「スーパーカブ」シリーズ、世界生産累計5000万台を達成!

2006.02.09 自動車ニュース
 

「スーパーカブ」シリーズ、世界生産累計5000万台を達成!

本田技研工業は、世界中のひとびとのアシとして使われている二輪車「スーパーカブ」シリーズの世界生産累計が、2005年12月末で5000万台を達成したと発表した。


初代のスーパーカブC100日本仕様(上)と、5000万台目のスーパーカブ50ストリート仕様。ソバ屋の出前からちょっとこじゃれた街乗りまでをこなす万能の乗り物。ガソリン1リッターで130km以上も走るという超低燃費バイクでもある。
 

初代「スーパーカブ」は、2ストエンジン主流の時代に50ccの4ストエンジンを搭載して1958年に誕生。以来、改良はされつつも基本コンセプトをずっと守りつづけ、いまでは世界13カ国で生産され、160カ国以上で愛用される実用バイクとして、5000万台を迎えた。ホンダが調べたところによると、エンジン付き乗り物としての世界生産累計台数が5000万台を達成したのは初めてという。

(webCG 有吉)

本田技研工業「バイク」:
http://www.honda.co.jp/motor/

関連キーワード:
スーパーカブホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・スーパーカブ110(MR/4MT)【レビュー】 2018.3.10 試乗記 今年でデビュー60周年! 1958年の誕生以来、世界中で人々の生活を支えてきた「ホンダ・スーパーカブ」だが、その魅力はただ便利で実用的なだけではなかった。“丸目ランプ”を取り戻した最新モデルの試乗を通し、カブならではのライディングの楽しさに触れた。
  • ホンダ・スーパーカブ50(MR/4MT)/スーパーカブ110(MR/4MT)【レビュー】 2017.11.18 試乗記 累計生産台数はついに1億台を突破! 世界に冠たる日本の名車「スーパーカブ」が、このほどフルモデルチェンジを受けた。なつかしのスタイリングを取り戻し、生産拠点も日本に戻された新型の試乗を通し、60年におよぶその歴史の片りんに触れた。
  • トヨタ86 GR(FR/6MT)【試乗記】 2018.4.5 試乗記 モータースポーツで培ったノウハウを生かし、足まわりやシャシーに特別なチューニングが施された「トヨタ86 GR」。市街地からワインディングロードまで走らせてみると、このモデルならではの“ピュアな味”に驚かされることになった。
  • ホンダ、小型二輪免許で運転できる「CB125R」を発売 2018.3.8 自動車ニュース ホンダが原付二種の新型バイクCB125Rを発表。小型二輪免許で運転できる“新世代CBシリーズ”のエントリーモデルで、新設計のフレームやリニアな出力特性のエンジンなどにより、運動性能の最大化と上質なライディングフィールが追求されている。
  • 「ホンダ・スーパーカブ」がモデルチェンジ 2017.10.19 自動車ニュース 本田技研工業は2017年10月19日、モデルチェンジした「スーパーカブ50」「スーパーカブ110」を発表した。同年11月10日に販売を開始する。
ホームへ戻る