【カーナビ/オーディオ】今年のカーオーディオ・ナビの新傾向を探る(第2回:高級ブランドが身近に感じられる新製品たち)

2006.02.06 自動車ニュース

【カーナビ/オーディオ】今年のカーオーディオ・ナビの新傾向を探る(第2回:高級ブランドが身近に感じられる新製品たち)

アメリカ最大規模の家電ショー、コンシュマー・エレクトロニクス・ショー(CES)を訪れた、カーナビ・オーディオライターの石田功による業界分析。
2回目は、パワーアンプとスピーカーの注目製品を紹介しよう。

■カー用アンプにも省エネの波

まずはパワーアンプだが、やはり圧倒的な存在感を示していたのがロックフォード・フォズゲートのT15kwというモデルだ。

幅22インチ、奥行き37.5インチというその大きさと、500W×4の圧倒的な出力とドライブ能力もさることながら、ハイブリッドテクノロジーという省エネ技術にも注目。今後は、このハイブリッドテクノロジーの小型アンプへの投入が予測されるが、そうなればクルマの電機系に負担をかけずにハイパワーを生み出すことができるハズで、そんなアンプの登場を期待したい。

■フォーカルからパワーアンプ!

ある意味もっとも驚いたのは、フォーカルのアンプの登場だ。フォーカルといえば、ホームオーディオでも有名なフランスのスピーカー・メーカー。そのフォーカルがパワーアンプを出したのだ。

このアンプ、会場には展示せず、隣接(といっても歩いて15分)するホテルの一室に試聴室を設けていたので、そちらで試聴することができたのだが、素晴らしいのひとこと。とくに肉声感たっぷりの声がいい。

ラインナップはFPデュアルモニターというDSP内蔵の2chモデルをトップエンドに、2chアンプが計3モデル。ほかに4ch、5ch、1chが各1モデルの全6モデルで、トップエンドは40万円を超える高額になりそうだが、4chは10〜15万円と、現実味のある価格におさまりそうとのこと。早ければ2月末から3月頃、トップエンドおよび5ch機を除いて日本に導入される予定だ。

ほかにフルモデルチェンジしたアンプとして、オーディソンのLRxシリーズやキッカーのZXシリーズ、ザプコ、アークオーディオなどもあった。

■老舗ブランドからも魅力ある製品が

スピーカーはヨーロッパ系のメーカーが精力的にニューモデルを発表していた。ディナウディオ、モレル、DLSなどだ。またザプコの新型スピーカーも、ESBとのコラボレートによるイタリアン・メイドである。

ディナウディオのスピーカーは、ほぼ従来モデルと同じデザインだが、同社最上級トゥイーター「エソター」で培われた技術が投入されている模様。モレルは最上級トゥイーター「スプリーモ」のコンパクトモデル「ピッコロ」を新開発し、ウーファーと組み合わせたセパレート2ウェイシステムを投入した。DLSは従来の最上級スピーカー、イリジウム・シリーズのさらに上級となる「ノベリウムシリーズ」を発表。トゥイーターの低域側の再生能力を高めて、ウーファーとの音のつながりがよりスムーズになったという。

■D9シリーズに待望の13cm

アメリカン・ブランドではダイヤモンドオーディオが注目だ。同社では昨年、最上級のD9シリーズのスピーカー&アンプを発売したが、なにしろスピーカーが18cmセパレート2ウェイしかなく、取り付けにくいのが難点だった。
そこで、13cmユニットを開発し、既存のトゥイーターと組み合わせたセパレート2ウェイシステムをラインナップに加えたのだ。

また18cmウーファー/13cmミッドレンジ/トゥイーターのセパレート3ウェイシステムも用意する予定だ。しかも13cmセパレート2ウェイシステムは、当初、日本だけの販売予定という。

■純正 vs 後付け 価格でもいい勝負になってきた

これらのアンプ&スピーカーは、一部を除いて10〜20万円という価格で発売される予定だ。一方、純正オーディオはオプションで50万円超というシステムも増えてきた。仮にアンプ15万円、スピーカー15万円、純正デッキと市販システムを結合するアイテム10万円としたら、取り付け費用も含めて純正オプション品と同等だ。

それで、既製のシステムを選ぶか、自分の好みのアイテムを組み合わせたシステムを後付けするかは、大いに悩みどころではある。(第3回へつづく)

(文と写真=石田 功)


2ch3モデル、5ch、4ch、1ch各1モデルの計6モデルをラインナップ。


ロックフォード・フォズゲートの「T15kw」。人と比べるとその大きさがわかるだろう。


キッカーのZXシリーズ・アンプはノイズ特性が大幅に向上したとのこと。


オーディソンの新LRxシリーズは最上級アンプ、HV Ventiのノウハウを投入。


アルパインはコンパクト&高効率なクラスDアンプをリリース。


DLSが参考出品した真空管ハイブリッドアンプ。


ホイールデザインで有名なチップ・フース氏がデザインしたアークオーディオの新アンプ。


ザプコの新アンプはデジタルコントロール可能なシステムに発展できる。


ダイヤモンドオーディオの最上級シリーズD9に追加された13cmセパレート2ウェイシステム「D951」。


アルミとマグネシウムの混合コーンを採用したDLSの「ノベリウムシリーズ」。


ディナウディオのスピーカーがエソテック・シリーズにリニューアル。


新開発のスプリーモ・ピッコロトゥイーターを採用したモレルの新セパレート2ウェイシステム。


ボストン・アコースティックスは最上級のZシリーズの後継といわれる「SPZシリーズ」を参考出品。


アルトモービルが参考出品したサブウーファーはシートに振動を伝えるユニークな構造。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。