【スペック】Gリミテッドエディション:全長×全幅×全高=4815×1820×1470mm/ホイールベース=2775mm/車重=1520kg/駆動方式=FF/2.4リッター直4DOHC16バルブ(167ps/6000rpm、22.8kgm/4000rpm)/価格=264万6000円(テスト車=299万400円)

トヨタ・カムリ Gリミテッドエディション(FF/5AT)/Gディグニスエディション(FF/5AT)【試乗速報】

気持ちよさが足りない 2006.02.08 試乗記 トヨタ・カムリ Gリミテッドエディション(FF/5AT)/Gディグニスエディション(FF/5AT)……299万400円/345万4500円国内では地味な存在ながらも、グローバルカーとしては名をはせる「トヨタ・カムリ」がフルモデルチェンジ。トヨタ最上級の新型FFセダンを試す。

ちょっと派手に

「旧型ってどんな顔だっけ?」と考え込んでしまうほど日本では地味な存在だった先代の「トヨタ・カムリ」。しかし、世界100カ国以上で販売されるこのグローバルカーは、アメリカだけでも年間40万台のセールスを誇るという超人気モデルだ。そんな、トヨタにとっては重要なカムリがフルモデルチェンジを果たした。

旧型とは対照的に新型のフロントマスクは派手である。ノーズにカタマリ感を持たせたデザインは先日デビューしたベルタとも相通じるイメージ。ただ、申し訳ないがちょっと不細工……あくまで個人的な印象だけど。

4815mmの全長は同じだが、旧型に比べて全幅は25mm広がって1820mmに、全高は20mm下がって1470mmになった。少しワイドアンドローになり、確かに従来よりもシャープなプロポーションである。しかし、カッコがよくても室内が狭くては困る。もちろん、そのあたりはトヨタもわかっていて、ホイールベースを55mm延長しただけで、室内長は260mmも延びている。おかげで前後シート間の距離が30mm増え、後席の足元は十分に余裕があった。そうはいっても、驚くほどのスペースではないし、ラゲッジスペースには83リッターの容量減というしわ寄せはあったが。

シートやダッシュボードの下半分などが比較的明るいカラーでまとめられたインテリアは、センタークラスターを含むT字型の部分が浮かんで見えるのが特徴だ。そしてセンタークラスターには透明感のあるアクリルパネルで彩られている。でも、そのパネルの色が薄いグリーンなので、別な意味でまわりから浮いてしまった。余計な色などつけなくてもよかったのに。

余裕あるエンジン

搭載されるエンジンは、先代から受け継ぐ2.4リッター直列4気筒の2AZ-FEユニット。シリンダーブロックや吸排気系の見直しを図り、従来よりも8psアップの167ps/6000rpmを発揮する。組み合わされるトランスミッションは、前輪駆動が5ATで、4WDが4ATだ。「エスティマ」や「RAV4」の場合、同じ2AZ-FEにはCVTが組み合わされるのとは対照的だが、それはカムリのメインマーケットであるアメリカにおいてCVTの認知度が低いことが影響しているとのことだ。

それはさておき、300kg以上車両重量が不利なエスティマに対しても十分なトルクを発揮する2AZ-FEエンジンだけに、軽量(といっても1500kg以上あるが)のカムリには余裕たっぷりなのは予想どおり。試乗した前輪駆動モデルでは、発進が力強く、街中や高速で流れに乗って走るときでも、アクセルの踏み加減によってレブカウンターの針を2000〜3000rpmに踊らせながら、ゆとりある加速を見せてくれた。
3000rpmを超えたあたりからは4000rpmをピークにさらに力強さを示すのだが、エンジンからのノイズが大きいのと、スムーズな吹け上がりにはほど遠いマナーが玉にキズ。しかし、それにしても実用性の高いエンジンではある。

気になったのは乗り心地。前後ストラットのサスペンションには215/60R16の比較的控えめなサイズのタイヤが組み合わされていたのに、しっとりとした感じがなく、どちらかといえば落ち着きのたりない挙動を示した。とくに高速ではスムーズに見える路面でも小さな上下動を繰り返し、スピードを上げるとさらにその動きは大きさを増し、フラット感が乏しいのだ。

限られたコースでの試乗だったが、詰めの甘さが目立ってしまった新型カムリ。実用的な部分もたくさんあるが、動き出してからの気持ちよさがたりない、というのが正直な印象である。デザインもまたしかり。すべてのセダンがスポーティになる必要はないし、カムリの目指す道もいまのままでいいと思う。だが、スポーティじゃなくても、走りやデザインを気持ちよくすることはできるはずだ。日本人を納得させるには、そのあたりが不可欠だと私は思う。

(文=生方聡/写真=高橋信宏/2006年2月)



トヨタ・カムリ Gリミテッドエディション(FF/5AT)/Gディグニスエディション(FF/5AT)【試乗速報】の画像


トヨタ・カムリ Gリミテッドエディション(FF/5AT)/Gディグニスエディション(FF/5AT)【試乗速報】の画像


トヨタ・カムリ Gリミテッドエディション(FF/5AT)/Gディグニスエディション(FF/5AT)【試乗速報】の画像


トヨタ・カムリ Gリミテッドエディション(FF/5AT)/Gディグニスエディション(FF/5AT)【試乗速報】の画像
【テスト車Gリミテッドエディションのオプション装備】
チルト&スライド電動ムーンルーフ(ワンタッチ式・挟み込み防止機構付)&可動式リーディングランプ(リア席用)=9万4500円/HDDナビゲーションシステム+ステアリングスイッチ=24万9900円

【テスト車Gリミテッドエディションのオプション装備】チルト&スライド電動ムーンルーフ(ワンタッチ式・挟み込み防止機構付)&可動式リーディングランプ(リア席用)=9万4500円/HDDナビゲーションシステム+ステアリングスイッチ=24万9900円
【スペック】
Gディグニスエディション:全長×全幅×全高=4815×1820×1470mm/ホイールベース=2775mm/車重=1520kg/駆動方式=FF/2.4リッター直4DOHC16バルブ(167ps/6000rpm、22.8kgm/4000rpm)/価格=336万円(テスト車=345万4500円/チルト&スライド電動ムーンルーフ(ワンタッチ式・挟み込み防止機構付)&可動式リーディングランプ(リア席用)=9万4500円)

【スペック】Gディグニスエディション:全長×全幅×全高=4815×1820×1470mm/ホイールベース=2775mm/車重=1520kg/駆動方式=FF/2.4リッター直4DOHC16バルブ(167ps/6000rpm、22.8kgm/4000rpm)/価格=336万円(テスト車=345万4500円/チルト&スライド電動ムーンルーフ(ワンタッチ式・挟み込み防止機構付)&可動式リーディングランプ(リア席用)=9万4500円)
関連記事
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • デトロイトショー2017(その3) 2017.1.16 画像・写真 トヨタ自動車は北米国際自動車ショー(通称:デトロイトショー/2017年1月22日まで開催)で、新型「カムリ」を世界初公開した。その姿をトヨタブースの様子と併せて画像で紹介する。
  • 【デトロイトショー2017】トヨタ、新型「カムリ」を世界初公開 2017.1.11 自動車ニュース トヨタが、デトロイトショーで北米市場の最量販モデル「カムリ」の新型を世界初公開。8代目となる新型には「プリウス」などに続いて「TNGA」世代の新プラットフォームを採用。日本市場については2017年夏ごろの導入を予定している。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(後編)】 2017.5.12 試乗記 トヨタと日産が自信を持って送り出す、2台の環境対応車に試乗。プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」に続いて、後編では“100%モーター駆動”のコンパクトカー「ノートe-POWER」の素顔に迫った。
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
  • 「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6MT仕様、CVT仕様ともに228万円。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――日産ノートe-POWER X モード・プレミア(前編) 2017.5.18 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「日産ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗する。谷口は“電気自動車のまったく新しいカタチ”をどう見ている?
ホームへ戻る