレミアムブランドにフォーカスが当てられた一年でした。
株価の上昇、失業率低下など、日本経済は確実に景気回復へとシフトしているなかで、自動車販売全体では、顕著な伸長を得られませんでした。


「ジャガーXKコンバーチブル」
 

−−2006年の計画は?

まずは1月14日に、コストパフォーマンスを向上させた「Sタイプ3.0エグゼクティブ」「XJ 3.0エグゼクティブ」とサルーンモデルのトップグレードでもある「デイムラー」を発売しました。さらに、今年は新型「XK」(クーペ、コンバーチブル)が導入されます。オールアルミモノコックボディを採用し、歴代ジャガースポーツモデルのデザインエッセンスを現代的にアレンジした美しく洗練されたボディスタイルと、まったく新しい概念によるインテリアデザインなど、今後のジャガーの方向性を示した最新モデルです。導入時期は2006年夏頃を予定しています。

今後も誰もが憧れるプレミアムブランドとして、個性と価値を維持・向上させてまいります。どうぞよろしくお願いします。

関連キーワード:
XKコンバーチブルXKクーペSタイプXJジャガーイベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーFタイプ400スポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2018.3.28 試乗記 「Fペース」に「Eペース」、さらには発売が待たれる電気自動車の「Iペース」と、いよいよもって充実してきたジャガーのSUVラインナップ。この潮流の中における、ピュアスポーツカー「Fタイプ」の“立ち位置”とは? 2018年限定グレードに試乗した。
  • 第3回:ただ速いだけじゃない
    「ジャガーFタイプSVR」の真価とは?
    2017.2.28 「ジャガーFタイプ」の魅力を知る 最高出力575ps、最大トルク71.4kgmを発生する、「ジャガーFタイプ」のトップグレード「SVR」。専用の空力パーツとさらに引き締められた足まわりを持つこのモデルは、絶対的な動力性能以外の点でも、大きな存在感を放っていた。
  • メルセデス・ベンツE200カブリオレ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.20 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス カブリオレ」に試乗した。“先代よりも大きく広くなった”とはいえ、セダンと比べると実用性では大きく劣るのがオープントップモデルの宿命。過去に3台のオープンモデルを乗り継いできたリポーターは、どこに価値を見いだした?
  • ジャガー、「Fタイプ」の2018年モデルを発表 2017.9.29 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年9月29日、「ジャガーFタイプ」の2018年モデルを発表した。同年9月30日より受注を開始する。エクステリアデザインの変更や機能装備の強化、ラインナップの拡充などが行われた。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/8AT)【海外試乗記】 2018.4.16 試乗記 スタイルも中身も一新! 攻めのデザインをまとって登場した、新型「アストンマーティン・ヴァンテージ」。アストンきってのリアルスポーツは、どれほどの走りを見せるのか? ポルトガル・アルガルベサーキットで、その実力を解き放った。
ホームへ戻る