三洋電機、独フォルクスワーゲンとニッケル水素電池システムを共同開発

2006.02.01 自動車ニュース

三洋電機、独フォルクスワーゲンとニッケル水素電池システムを共同開発

三洋電機は、独フォルクスワーゲンとハイブリッドカー用次世代ニッケル水素電池システムを共同開発することで合意したと、2006年1月31日に発表した。

三洋電機は、既にハイブリッドカー用の二次電池を開発、供給しており、北米では「フォード・エスケープ・ハイブリッド」「ホンダ・アコード・ハイブリッド」に三洋製電池が組み込まれているという。
フォルクスワーゲンとの共同開発合意により欧州メーカーとのリンクがつくられたことになり、これを機に高性能化、商品化を加速しながらヨーロッパでの事業拡大を図りたいとしている。

(webCG 有吉)

三洋電機、独フォルクスワーゲンとニッケル水素電池システムを共同開発の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。