欧州COTY受賞車、新型「ルノー・ルーテシア」は3月発売

2006.01.25 自動車ニュース

欧州COTY受賞車、新型「ルノー・ルーテシア」は3月発売

「2006ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞したルノーのコンパクトハッチ、新型「クリオ」こと日本名「ルーテシア」が、2006年3月に上陸する。
日本発売を前に、新型ルーテシア担当プロダクトマネージャーのローランド・ペルノが来日し、商品説明を行った。

■新型ルーテシアは3代目

初代クリオは、1990年に欧州で発売され、1991年には欧州カー・オブ・ザ・イヤーを獲得。1998年のモデルチェンジで2代目へと進化、以来合計で約850万台がラインオフされたという。

昨2005年10月に彼の地で新型がデビューし、同車として2度目の欧州COTYを受賞。ヨーロッパの3分の1以上を占めるという激戦コンパクトカー・セグメントで戦うニュー・クリオあらためルーテシアが、3月に日本へとやってくる。

新型のセリングポイントは、「スタイリッシュな外観デザインと輸入コンパクトカー最多の全13色のボディカラー、ミディアムクラスに迫る高品質なインテリア、コンパクトクラスでありながらクラス最大となるホイールベースによる高い走行安定性、快適性」なのだという。

さらに、欧州で行われる衝突安全試験ユーロNCAPで最高ランクの5つ星を獲得した安全性もアピールされた。

ボディサイズはひとまわり拡大され、全長は3990mmとグンと伸びた。彼の地には1.2リッター、1.4リッター、1.6リッターのガソリンエンジンと、1.5リッターディーゼルが用意されるというが、このうち日本市場には1.6リッターの4段AT、5段MTを投入。3ドア、5ドアのバリエーションを揃える。
価格は100万円台後半からで、3月上旬に発表、中旬にリリースを予定する。

(webCG 有吉)

ルノー・ジャポン:
http://www.renault.jp/

欧州COTY受賞車、新型「ルノー・ルーテシア」は3月発売の画像



欧州COTY受賞車、新型「ルノー・ルーテシア」は3月発売の画像



欧州COTY受賞車、新型「ルノー・ルーテシア」は3月発売の画像



欧州COTY受賞車、新型「ルノー・ルーテシア」は3月発売の画像

関連キーワード:
ルーテシアルノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール18 2018.4.24 画像・写真 F1マシンをモチーフにしたカラーリングが特徴で、F1マシンと同じモデル名を冠した「ルノー・ルーテシア ルノースポール18」。5月に正式発表される限定モデルのディテールを、写真で紹介する。
  • 「ルーテシア ルノースポール」に黒いボディーが魅力の限定車 2018.4.23 自動車ニュース ルノー・ジャポンが特別仕様車「ルーテシア ルノースポール18」をファン向けに公開。ベースとなったのは「ルノースポール トロフィー」で、ブラックアウトされたボディーなどが特徴となっている。詳細や価格などは5月の正式発表でアナウンスされる。
  • ルノー・カジャー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2018.5.30 試乗記 ルノーの新型SUV「カジャー」に試乗。巷間(こうかん)言われているとおり、その“生い立ち”は、確かに日産とのアライアンス関係によるもの。しかし、ひとたび走らせてみると、ルノーらしい味付けがしっかりと効いた、どこか懐かしみを感じるクルマに仕上がっていた。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 RRのコンパクトハッチバック「ルノー・トゥインゴ」に、高性能モデルの「GT」が登場! 長らくフランス車を愛好してきた“エンスー”の目に、その走りはどのように映ったのか? 動力性能だけでは語り尽くせない、その魅力をリポートする。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
ホームへ戻る