【JAIA試乗会2006】新型「XK」は夏頃に導入されます(ジャガー)

2006.02.11 自動車ニュース
 

【JAIA試乗会2006】新型「XK」は夏頃に導入されます(ジャガー)

2006年1月31日から3日間、神奈川県は大磯で、JAIA(日本自動車輸入組合)が主催する恒例の輸入車試乗会が開催された。
『webCG』では各インポーターの広報部にアンケートを実施、今年の見通しなどを聞いた。


【写真上】「デイムラー」
【写真下】「ジャガーSタイプ」
 

−−2005年はどうでしたか?

「レクサス」の参入など、プレミアムブランドにフォーカスが当てられた一年でした。
株価の上昇、失業率低下など、日本経済は確実に景気回復へとシフトしているなかで、自動車販売全体では、顕著な伸長を得られませんでした。


「ジャガーXKコンバーチブル」
 

−−2006年の計画は?

まずは1月14日に、コストパフォーマンスを向上させた「Sタイプ3.0エグゼクティブ」「XJ 3.0エグゼクティブ」とサルーンモデルのトップグレードでもある「デイムラー」を発売しました。さらに、今年は新型「XK」(クーペ、コンバーチブル)が導入されます。オールアルミモノコックボディを採用し、歴代ジャガースポーツモデルのデザインエッセンスを現代的にアレンジした美しく洗練されたボディスタイルと、まったく新しい概念によるインテリアデザインなど、今後のジャガーの方向性を示した最新モデルです。導入時期は2006年夏頃を予定しています。

今後も誰もが憧れるプレミアムブランドとして、個性と価値を維持・向上させてまいります。どうぞよろしくお願いします。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XKコンバーチブルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「ジャガーFタイプ」に最強モデル「SVR」登場 2016.5.23 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンが「ジャガーFタイプ SVR」の注文受け付けを2016年6月に開始すると発表。最高出力575ps、最大トルク71.4kgmを発生する最上級グレードで、クーペとコンバーチブルが用意される。
  • 第30回 実は激動のディーゼルワールド 2017.2.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第30回は「実は激動のディーゼルワールド」。カーマニアとして、欧州ディーゼルのめざましい進化に注目する筆者が、太鼓判を押すモデルとは? 日本で買える300万円未満のモデルをピックアップ。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ(MR/7AT)【海外試乗記】 2017.2.3 試乗記 「ランボルギーニ・アヴェンタドール」がさらなるパワーと洗練を得て「アヴェンタドールS」に進化。同社史上最速とうたわれた「アヴェンタドールSV」の領域に近づいたファイティングブルの実力をスペイン・バレンシアで解き放った。
  • ジャガーFタイプ S クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.1.7 試乗記 ジャガーの2シータースポーツカー「Fタイプ」に、6段マニュアルトランスミッション搭載車が追加された。変速機の違いは、その走りをどのように変えるのだろうか?
ホームへ戻る