プジョー初の4ケタモデル「1007」お披露目会が開かれる

2006.02.11 自動車ニュース

プジョー初の4ケタモデル「1007」お披露目会が開かれる

2006年1月30日に発表された、両側電動スライドドアを持つプジョーのコンパクトワゴン「1007」のお披露目会が、2月10日、東京は新宿区河田町にある小笠原伯爵邸で行われた。




会場の小笠原伯爵邸は、スパニッシュ様式の品格ある洋館で、約1000坪の敷地に330坪の邸宅が建つ。その庭に、5台の「1007」が並べられ、建物の中にはスケッチ画などを見ることができるデザインギャラリーやプジョー車のミニチュアカーを展示するスペースが設けられた。

プレゼンテーションでは、プジョー・ジャポンのティエリー・ポワラ代表取締役社長の挨拶に続いて、ピニンファリーナとともにデザインを手がけたプジョーデザインセンター「オートモビルプジョー」のミシェル・ルジェ氏がデザインについて語った。


プジョー車のミニチュアカーが展示されるギャラリー

ポワラ社長は、今までのプジョーにない、新しいコンセプトにもとづいてつくられた画期的なクルマ「1007」は、クラス初の両側電動スライドドアを採用することで実用性、利便性に優れたクルマとなったこと、このコンパクトワゴンは日本市場での需要が高いと感じているので期待していること、そして今後のネーミングについて、今までにない新しいクルマには、4ケタのコードをつけることが決定していることなどを明らかにした。

(webCG わたなべ)


「プジョー家のリビングルーム」と名付けられた部屋には、プジョーの歴史を紹介するグッズや写真、映像の上映がされていた。

【関連記事】
両側電動スライドドア搭載、小型ワゴン「プジョー1007」発売
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000017772.html

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLC500“Sパッケージ”(FR/10AT)【試乗記】 2017.6.19 試乗記 「レクサスの変革を象徴するモデル」として開発された、新型ラグジュアリークーペ「LC500」に試乗。意欲的なデザインや新たなメカニズムは、ドライバーの心をどう満たすのか。さまざまな道で吟味した。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.30 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジを受けて登場! もともとの基本性能の高さに加えて、最新の安全装備やデジタルインターフェイスも手にした“Cセグメントの盟主”に、もはや死角は残されていないのか? 中間グレード「TSIハイライン」でテストした。
ホームへ戻る