【スペック】1.6 3ドア(AT)全長×全幅×全高=3990×1720×1485mm/ホイールベース=2575mm/車重=1180kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(112ps/6000rpm、15.4kgm/4250rpm)

ルノー・ルーテシア1.6【試乗記】

敷居が低く、懐が深い 2006.02.09 試乗記 ルノー・ルーテシア1.6欧州では2006年カー・オブ・ザ・イヤーを獲得した、ルノーのコンパクトカー「ルーテシア」。はたして日本では人気を獲得できる実力があるのか? 発表前のモデルに先行試乗した。


ルノー・ルーテシア1.6【試乗記】の画像
【スペック】
1.6 5ドア(MT)全長×全幅×全高=3990×1720×1485mm/ホイールベース=2575mm/車重=1160kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(112ps/6000rpm、15.4kgm/4250rpm)

【スペック】1.6 5ドア(MT)全長×全幅×全高=3990×1720×1485mm/ホイールベース=2575mm/車重=1160kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(112ps/6000rpm、15.4kgm/4250rpm)

小回りの利く、大きいボディ

新型「ルノー・ルーテシア」の日本上陸は、やや変則的なスケジュールだった。正式発表は2006年3月1日で、価格もそのとき発表される予定。ところがそれに先がけて1月下旬にプレゼンテーションを行い、2月初めにかけてメディア向けの試乗会が行われたのだ。
しかも都内で開催されたプレゼンテーションは、フランスからはるばるやってきたプロダクトマネージャーが行った。「カングー」「メガーヌ」に続いて、ルーテシアを日本における3番目の柱にしたい。そんなルノー・ジャポンの意気込みが伝わってきた。

ルーテシアとしては3代目となる新型、今回輸入されるのはエンジンは1.6リッターのみだが、トランスミッションは4段ATのほかに5段MTも用意される。しかも3ドア、5ドアの両ボディでMTが選べる。一方のATには、「eLe(エル)」という名称の上級グレードが設定される。このなかから、5ドア標準仕様のATとMTに乗ることができた。

ボディはやはり大きくなった。全長は4メートルに限りなく近づき、全幅は日本の5ナンバー枠をわずかではあるがオーバーした。といっても、依然として持てあまさないサイズである。しかも最小回転半径は逆に小さくなっている。プラットフォームを日産と共同開発した成果かもしれない。実際、走り始めてまず印象的だったのは、このクラスの輸入車としては例外的な小回り性能だった。

MTが似合う

サイズアップの恩恵は、室内空間に現れている。旧型は、身長170cmの自分が前後に座ると、リアは頭がルーフに触れ、ひざの前の空間もわずかだった。しかし新型は、さすがクラス最長のホイールベースの持ち主。ひざの前には10cmぐらいのスペースが残り、頭上も余裕がある。横方向を除けばワンサイズ上の「メガーヌ」とあまり変わらない。
シートの座り心地もメガーヌに似ている。サイズはこのクラスとしてはたっぷりしているが、ルノーとしては硬め。ただ、一晩で300kmぐらい走り回ったら、降りる頃には少しだけカラダになじんでいるのがわかった。

クオリティアップがはっきり実感できるキャビンには、フランス生まれらしいセンスがちりばめてある。たとえばドアポケットやセンターコンソールは微妙なカーブを描き、エアコンのルーバー周辺も単純な円形や長方形にしていない。エクステリアも、ボンネットからピラーにかけてのラインや、ルーフエンドのスポイラーなど、細部まで手を抜いていない。こうしたこだわりが、毎日の生活に彩りを添えてくれるはず。

エンジンとトランスミッションは、すでにメガーヌに搭載されているものと同じ。車重はそれより100kgほど軽いから、加速はATでも不満ない。とくに2000〜3000rpmあたりのトルクに余裕があるので、アクセルに余裕を残し、回転をそれほど上げずに走れる。エンジン音やロードノイズも気にならないレベルに抑えられている。

でもこのクルマに似合っているのは、やはりMTだと思った。スッスッと軽いタッチで確実に入るシフトレバーを操り、メカニカルギアボックスならではのダイレクトな感触を得ながら、アクセルペダルを踏んで加減速していると、クルマのほうが喜んでいるようにも思えてくるからだ。







噛めば噛むほど味が出る

低速では軽くスコッと切れるのに、それなりの重さで戻されるステアリングフィールは、ちょっとチグハグに感じる。ところが50〜60km/hぐらいになると操舵力に重みが加わって、釣り合いがとれてくる。低速では硬いと感じた乗り心地も、やはりこの速度域で、しっとりしたストローク感がメインになる。焦点が合うという表現がピッタリだ。そしてここから、ルノーらしい盤石の直進安定性とフラット感が主役の、快感クルージングに突入する。

ハンドリングは、旧型やメガーヌとはひと味違う。ノーズの動きに遅れがなく、キビキビ動く。その後もフロントがふくらむ気配はなく、切ったとおりにコーナーを抜けていく。ステアリングを切る量がいつもより少ないと感じるほど。といっても、プジョーのような鋭さはない。ルノーらしい自然さをキープしたうえで、軽快になった。抜群の接地感を武器に、荒れた路面でも平然と駆け抜けていく、懐の深さもそのままだ。

新型ルーテシアを最初に写真で見たとき、デザインに「プジョー206」の影響を感じた。プレゼンテーションでプロダクトマネージャーに聞いたら、それを否定しなかった。そして試乗してみると、その影響は走りにも現れていたのだ。
でもこれは、わかりやすいクルマになったという意味で、いいことではないか。根幹の部分はルノーそのものなわけだし。噛めば噛むほど味が出る、あの奥の深さはそのままに、少しだけ敷居が低くなった。そんな感じなのだ。

(文=森口将之/写真=河野敦樹/2006年2月)

関連記事
  • アペリティフ365 in東京の会場から 2017.5.19 画像・写真 東京・渋谷区の代官山ヒルサイドテラスで、「アペリティフ365 in東京」が開催された。フランス人が好むとされる、食事の前に飲み物とアミューズ(おつまみ)を楽しむ“アペリティフ”という習慣を、日本でも楽しもうというイベントである。会場の様子を写真でリポートする。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • 「ルノー・キャプチャー」の特別仕様車、2タイプ同時に発売 2017.5.11 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年5月11日、コンパクトクロスオーバー「ルノー・キャプチャー」の特別仕様車「キャプチャー エクスプレッション」「キャプチャー プレミアム」を発表。同日、販売を開始した。
  • 仏プジョー、本国で「308」をマイナーチェンジ 2017.5.8 自動車ニュース フランスのグループPSAは2017年5月5日、「プジョー308」のマイナーチェンジモデルの概要を発表した。フロントまわりのデザインが変更を受けるほか、先進運転支援システムが強化される。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ(RR/6AT)【試乗記】 2016.9.14 試乗記 パリジャン&パリジェンヌはシンプルで合理的なクルマがお好き? ルノーのAセグメントコンパクト「トゥインゴ」が3代目にフルモデルチェンジ。RRの駆動方式がかなえる走りと、このクルマならではの魅力をリポートする。
ホームへ戻る