日本初の3D映像システムで、「トヨタ・エスティマ」をご紹介

2006.02.01 自動車ニュース

日本初の3D映像システムで、「トヨタ・エスティマ」をご紹介

東京駅近くの丸ビル1階「マルキューブ」で、2006年1月16日にフルモデルチェンジされた「トヨタ・エスティマ」のプロモーションイベントが実施されている。
イベント期間は2006年1月31日から2月5日まで。


写真左側は透明スクリーンの向こう側にいる、“リアル”なエスティマと人。そして右側は“バーチャル”な人。

日本初登場といわれる映像システム「FreeFormat」は、デンマークより上陸。特殊な透明スクリーンにプロジェクターの映像を映し出すというもので、スクリーンの存在を感じにくいため、立体感がある、より本物に近い感覚を得られるという。

この特徴を活かして、スクリーン後方に実物のエスティマと人を配置し、映像と一体化したストーリーのショーが披露された。デザインや装備、使い勝手などを「リアル」と「バーチャル」で説明するという、面白い試みだ。
興味を持った人は、オープンスペースにある実車の「エスティマ」に触れることもできる。
不思議な3D映像を楽しみたい方は、2月5日までに東京丸ビルへ。

●ニューエスティマ「Virtual Show Case & Show Room」
日程:2006年1月31日〜2月5日
時間:11:00〜21:00
場所:丸ビル・マルキューブ(千代田区丸の内2-4-1)

(webCG 本諏訪)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • ホンダが北米向け新型「アコード」を発表 2017.7.18 自動車ニュース 本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2017年7月14日(現地時間)、北米で2017年秋に発売を予定している新型「アコード」を発表した。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • 新型「ホンダCR-V」、中国でデビュー 2017.7.10 自動車ニュース 本田技研工業の中国における四輪車生産販売合弁会社である東風本田汽車有限公司は2017年7月9日(現地時間)、新型「CR-V」を発表した。都市型SUVの先駆けとして、2004年に中国市場で販売を開始。これまでに累計約150万台以上が販売されている。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
ホームへ戻る