【ジュネーブショー2006】ルノー、スポーティエステートのコンセプトカー「アルティカ」披露

2006.02.07 自動車ニュース
【ジュネーブショー2006】ルノー、スポーティエステートのコンセプトカー「アルティカ」披露

【ジュネーブショー2006】ルノー、スポーティエステートのコンセプトカー「アルティカ」披露

2006年2月28日のプレスデイで幕を開けるジュネーブモーターショーで、ルノーはスポーティエステートを標榜するコンセプトカー「アルティカ(Altica)」を披露する。




【ジュネーブショー2006】ルノー、スポーティエステートのコンセプトカー「アルティカ」披露

迫力あるフロントマスク、流れるようなサイドライン、キュッと締まったリアセクション、21インチの大径ホイール、跳ね上げ式の2枚ドア――「ルノー・アルティカ」の最大の特徴はデザインといえる。

全長4270mm、全幅1830mm、全高1360mm、ホイールベースは2620mmで、この上に独立した4つのシートと、最大1300リッターのトランクルームを載せたパッケージングだ。

フロントに横置きされる心臓部の2リッター4気筒ディーゼルターボは前輪を駆動。177hpのパワーと38.8kgmのトルクで1300kgのボディを引っ張る。6段マニュアルを操り、0-62mph(約100km)を7.5秒で駆け抜けるという。




【ジュネーブショー2006】ルノー、スポーティエステートのコンセプトカー「アルティカ」披露

ヘッドランプには「デイタイム・ランニング・ライト(DRL)」「サイドライト」「ハイ/ロービーム」4つのモードを用意。頭上のグラスルーフとワイドなフロントスクリーンで開放感が演出される。

(webCG 有吉)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。