地域密着「お・か・ざ・き」なコルト特別仕様車

2006.02.10 自動車ニュース

地域密着「お・か・ざ・き」なコルト特別仕様車

三菱自動車は、いわゆる「ご当地ナンバー」の「岡崎」認証を記念して、愛知県岡崎市にある同社岡崎工場発の「コルト」に、地域限定特別仕様車「コルト岡崎エディション」を設定、2006年2月9日に発売した。愛知中央三菱自動車販売から100台限定でリリースされる。

「お・か・ざ・き」の文字にちなんで、オートエアコン、カーナビゲーション、サングラスホルダー、キーレスエントリーを付与。さらに岡崎市民がアンケートで選んだ人気のオリジナルステッカー(岡崎名物の打上花火と岡崎城をモチーフにしたデザイン)、ETC車載器を盛り込み、ボディカラーは岡崎市の花「フジ」にちなんだ「フジパープル」(ミディアムパープルメタリック)をテーマカラーとした。

なお地域密着の限定車は、「eK倉敷」(2005年10月発売)に次ぐ第二弾とか。「地域活性化を祈念して、大変お買い求めになりやすい特別記念価格にて販売」(プレスリリース)、価格は136.5万円だ。

(webCG 有吉)

三菱自動車「コルト」:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/colt/

地域密着「お・か・ざ・き」なコルト特別仕様車の画像

オリジナルステッカー

オリジナルステッカー
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱コルト・ラリーアート Version-R(FF/5MT)【試乗記】 2006.10.24 試乗記 三菱コルト・ラリーアート Version-R(FF/5MT)
    ……230万4750円

    三菱のコンパクトカー「コルト」のスポーティグレードである「ラリーアート・バージョンR」MTモデルで、ホットハッチの鍛えられた走りを味わった。


  • 三菱コルト カジュアルバージョン(CVT)【ブリーフテスト】 2003.9.10 試乗記 ……140.8万円
    総合評価……★★★

    三菱自動車の再建計画「ターンアラウンド」の第1弾「コルト」。日独まじめなコンパクトに、ラテンなコンパクトカーをマイカーにもつ、自動車ジャーナリストの森口将之が試乗した。


  • 三菱コルトプラス スポーツ-X(CVT)/コルトプラス ラリーアート(CVT)【試乗記】 2004.11.27 試乗記 三菱コルトプラス スポーツ-X(CVT)/コルトプラス ラリーアート(CVT)
    ……185万3250円/191万1000円

    「コルト」の派生車種として当初から計画されていながら、「事件」のために投入時期が遅れてしまったユーティリティワゴンの「コルトプラス」。三菱の再生の行方を占う久々のニューモデルに『NAVI』編集委員鈴木真人が乗った。


  • 2006ワークスチューニンググループ合同試乗会(RALLIART篇)【試乗記】 2006.7.25 試乗記 コルトラリーアート Version-R tuned by RALLIART(FF/5MT)/アウトランダー tuned by RALLIART(4WD/CVT)

    自動車メーカー直系のチューニングメーカー5社による「ワークスチューニングカー合同試乗会」に、『webCG』本諏訪と関が参加した。RALLIARTは、ホットハッチ「コルトラリーアート Version-R」と、SUV「アウトランダー」の2台をチューニングして、会場に持ち込んだ。


  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
ホームへ戻る