スズキ、リーズナブルな「シボレー・オプトラワゴン」06モデルを発売

2006.01.27 自動車ニュース

スズキ、リーズナブルな「シボレー・オプトラワゴン」06モデルを発売

スズキは、同社が出資する韓国GM大宇オートアンドテクノロジー(GMDAT)社によるステーションワゴン「シボレー・オプトラワゴン」の2006年モデルを、2006年1月26日に発売した。

GMグループの世界戦略車という位置付けのセダン&ワゴン、オプトラ。ワゴンの最新版は、アルミホイールを新デザインの5本スポークデザインとし、ファブリックシートには濃いグレーの表皮を採用。リアシートベルトにチャイルドシートを固定する「ALR機構」を付け、盗難防止装置に警告音を追加した。

2リッター+4段ATで183万7500円と、リーズナブルな価格はそのままだ。

(webCG 有吉)

「シボレー・オプトラ」:
http://www.chevrolet.co.jp/lineup/optra/

関連キーワード:
オプトラセダンシボレースズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • オペル・アストラ2.0 Turbo Sport/キャデラックSRX/シボレー・オプトラ【試乗記】 2005.2.7 試乗記 オペル・アストラ2.0 Turbo Sport/キャデラックSRX/シボレー・オプトラ

    2005年のJAIA試乗会、『webCG』本諏訪裕幸は、いずれもGMグループに属するアメリカ、欧州、アジアの3ブランドからチョイス。リーズナブル、スポーティ、ラクシャリーと、キャラの異なる3台をリポートする。


  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.12.29 試乗記 4代目となる「ルノー・メガーヌ」に試乗。シャシーや4輪操舵機構「4コントロール」のチューニングをルノーのモータースポーツ部門が手がけた新型は、ワインディングロードでこそ本領を発揮する、優れたハンドリングマシンに仕上がっていた。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2018.1.4 試乗記 発売以来、好調なセールスが伝えられる新型「日産リーフ」。充電の手間や航続距離など、さまざまな課題もあるEVの中で、多くの支持を集めるのはなぜか。クローズドコースと一般道で試乗し、その価値について考えた。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2017.12.6 試乗記 最大航続距離400kmをうたう新型「日産リーフ」に試乗。運転支援技術「プロパイロット」の搭載など、トピックに事欠かないニューモデルだが、やっぱり気になるのは“本当の”航続可能距離。540kmにおよんだテストドライブの結果を報告する。
  • オペル・アストラワゴン1.8 Sport(4AT)/2.0 Turbo Sport(6MT)【試乗記】 2005.2.16 試乗記 オペル・アストラワゴン1.8 Sport(4AT)/2.0 Turbo Sport(6MT)
    ……299万9500円 /349万9500円

    新型ゴルフがハッチバックのみにとどまっているうちに、オペル・アストラのワゴンが登場した。ホイールベースを延長し、実用性とスタイリングを両立させようという意欲作に、自動車ジャーナリストの島下泰久が試乗した。


ホームへ戻る