【スペック】全長×全幅×全高=4830×1795×1475mm/ホイールベース=2705mm/車重=1610kg/駆動方式=FF/3リッターV6 DOHC24バルブインタークーラー付き低圧ターボ(200ps/5000rpm、31.6kgm/2500rpm)/車両本体価格=515.0万円

サーブ9-5Arc3.0t【試乗記】

大人向けの豪華版 2002.03.07 試乗記 サーブ9-5Arc3.0t……515.0万円約1200カ所におよぶ改変を受けたサーブ「9-5」2002年モデル。エントリー仕様の「Linear(リニア)2.3t」とスポーティな「Aero(エアロ)2.3TS」の間を埋めるセダンの3リッターモデル「Arc(アーク)」に、webCGエグゼクティブディレクターの大川悠が試乗した。

長くつき合える家族の一員

比較的最近、新型「9-5」のトップモデル「Aero(エアロ)」でも表現したが、現在のサーブの最大の魅力は、自分自身が何者か知っていて、それがどうあるべきかを明瞭なメッセージによって伝えていることだ。

個性的というより、製品思想が明快だから、顧客に迷わせることはない。競争激甚なプレミアムDセグメントの中で、一度好きになったら、他に目もくれずに選択できるようなクルマだし、買った後も後悔は少ないはずだ。いってみれば“通好み”のクルマだけど、一度持つと家族の長い一員になるような、そんな深い味わいも持ったクルマである。

9-5には、2.3リッター直列4気筒の低圧ターボ付き「Linear(リニア)」と、高性能版高圧ターボのAeroがあるが、今回試乗した「Arc(アーク)」は、より大人向けの豪華版というべきで、同じ低圧ターボ付きながら3リッターV6という余裕あるエンジンを使っている。従ってこのArcは、長く1台のクルマに乗ろうという人には向いているかもしれない。

小さいが大きなマイナーチェンジ

最近のサーブは、2世代ごとにマイナーチェンジとフルモデルチェンジを繰り返している。この9-5も昨秋、マイナーチェンジを受けたが、その変化は外観が告げるよりははるかに大きい。一見するとグリルとテールランプ以外、違いは識別しにくいし、それもオーナーでもなければ分からないほどの変化だが、実際には1200カ所以上が改変されているというし、いざ乗るとその効果は誰でも分かる。

主な変更点は、ボッシュと共同開発したアンチスピンデバイス「ESPシステム」の導入、学習機能を持った5段ATの採用、足まわりのセットアップ見直し、より空力効率を改善したボディ、グレード呼称の変更などだが、そのほかに羅列できない無数の機械的なリファインメントが、実際は大きく効いている。

エアコンの吹き出し口からカップホルダーなど、細部にいたるまで丁寧にデザインされた大型のダッシュボードは、Arcの場合明るいウッドとなる。スポーティなAeroはここがアルミヘアライン風仕上げだが、両方とも品質感はいい。大ぶりのシートは人間工学的には正しいだろう。リアのルームも2705?のホイールベースが効いて、まあライバルに劣らないだけはある。シートの作りなども、たとえばジャガー「Xタイプ」よりは高級に思える。

大人のためにリファインされたクルマ

サーブの伝統に従ってドライバー横、センターコンソール部分にあるキーを捻って走り出した瞬間から、ほとんど形は変わらないというのに、旧型からは明らかに進歩したクルマになっていることに、誰もが気がつくはずだ。

まず、なんと言ってもボディの剛性感がいい。ボディ全体がガッシリとした感じで受け止めるから、乗り心地もいいし、ステアリングに対するクルマ全体の応答性もいい。この日主として走った西湘バイパスは舗装の継ぎ目が厳しく(以前に比べれば大分改修されたが)、高周波のショック吸収能力がわかりやすい道だが、ここで9-5はとても気持ちのいい乗り心地を示した。音も振動も遠く離れていた。

V6エンジンも以前より好印象を受けた。前は上の回転域で多少軽快さに欠け、個人的には2.3の4気筒の方が好ましく思っていたのだが、この日は自分自身の使用条件内(長距離をそんなに飛ばさない走行)では、あまりエンジンが強い存在感を訴えてこなかった。2.3と較べて、こちらの3リッターV6の方が合っているかとさえ思った。スムーズで静か、しかもこなれた低圧ターボのサポートによって、トルクはどの領域からも存分に引き出せるし、これに新しい5段ATが巧みにマッチする。

多分唯一の難点は、それでも依然として前輪駆動特有のトルクステアを示すことだろうが、それはAeroなどに比べれば遙かに少ないし、全般的にステアリングはナチュラルだ。

自動車というものが分かり切った大人のためのリファインされたクルマ、そしてそれでも特有の落ち着いた魅力にあふれるクルマが9-5「Arc」である。問題は価格。515.0万円とは、最近値下げされたにしてもやや高いが、長く乗るつもりなら仕方がないだろう。でもリポーターなら、V6の9-5にするなら、非常に細かいところまで行き届いて造られているワゴン版「Estate(エステート)」(Arc3.0tで540.0万円)を選ぶ。

(文=大川 悠/ロケ写真=難波ケンジ/2002年2月)

非対称ターボチャージャー付V6エコパワーターボエンジン
 
非対称ターボチャージャー付V6エコパワーターボエンジン
	 

 
サーブ9-5Arc3.0t【試乗記】の画像

 
サーブ9-5Arc3.0t【試乗記】の画像

 
サーブ9-5Arc3.0t【試乗記】の画像
9-5 Linear 2.3t Estate
 
9-5 Linear 2.3t Estate
	 
関連記事
  • サーブ9-5 エアロ(FF/5AT)【ブリーフテスト】 2007.7.19 試乗記 ……562.0万円
    総合評価……★★★

    モデルチェンジで印象が変わった、「サーブ」のフラッグシップ「9-5」。スポーティバージョン「エアロ」に試乗した。
  • サーブ9-5ベクターXWD(4WD/6AT)【試乗記】 2011.9.11 試乗記 サーブ9-5ベクターXWD(4WD/6AT)
    ……652万9000円

    サーブの旗艦モデル「9-5」がフルモデルチェンジを果たし、日本に上陸した。2リッター直4ターボを搭載するベースグレードの走りを試す。
  • サーブ9-3スポーツセダン エアロ2.0T(5AT)【試乗記】 2003.4.29 試乗記 サーブ9-3スポーツセダン エアロ2.0T(5AT)
    ……470.0万円

    2003年1月から日本で販売が開始された、サーブの新しいスポーティセダン「9-3」。エアロパーツや17インチタイヤを装着し、210psのハイパワーユニットを搭載するトップグレード「エアロ2.0T」に、webCG記者が試乗した。


  • サーブ「9-3」「9-5」の2005年モデル発売 2004.12.2 自動車ニュース ゼネラルモーターズ・アジアパシフィック・ジャパンは、サーブの2005年モデル「9-3スポーツセダン」「9-3カブリオレ」「9-5セダン」「9-5エステート」全12車種を、2004年12月4日に発売する。内容は装備面での小変更が主だ。
  • サーブ9-5 2011.6.30 画像・写真 2011年3月18日に発売されたサーブのフラッグシップモデル「9-5」。震災の影響で3カ月ほど遅れて実車のお披露目会が行われた。
  • サーブ9-5エアロXWD(4WD/6AT)【試乗記】 2011.8.3 試乗記 サーブ9-5エアロXWD(4WD/6AT)
    ……721万9000円

    13年ぶりにフルモデルチェンジした「サーブ9-5」。“二枚目”なスタイリングに生まれ変わった新型の、走り方はいかに? 最上級のスポーティグレード「エアロXWD」に試乗した。
  • サーブ9-3スポーツセダン アーク2.0t(5AT)【試乗記】 2003.4.19 試乗記 サーブ9-3スポーツセダン アーク2.0t(5AT)
    ……415万円

    2003年2月8日から日本での販売が開始された新型「サーブ9-3」。3/5ドアのハッチバックボディから4ドアボディに変更された。上級モデル「アーク2.0t」に自動車ジャーナリスト金子浩久が試乗する。


  • Tとt、新型サーブ9-3はどう違う? 1998.12.16 自動車ニュース 「サーブ9-3」の1999年モデルに、山梨県河口湖周辺で試乗した。今回からエンジンがすべて2リッター・ターボに統一されたのが特徴だ。加給圧の違いで「T」と「t」が設定されている。「サーブ9-3」シリーズ1999年モデルの大きな特徴は、2リッター直4DOHC低圧ターボエンジンを搭載する「2.0t」がセダン、カブリオレともに設定されたことだ。これにより、2.3リッター直4の「2.3i」が生産中止となり、我が国に輸入されているサーブ車はすべてターボつきとなった。また今回からオートエアコンが全車に標準装備となっている。まず、新しいロープレッシャーターボエンジンを搭載する「9-3 2.0t」(340.0万円)に乗ってみた。154ps/5500rpmの最高出力と22.3kgm/3600rpmの最大トルクを発生するエンジンは、低回転域から十分なトルクがあり、そこからフラットにトルクを発生させる。ターボラグもほとんど感じられず、扱いやすさが印象に残った。ただしエンジンノイズはやや大きく、回転の感触にも価格相応の質感が不足している感じがした。また、中低速でステアリング中立付近の不感帯がやや大きいのが気になったけれど、これは馴れてしまえば気にならなくなる程度のことだ。室内の居心地のよさはサーブのよき伝統だ。モダンなデザインのフロントシートは小ぶりだが、クッションの硬さと柔らかさのバランスがちょうどよくて、かけ心地はよい。後席は決して広くはないけれど、大人2人なら十分にくつろげる。さらに「包まれ感」の強い室内造形とあいまって、洞窟の中にいるような独特の安心感がある。サスペンションの設定は柔らかめで快適なのだが、荒れた路面ではリアサスペンションの突き上げが大きく、後席に座っていると落ち着かないのが少し気になった。つぎに「9-3 SE 2.3T」(395.0万円) にも試乗してみた。こちらは同じ直4DOHCターボながらブースト圧を高めたモデルだ。最高出力は185ps/5750rpm、最大トルクは23.5kgm/2000rpmとなっている。低圧ターボ版と比べるとさすがにパワーに余裕があり、追い越し加速でイライラするようなことはない。2000rpm以下の回転域こそ相対的にトルクが細い感じがするものの、そこから上では豊かなトルクをフラットに発生する。信号グランプリでカタルシスを得たりするようなタイプではないが、高速道路をクルーズしたりするには気持ちのよいエンジンだ。タイヤサイズは「小文字のt」が195/60VR15に対して大文字のT」では205/50ZR16に拡大されている。そのせいなのかサスペンションの設定に多少の変更があるのか、「大文字のT」のほうは低速域でこそ細かな凹凸を拾うけれど、時速80kmを越えるあたりから乗り心地がしっとりと落ち着いてくる。そこから時速140kmあたりまでがこのクルマのいちばん得意とする速度域だろう。そのミズスマシのように軽快で滑らかな走行感覚は、さすがに航空機メーカーの作ったクルマだなあという感じがした。「小文字のt」と「大文字のT」の価格差は55万円。装備の差としてはエンジンとタイヤ/ホイール、ウッドパネル、リアスポイラー程度である(本革シート、サンルーフなどはともにオプション設定)。そう考えると個人的には「小文字のt」で十分じゃないか、と思う。あるいは「大文字のT」のほうをさらにスポーティな設定にするとか、2つのグレードのキャラクター分けをもう少し明確にしたほうがよいのではないか、と思われた。 ちなみに試乗会場には1999年はじめに導入される「9-5シリーズ」の追加モデル、「9-5グリフィン3.0t」と、「9-5SE 2.3t エステート」も展示されていた。とくにサーブとしてはひさびさのワゴンとなるエステートは、デザインが個性的で、使い勝手もよさそうだった。早く乗ってみたいものです。(Web CG スヤマ)
  • サーブ9-3スポーツエステート エアロ(FF/6AT)【試乗記】 2008.3.7 試乗記 サーブ9-3スポーツエステート エアロ(FF/6AT)
    ……615万9000円

    フロントマスクが大胆で力強い印象になった新型「サーブ9-3」。スポーツサスペンション搭載のトップグレード「エアロ」で乗り心地を試す。
  • サーブ9-3スポーツセダン アーク2.0t(5AT)【ブリーフテスト】 2003.4.1 試乗記 ……415.0万円
    総合評価……★★★★




ホームへ戻る