アレッシィとの合作、“オシャレなパンダ”フィアットから

2006.02.09 自動車ニュース

アレッシィとの合作、“オシャレなパンダ”フィアットから

フィアット・オート・ジャパンは、フィアットのコンパクトカー「ニュー・パンダ」に、イタリアの工業デザイン会社アレッシィとのコラボレーションモデル「ニュー・パンダ・アレッシィ」を設定、2006年3月11日に発売する。

パンダの最上級グレード「マキシ」(1.2リッター+ATモード付き5段シーケンシャルの5ドア、右ハンドル仕様)をベースに、ラジエーターグリルやドアパネルのサイドプロテクター、フェンダーアーチトリムのデザインを変更、新色で彩った。加えて、バンパーやホイールキャップ、ルーフアンテナを新設計のものとするなどした。

車内は、専用のトリムやシートで飾り、新たにオートエアコン、ウィンドエアバッグ、センターコンソール部CDケース、収納スペースなども盛り込んだ。

価格は193.0万円、ベース車より約13万円高い。

(webCG 有吉)

フィアット・オート・ジャパン:
http://www.fiat-auto.co.jp/

アレッシィとの合作、“オシャレなパンダ”フィアットからの画像



アレッシィとの合作、“オシャレなパンダ”フィアットからの画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット・パンダ Easy(FF/5AT)【試乗記】 2013.7.1 試乗記 3世代目に進化した、フィアットのコンパクトカー「パンダ」。新たなデザイン、そして新たなメカニズムは、ドライバーにどんな喜びをもたらすのか?
  • 100台限定、5段MTの「フィアット500」が登場 2017.6.28 自動車ニュース FCAジャパンが「フィアット500」に特別仕様車「500S Plus」を設定。2気筒の「ツインエア」エンジンに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた限定モデルで、100台が限定販売される。価格は236万5200円。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • ガソリンエンジン搭載の「マツダCX-3」発売 2017.6.28 自動車ニュース マツダは2017年6月28日、クロスオーバーモデル「CX-3」の一部仕様を変更するとともにガソリンエンジン搭載車を追加設定すると発表した。ディーゼル車は6月29日に販売開始。ガソリン車は6月29日から予約を受け付け、7月27日に発売する。
ホームへ戻る