パワーアップした2006年モデル「シボレー・トレイルブレイザー」

2006.02.06 自動車ニュース

パワーアップした2006年モデル「シボレー・トレイルブレイザー」

スズキは、同社が輸入販売するシボレーの中型SUV「トレイルブレイザー」の2006年モデルを、2006年1月30日に発売した。

4.2リッター直6DOHCエンジンを、16psと0.3kgmそれぞれ増強し、295ps、38.4kgmとした。さらに加速時などに駆動輪(後輪)が空転した場合に全車輪のブレーキ圧とエンジン出力を制御し、車両の安定性を確保するという「スタビリティコントロールシステム」を装備した。

また右リアコンビネーションランプ内にフォグランプを埋め込むなど、装備変更を行うなどした。

価格は、4.2リッターモデルが376万9500円から426万3000円まで、5.3リッターV8モデルは480万9000円となる。

(webCG 有吉)

シボレー「トレイルブレイザー」:
http://www.chevrolet.co.jp/lineup/brazer/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ブラックでキメた「シボレー・キャプティバ」限定発売 2017.5.30 自動車ニュース ゼネラルモーターズ・ジャパンは2017年5月30日、ミドルサイズSUV「シボレー・キャプティバ」の特別仕様車「キャプティバ パーフェクトブラック エディションII」を発表した。同年6月3日に15台限定で発売される。
  • キャデラック・エスカレード プラチナム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.8.11 試乗記 キャデラックが誇るフルサイズSUV「エスカレード」が、パワートレインの変更を伴う大幅な改良を受けた。新たに8段ATを得たプレミアムSUVの走りは、どう進化を遂げたのか? 日欧のハイエンドモデルに比肩する、その出来栄えをリポートする。
  • シボレー・トラバースLS(FF/6AT)【試乗記】 2009.6.15 試乗記 シボレー・トラバースLS(FF/6AT)
    ……498.0万円

    全長5.2m超、ホイールベース3m超! 圧倒されそうな巨体に乗り込んでみると、意外やその乗り味は……。
  • 第54回:光り輝く激安BMW 2017.8.15 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第54回は「光り輝く激安BMW」。次なる“牛丼車”として「BMW 320d」を選んだ筆者。だが、唯一気がかりなことが……。中古車買うならココを見ろ! 46台クルマを買ってきたカーマニアの勘がさえる。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドSL(FF/5AT)【試乗記】 2017.7.28 試乗記 スポーティーな走りが身上の「スズキ・スイフト」に、待望のフルハイブリッド車が登場。スズキ独自のハイブリッド機構の出来栄えは? 好評価だったドライバビリティーに影響は? 7000文字(!)もの字数を費やし、その仕上がりを徹底的に検証する。
ホームへ戻る