【ジュネーブショー2006】ボルボ、フラッグシップサルーン「S80」を一新

2006.02.06 自動車ニュース

【ジュネーブショー2006】ボルボ、フラッグシップサルーン「S80」を一新

2006年2月28日のプレスデイで幕を開けるジュネーブモーターショーに、ボルボは最上級サルーン「S80」の新型を持ち込む。

ラージサルーン「S90」の後を継いで1998年にデビューした「S80」は、今回が初のフルモデルチェンジ。強敵ドイツ勢に、スカンジナビアンなデザインと優れた乗り心地&ハンドリング性能で対抗する高級サルーンとして2代目へと進化した。

パワーユニットは、「XC90」にも載る4.4リッターV8ガソリンエンジン(315bhp、44.9kgm)と、新しい3.2リッター直6(235bhp、30.6kgm)を筆頭に、従来からのキャリーオーバーとなる5気筒(200bhp)とディーゼルターボ(185bhp)が用意される。駆動方式は2WDに加えV8モデルは4WDとなる。

ボルボがワールドクラスと胸を張る安全装備。衝突が予想される状況で警告、ブレーキサポートを実行するシステムや、「ACC(アクティブ・クルーズ・コントロール)」などを盛り込んだ。また遠隔地にある車両の状況――ロックされているかどうか、人が乗っているかどうか、アラームがなっているかどうか――を知らせてくれる「PCC(パーソナル・カー・コミュニケーター)」も採用した。

年間5万台のニューS80を売りたいというボルボ。メインマーケットとして、アメリカ、ドイツ、スペイン、スウェーデン、イギリス、そして中国の名を挙げる。ボルボ=ワゴンの等式が成り立つわが国は、当然含まれないだろうが……。

(webCG 有吉)

 

 
【ジュネーブショー2006】ボルボ、フラッグシップサルーン「S80」を一新の画像


 
【ジュネーブショー2006】ボルボ、フラッグシップサルーン「S80」を一新の画像


 
【ジュネーブショー2006】ボルボ、フラッグシップサルーン「S80」を一新の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボS60ポールスター(4WD/8AT)/V60ポールスター(4WD/8AT)【海外試乗記】 2016.4.19 試乗記 モータースポーツのテクノロジーが注ぎ込まれた「ボルボS60/V60ポールスター」が進化を遂げて帰ってきた。エンジンを3リッター直6ターボから2リッター直4ツインチャージャーに改め、367psに強化された新型の走りやいかに?
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
  • ボルボS60ポールスター(4WD/8AT)【試乗記】 2016.9.20 試乗記 モータースポーツのテクノロジーが注ぎ込まれたハイパフォーマンスモデル「ボルボS60ポールスター」に試乗。エンジンを3リッター直6ターボから2リッター直4ツインチャージャーに変更し、さらにパワーアップした新型の走りをリポートする。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • ボルボS60 T3 SE(FF/6AT)/XC60 T6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2016.3.23 試乗記 ボルボの60シリーズに新しいDrive-Eエンジンが2機種、搭載された。1.5リッター直4ターボのT3ユニットを積む「S60」と、2リッター直4ターボ+スーパーチャージャーのT6ユニットを搭載する「XC60」に試乗し、その実力を確かめた。
ホームへ戻る