地域密着「お・か・ざ・き」なコルト特別仕様車

2006.02.10 自動車ニュース

地域密着「お・か・ざ・き」なコルト特別仕様車

三菱自動車は、いわゆる「ご当地ナンバー」の「岡崎」認証を記念して、愛知県岡崎市にある同社岡崎工場発の「コルト」に、地域限定特別仕様車「コルト岡崎エディション」を設定、2006年2月9日に発売した。愛知中央三菱自動車販売から100台限定でリリースされる。

「お・か・ざ・き」の文字にちなんで、オートエアコン、カーナビゲーション、サングラスホルダー、キーレスエントリーを付与。さらに岡崎市民がアンケートで選んだ人気のオリジナルステッカー(岡崎名物の打上花火と岡崎城をモチーフにしたデザイン)、ETC車載器を盛り込み、ボディカラーは岡崎市の花「フジ」にちなんだ「フジパープル」(ミディアムパープルメタリック)をテーマカラーとした。

なお地域密着の限定車は、「eK倉敷」(2005年10月発売)に次ぐ第二弾とか。「地域活性化を祈念して、大変お買い求めになりやすい特別記念価格にて販売」(プレスリリース)、価格は136.5万円だ。

(webCG 有吉)

三菱自動車「コルト」:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/colt/

地域密着「お・か・ざ・き」なコルト特別仕様車の画像

オリジナルステッカー

オリジナルステッカー

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 三菱コルト・ラリーアート Version-R(FF/5MT)【試乗記】 2006.10.24 試乗記 三菱コルト・ラリーアート Version-R(FF/5MT)
    ……230万4750円

    三菱のコンパクトカー「コルト」のスポーティグレードである「ラリーアート・バージョンR」MTモデルで、ホットハッチの鍛えられた走りを味わった。


  • 三菱コルトプラス スポーツ-X(CVT)/コルトプラス ラリーアート(CVT)【試乗記】 2004.11.27 試乗記 三菱コルトプラス スポーツ-X(CVT)/コルトプラス ラリーアート(CVT)
    ……185万3250円/191万1000円

    「コルト」の派生車種として当初から計画されていながら、「事件」のために投入時期が遅れてしまったユーティリティワゴンの「コルトプラス」。三菱の再生の行方を占う久々のニューモデルに『NAVI』編集委員鈴木真人が乗った。


  • 三菱コルト 1.3/1.5リッター(CVT/CVT)【試乗記】 2002.11.16 試乗記 三菱コルト 1.3/1.5リッター(CVT/CVT)

    2002年11月11日に発表された三菱のニューコンパクト“まじめまじめまじめ”コルト。スリーダイヤモンド入魂の最新モデルを、webCG記者が北海道は十勝で試乗した。


  • 日産ノートNISMO S(FF/5MT)【試乗記】 2015.1.13 試乗記 日産の5ドアコンパクトカー「ノート」に、「NISMO」の名を持つスポーツモデルが登場。今となっては珍しい、テンロクエンジンを全開にして走る気持ちよさに、現代の国産車がなくしてしまった「走りの楽しさ」を見た。
  • ホンダ、「シビックフェリオ」にスポーティ仕様 1998.9.8 自動車ニュース 本田技研工業は「シビック」および「シビックフェリオ」のマイナーチェンジを行い、9月4日より発売した。低公害車やスポーティモデルの幅が広がった。「シビック」シリーズにおける主な変更内容はガソリンエンジン低公害車「HONDA LEV」の適応グレードを拡大したことだ。「LEV」は1.5リッターHYPER16バルブエンジンをベースに、空燃費制御や排ガス浄化などにより排ガス中の有毒物質を10分の1に低減したものだ。「シビックRi」と「シビックフェリオMi」、「同ML」に搭載された。「シビックフェリオ」シリーズでは、スポーティモデルの「Vi-RS」が新たに設定された。1.5リッターエンジンを搭載しており、これに発進や追い越し時にすばやい加速が得られる「AMSS(アクセラレーションマップセレクトシステム)」を採用した専用「ホンダマルチマチック-S」が組み合わせられる。「シビックフェリオVi-RS」の専用装備は以下のようになる。ディスク径が大きくされたフロントディスクブレーキ、フロントストラットタワーバー、前後アンダースポイラー、トランクスポイラー、専用メッシュタイプフロントグリル、195/55R15タイヤ、革巻ステアリングホイール、スポーツタイプシート。価格は5MTで159.2万円だ(東京)。
ホームへ戻る