日本初の3D映像システムで、「トヨタ・エスティマ」をご紹介

2006.02.01 自動車ニュース

日本初の3D映像システムで、「トヨタ・エスティマ」をご紹介

東京駅近くの丸ビル1階「マルキューブ」で、2006年1月16日にフルモデルチェンジされた「トヨタ・エスティマ」のプロモーションイベントが実施されている。
イベント期間は2006年1月31日から2月5日まで。


写真左側は透明スクリーンの向こう側にいる、“リアル”なエスティマと人。そして右側は“バーチャル”な人。

日本初登場といわれる映像システム「FreeFormat」は、デンマークより上陸。特殊な透明スクリーンにプロジェクターの映像を映し出すというもので、スクリーンの存在を感じにくいため、立体感がある、より本物に近い感覚を得られるという。

この特徴を活かして、スクリーン後方に実物のエスティマと人を配置し、映像と一体化したストーリーのショーが披露された。デザインや装備、使い勝手などを「リアル」と「バーチャル」で説明するという、面白い試みだ。
興味を持った人は、オープンスペースにある実車の「エスティマ」に触れることもできる。
不思議な3D映像を楽しみたい方は、2月5日までに東京丸ビルへ。

●ニューエスティマ「Virtual Show Case & Show Room」
日程:2006年1月31日〜2月5日
時間:11:00〜21:00
場所:丸ビル・マルキューブ(千代田区丸の内2-4-1)

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る