ダイハツのフラッグシップセダン「アルティス」一新、つまり中身は……

2006.02.01 自動車ニュース

ダイハツのフラッグシップセダン「アルティス」一新、つまり中身は……

ダイハツ工業は、同社の旗艦となる「アルティス」をフルモデルチェンジし、2006年1月31日に発売した。

アルティスは、「トヨタ・カムリ」のOEMモデル。つまり前日に一新されたカムリと同じ内容の変更が行われたことになる。

すなわち、全長×全幅×全高=4815×1820×1470(4WDは1480)mm、ホイールベース=2775mmのボディに、改良版2.4リッター直4(167ps、22.8kgm)+5段AT(4WDは4段AT)を搭載。キーフリーシステム&スタートシステムや左右独立温度コントロールフルオートエアコンなどを盛り込んだ。

グレードはFF「G“リミテッドエディション”」(264.6万円)と4WD「G Four“リミテッドエディション”」(281.4万円)の2本立てと至極シンプル。国内月販目標台数は50台。名目上のフラッグシップである。

(webCG 有吉)

ダイハツ工業「アルティス」:
http://www.daihatsu.co.jp/showroom/lineup/altis/

ダイハツのフラッグシップセダン「アルティス」一新、つまり中身は……の画像



ダイハツのフラッグシップセダン「アルティス」一新、つまり中身は……の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ダイハツ・アルティス」新たなデザインで発売 2014.9.10 自動車ニュース 「ダイハツ・アルティス」がマイナーチェンジ。内外装のデザインが一部変更された。
  • ハイブリッドの新型ダイハツ・アルティス発売 2012.5.10 自動車ニュース ダイハツ工業は、ハイブリッドカーの新型「ダイハツ・アルティス」を、2012年5月10日に発売した。
  • ホンダ・シビックハッチバック プロトタイプ/シビックセダン プロトタイプ【試乗記】 2017.5.29 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。シャシーを全面刷新し、“操る喜び”を追求したという新型の走りとは? 袖ヶ浦フォレストレースウェイで行われたプロトタイプ試乗会で、その出来栄えをチェックした。
  • ダイハツ、新型セダン「アルティス」を発売 2000.4.3 自動車ニュース ダイハツ工業は、新型セダン「アルティス」を3月30日より発売した。「アルティス」は、4月に生産中止されるフラッグシップカー「アプローズ」を継ぐかたちで設定された上級セダン。トヨタ自動車「カムリ」のOEMモデルだ。名前は、英語のaltitude(高度)の造語で、「高い地位」を表しているという。カムリ同様、余裕あるボディサイズが特徴的。快適さと高級感をウリとしている。エンジンは2.2リッター直4で140ps・19.5kgm。駆動方式は前輪駆動と四輪駆動、トランスミッションは電子制御4段オートマチックのみの設定となる。機能面では、トランクオープナー付キーレスエントリー、エクステンションプレート付サンバイザー、カップホルダーなどが標準装備。加えて全面UVカットガラス、クリーンエアフィルターなども備わる。さらに安全面でも、ブレーキアシスト付ABS、プリテンショナー&フォースリミッター付シートベルト、デュアルSRSエアバッグなど標準装備。車体は衝撃安全ボディ「TAF」だ。価格は「2.2 SLパッケージ」の209.0万円から「2.2 Four SXパッケージ」の263.0万円まで。「カムリ2.2」が226.3万円ですから、「アルティス」は若干割安。しかし国内月販目標が100台という設定に、ラインアップの補欠的モデルである性(さが)を感じます。(WebCG 有吉)
  • スポーティーさが際立つ「メルセデスSLC180」の特別仕様車登場 2017.6.20 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年6月19日、オープン2シーター「メルセデス・ベンツSLC」の特別仕様車「SLC180スポーツ RedArt Edition(レッドアートエディション)」を発表。同年8月31日までの期間限定で注文受け付けを開始した。
ホームへ戻る