三菱とプロトン、新しい協業提携に関する覚書を締結

2006.02.06 自動車ニュース

三菱とプロトン、新しい協業提携に関する覚書を締結

三菱自動車とマレーシア最大の自動車メーカー、プロトン社は、2006年2月3日、開発・生産についての新しい協業提携に関する覚書を締結した。両社は早期実現に向け具体的な検討を進める予定という。

これにより、プロトンブランドの新規モデル開発で両社が協力。加えて部品の相互供給、生産技術面での支援、プロトン社工場の生産設備の有効活用などが実現される見込み。
三菱としてはマレーシアにおける事業拡大、またプロトンとしてはマレーシア国内における新商品の拡充、生産、品質管理工程などの改善がそれぞれ期待されている。

なお三菱自は2004年3月、当時保有していたプロトン社の株(7.9%)をすべて売却したが、コンポーネントの技術供与、エンジン、トランスミッションなどの部品供給など両社の協力関係は継続されていたという。

(webCG 有吉)

三菱とプロトン、新しい協業提携に関する覚書を締結の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。