【Movie】世界で一台の「VIP仕様エルグランド」はこんなクルマ

2006.01.28 自動車ニュース
【Movie】世界で一台の「VIP仕様エルグランド」はこんなクルマ

【Movie】世界で一台の「VIP仕様エルグランド」はこんなクルマ

ワンオフで作られた豪華内装を持つという、世界にたった一台の「日産エルグランド」があるらしい。その貴重なクルマを借り出すことに成功した『webCG』リポーターはさっそく試乗し、その足で、このクルマの生みの親を訪ねてみた。

■VIP仕様エルグランドはこうして作られた!

クルマの“カスタマイズ”はすでに一般化し、大手自動車メーカーでさえオリジナルパーツをだすほどになった。
今回取材したこのエルグランドも「VIP仕様」のカスタマイズカーである。しかし「VIP仕様」といっても「シーマ」や「セルシオ」などをスモーク&シャコタンにした“VIPカー”ではない。このエルグランドは正真正銘、VIP=社長のためのクルマなのである。


伊藤さんの案をイラストにおこしたもの。これをもとに車両が製作された。

【Movie】世界で一台の「VIP仕様エルグランド」はこんなクルマ

このエルグランドは、ヤフージャパンと日産自動車が共同で行った、「エルグランドde自分仕様」という企画から生み出されたもの。
5人の個性的なオーナーや経営者が「仕事にもプライベートにも使える、こういうクルマが欲しい!」と、独自のカスタマイズを提案。ヤフージャパンの読者投票でグランプリに選ばれたのが、女性社長の希望した「移動の時にリラックスできるクルマ」だった。

このアイディアのイラストをもとに、日産車の福祉車両やカスタマイズカーを手がけるオーテックジャパンが車両製作を担当した。




【Movie】世界で一台の「VIP仕様エルグランド」はこんなクルマ

さて、その実物はどうできあがったのか。そしてこのスペシャルモデルの生みの親は、どんな感想を持ったのか。その様子は動画で。

【これがホンモノのVIP仕様車!】

「エルグランドde自分仕様」のコンペでみごとグランプリに輝いた、VIP仕様の「日産エルグランド」。そのディテールを動画でご紹介。




【Movie】世界で一台の「VIP仕様エルグランド」はこんなクルマ

【イメージ通りです!】

エルグランド社長車を企画した日本電鍍工業社長の伊藤麻美さんと、トータルアドバイザーをつとめた放送作家の小山薫堂さん。このクルマを世に出したおふたりにとって、これが“わが子”との初対面。その感想は?



(文=webCG本諏訪/動画撮影・編集=webCG 関)

動画を再生するには、WindowsMediaPlayerが必要です。お持ちでない方は、
Windows Media:ダウンロードセンター
でダウンロードをお願いします。

関連キーワード:
エルグランド日産カーナビ/オーディオ/パーツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ジャパンキャンピングカーショー2017」の会場から 2017.2.3 画像・写真 ユニークなキャンピングカーが一堂に集結。「ジャパンキャンピングカーショー2017」が、千葉県の幕張メッセで開幕した。会場の様子を、各メーカーが出展したキャンピングカーとともに写真でリポートする。
  • 日産小型商用車(LCV)取材会【試乗記】 2016.4.5 試乗記 日産の小型商用車(LCV)がずらりとそろうオールラインナップ試乗会に参加。北米専用のフルサイズピックアップトラックの「タイタンXD」からEVの「e-NV200」まで、今の日産を代表する商用車のステアリングを握った。
  • 第425回:「壊れない日本車」はこうして生まれる
    「日産NV350キャラバン」の開発現場を取材
    2017.7.13 エディターから一言 ビジネスユースはもちろん、レジャーや趣味のお供としても高い支持を集める日産のワンボックスカー「NV350キャラバン」。同車の開発を担う日産車体への取材を通し、世界中で支持される「壊れない日本車」の秘密を知った。
  • 日産NV400(FF/6MT)【試乗記】 2014.12.24 試乗記 クルマとはその国の生活と文化を運ぶもの。“グローバル化”が進んでいるとはいえ、その形は同じではない。スペインで生産され、欧州を中心に販売されている大型の商用ワゴン「日産NV400」が持つ世界を、300kmあまりの試乗を通じて味わった。
  • 日産プレサージュ 3.5X 4WD/2.5V FF(CVT/4AT)【試乗記】 2003.7.24 試乗記 日産プレサージュ 3.5X 4WD/2.5V FF(CVT/4AT)
    ……364.3/268.0万円

    腰高で、しかも室内が上下に狭かった「日産プレサージュ」。厳しい消費者からの反応を汲んで、新型はどう変わったのか? 月販5000台を目指す意欲作に、『webCG』記者が北海道で試乗した。


ホームへ戻る