アレッシィとの合作、“オシャレなパンダ”フィアットから

2006.02.09 自動車ニュース

アレッシィとの合作、“オシャレなパンダ”フィアットから

フィアット・オート・ジャパンは、フィアットのコンパクトカー「ニュー・パンダ」に、イタリアの工業デザイン会社アレッシィとのコラボレーションモデル「ニュー・パンダ・アレッシィ」を設定、2006年3月11日に発売する。

パンダの最上級グレード「マキシ」(1.2リッター+ATモード付き5段シーケンシャルの5ドア、右ハンドル仕様)をベースに、ラジエーターグリルやドアパネルのサイドプロテクター、フェンダーアーチトリムのデザインを変更、新色で彩った。加えて、バンパーやホイールキャップ、ルーフアンテナを新設計のものとするなどした。

車内は、専用のトリムやシートで飾り、新たにオートエアコン、ウィンドエアバッグ、センターコンソール部CDケース、収納スペースなども盛り込んだ。

価格は193.0万円、ベース車より約13万円高い。

(webCG 有吉)

フィアット・オート・ジャパン:
http://www.fiat-auto.co.jp/

アレッシィとの合作、“オシャレなパンダ”フィアットからの画像



アレッシィとの合作、“オシャレなパンダ”フィアットからの画像

関連キーワード:
パンダフィアット自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • 「ルノー・トゥインゴGT」の通常販売がスタート 2018.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2018年2月1日、「トゥインゴ」の上級グレード「GT」をラインナップに追加し、同年2月22日に発売すると発表した。トゥインゴGTは、ルノーのモータースポーツ部門であるルノー・スポールが手がけたスポーティーグレードである。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.1.24 試乗記 いよいよ日本にも導入されたファン待望のスポーツセダン「アルファ・ロメオ・ジュリア」。そのラインナップのなかから、今回は280psを発生する「ヴェローチェ」の4WDに試乗。その走りの特徴を、アルファの4WDの歴史とともに紹介する。
ホームへ戻る