【スペック】全長×全幅×全高=4795×1930×1810mm/ホイールベース=2745mm/車重=2590kg/駆動方式=4WD/4.2リッターV8DOHC32バルブスーパーチャージャー(390ps/5750rpm、56.0kgm/3500rpm)/価格=1090.0万円(テスト車=同じ)

ランドローバー・レンジローバースポーツ・スーパーチャージド(4WD/6AT)【ブリーフテスト】

ランドローバー・レンジローバースポーツ・スーパーチャージド(4WD/6AT) 2006.01.27 試乗記 ……1090.0万円 総合評価……★★★★「カイエン」「トゥアレグ」に負けじと4×4の老舗ランドローバーが出した“スポーツ仕様レンジ”。390psのスーパーチャージャーユニット搭載車にはレンジらしさが……。


懐の深さこそ魅力

新規参入組ながら、ハイパフォーマンスを前面に押し出して、一気に「パフォーマンスSUV」の覇権を手に入れた「ポルシェ・カイエン」と「VWトゥアレグ」。その成功をSUVの頂点を極めるランドローバーが黙って見ているはずがない。
ラクシュリーSUV・レンジローバーのイメージを色濃く残しながら、パフォーマンスSUVにふさわしいパワーと走りっぷりを備えた新しいSUVの開発が進められていたのだ。それこそがランドローバー第5のモデル、「レンジローバースポーツ」である。

その性能については後ほど詳しく触れるが、ドイツのライバルたちが無機質な印象を持つのに対して、レンジローバーの血を受け継ぐこのクルマからは、どこか人間味や暖かさが感じられる。そのせいか、運転していてもさほど緊張することはないし、ワインディングロードで汗をかく場面以外はとてもリラックスできる。クルマの魅力はスピードだけでは語り尽くせない。その懐の深さこそ、レンジローバースポーツの一番の魅力じゃないかと、試乗を終えた私は思った。

【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
ランドローバー第5のモデルとして2005年1月のデトロイトショーで披露され、日本では2006年1月に販売開始。高級4×4「レンジローバー」を文字どおりスポーツよりに振った「スポーツツアラーSUV」で、新興のライバル「ポルシェ・カイエン」や「VWトゥアレグ」あるいは「BMW X5」などに対抗する。
名こそレンジだが中身は「ディスカバリー3」で採用した、モノコックとラダーフレームを融合させた「インテグレイテッド・ボディフレーム」構造をもとにしている。フロントのメッシュグリルや口を開けたバンパー、張り出したホイールアーチ、傾斜のあるウインドウスクリーンなど外観はマッチョな仕上がり。ボディサイズは小型化し、レンジローバー比で155mm短く、25mm狭く、90mm低く、ホイールベースは135mmショートだ。
エンジンはジャガー譲りのV8が2種類。4.4リッターは299ps、43.3kgmを発生、スーパーチャージャー付き4.2リッターは390ps、56.0kgmというアウトプット。ZF製6段ATと組み合わされる。
技術的ハイライトは、「ダイナミック・レスポンス・システム」なるアンチロールコントロール装置。コーナリングフォースを感知し、油圧モーターによってアンチロールバーの硬さを変化させるシステムだ。加えて、オン/オフロードで最適な走行モードを選択できる「テレイン・レスポンス」、電子制御センターデフロック付きフルタイム4WD、前後ダブルウィッシュボーンの電子制御エアサスペンションなどを備える。
(グレード概要)
日本仕様はNAの「HSE」とスーパーチャージャー付き「スーパーチャージド」の2本立て(2005年11月に先行発売した限定車「ファーストエディション」は後者ベース)。ダイナミック・レスポンス、ブレンボ製ブレーキキャリパー、スポーツレザーシート、電動サンルーフ、20インチアロイホイール、ツインマフラーなどを盛り込み、上級に仕立てた。



ランドローバー・レンジローバースポーツ・スーパーチャージド(4WD/6AT)【ブリーフテスト】の画像


ランドローバー・レンジローバースポーツ・スーパーチャージド(4WD/6AT)【ブリーフテスト】の画像
写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。

写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★★
プレミアムSUVと呼ばれるモデルの多くが乗用車と見紛うばかりのインテリアデザインを採用するのに対し、このレンジローバースポーツのインパネはディスカバリー3ほどではないが、乗用車とはやや趣を異にしている。なかでもセンターコンソール部分に強い存在感のあるデザインである。
オーディオのパネルがちょっと出っ張った形がユニークで、それを縁取るメタル調(“ロジウム”)のパネルがスポーティな印象を強めている。
スーパーチャージドではインテリアカラーは選べないが、HSEではロジウムパネルのほか、チェリーのウッドパネルや明るい色のレザーシートが選べる。個人的にはスーパーチャージドでもこれらの内装が選べるといいと思う。
(前席)……★★★★
レンジローバーよりも全高が90mm低いとはいえ、ドライバーのシートポジションはかなり高い。おかげで、足を伸ばして運転席にたどり着くと、そこからの視界は良好。ボンネットの見切りがよく、さらにボンネットの左前端にはサイド/アンダーミラーが付くから、1930mmの全幅を忘れてしまうほど運転はしやすい。
スーパーチャージドにはレザーのスポーツシートが標準装着される。当然、各調整は電動で、運転席にはメモリー機能が付く。座ってみるとやや硬めの印象だが、腰をしっかりサポートしてくれるおかげで、疲れは少ない。
(後席)……★★★
全長4795mm、全幅1930mmを誇るレンジローバースポーツだけに、後席の足元や膝まわりの余裕は十分に確保されている。
気になったのは後席からの眺めだ。身長167cmの私だと、頭上には拳2個分ほどの空間が確保されるのだが、スライディングルーフが標準のスーパーチャージドでは、スライディングルーフを納めるためのルーフライニングの出っ張りが視界に入ってくる。私よりも長身の人ならかなり目障りに違いない。
(荷室)……★★★
レンジローバーやディスカバリー3が上下分割式のテールゲートを採用するのに対し、このレンジローバースポーツには単に跳ね上げるタイプのテールゲートが備わる。そのぶん、テールゲートは大型になるが、ガラス部分が独立して開閉可能なため、狭い場所でも小物の出し入れは容易である。
ドライビングポジションが高いわりに、荷室の床は低い位置にあるのは、荷物の出し入れには便利。奥行きが1mほどある荷室は、ダブルフォールディング式のリアシートを倒せば1.8mまで拡大が可能だ。荷室の高さも十分すぎるほどで、スポーツや遊びの道具をたくさん呑み込んでくれるはずだ。

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★
ハイパフォーマンスをウリにするレンジローバースポーツ。その上級モデルであるスーパーチャージドだけに、エンジンは余裕たっぷり。ジャガー製のスーパーチャージャー付き4.2リッターV8をSUV用にモディファイしたこのエンジン、最高出力390ps、最大トルク56.0kgmというスペックを誇るが、実際運転してみると、低回転から太いトルクを発揮するのはもちろんだが、3500rpmあたりからさらに盛り上がりを見せ、6000rpmを過ぎるまで力強く回る様は、“スポーツ”の名に恥じない気持ちよさだ。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★★
そのハイパワーを支えるのが、電子制御エアサスペンションと、275/40R20サイズのタイヤである。やや硬めな乗り心地を示す一方、路面の小さな凸凹はタイヤが巧みに遮断してくれるため、20インチを履くとは思えないほどの快適さである。
今回はオンロードのみの試乗だったが、ワインディングロードではロールがよく抑えられていて、これでアイポイントが高くなければまさにスポーツワゴンの感覚だ。
ただ、後席の乗り心地は前席ほど快適ではなく、路面の凹凸を伝え気味。後ろに乗せられるよりもステアリングを握りたいクルマである。

(写真=荒川正幸)

 

【テストデータ】

報告者:生方聡
テスト日:2005年12月21日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2005年式
テスト車の走行距離:2435km
タイヤ:(前)275/40R20(後)同じ
オプション装備:--
走行状態:市街地(4):高速道路(6)
テスト距離:314.4km
使用燃料:65リッター
参考燃費:4.8km/リッター

関連記事
  • 新型「ランドローバー・ディスカバリー」の受注がスタート
    2017.5.8 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年5月8日、新型「ランドローバー・ディスカバリー」の受注を開始した。第5世代にあたる新型ディスカバリーは、2016年9月のパリモーターショーで世界初公開されていた。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • ランドローバー・ディスカバリーTd6/ディスカバリーSi6【海外試乗記】 2017.3.16 試乗記 フルモデルチェンジを受けた「ランドローバー・ディスカバリー」に米国で試乗。アルミモノコックボディーを採用するなど“革新的”な進歩を遂げた新型は、オンロードの洗練と悪路走破性の強化を同時に成し遂げた、ランドローバーの伝統の良き継承者だった。
  • ジャガー、新型「XFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開 2017.5.18 自動車ニュース 英ジャガー・ランドローバーは2017年5月17日、新型「ジャガーXFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開した。イギリスでは6月14日に正式発表される予定だ。
  • 「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6MT仕様、CVT仕様ともに228万円。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • アウディがコンパクトSUV「Q2」を発表 2017.4.26 自動車ニュース アウディが全長4.2mのコンパクトSUV「Q2」を6月中旬に発売すると発表した。エンジンは1リッター直3ターボと1.4リッター直4ターボの2種類で、駆動方式はFFのみ。価格は299万円から405万円となっている。
  • 今夏発売の「ホンダ・シビック タイプR」、ニュルでFF最速記録を更新 2017.4.24 自動車ニュース ホンダがニュルブルクリンク北コースで新型「シビック タイプR」の走行テストを実施。FFモデルで最速となる7分43秒80のラップタイムを記録したと発表した。新型シビック タイプRは2017年夏に発売される予定となっている。
ホームへ戻る