欧州COTY受賞車、新型「ルノー・ルーテシア」は3月発売

2006.01.25 自動車ニュース

欧州COTY受賞車、新型「ルノー・ルーテシア」は3月発売

「2006ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞したルノーのコンパクトハッチ、新型「クリオ」こと日本名「ルーテシア」が、2006年3月に上陸する。
日本発売を前に、新型ルーテシア担当プロダクトマネージャーのローランド・ペルノが来日し、商品説明を行った。

■新型ルーテシアは3代目

初代クリオは、1990年に欧州で発売され、1991年には欧州カー・オブ・ザ・イヤーを獲得。1998年のモデルチェンジで2代目へと進化、以来合計で約850万台がラインオフされたという。

昨2005年10月に彼の地で新型がデビューし、同車として2度目の欧州COTYを受賞。ヨーロッパの3分の1以上を占めるという激戦コンパクトカー・セグメントで戦うニュー・クリオあらためルーテシアが、3月に日本へとやってくる。

新型のセリングポイントは、「スタイリッシュな外観デザインと輸入コンパクトカー最多の全13色のボディカラー、ミディアムクラスに迫る高品質なインテリア、コンパクトクラスでありながらクラス最大となるホイールベースによる高い走行安定性、快適性」なのだという。

さらに、欧州で行われる衝突安全試験ユーロNCAPで最高ランクの5つ星を獲得した安全性もアピールされた。

ボディサイズはひとまわり拡大され、全長は3990mmとグンと伸びた。彼の地には1.2リッター、1.4リッター、1.6リッターのガソリンエンジンと、1.5リッターディーゼルが用意されるというが、このうち日本市場には1.6リッターの4段AT、5段MTを投入。3ドア、5ドアのバリエーションを揃える。
価格は100万円台後半からで、3月上旬に発表、中旬にリリースを予定する。

(webCG 有吉)

ルノー・ジャポン:
http://www.renault.jp/

欧州COTY受賞車、新型「ルノー・ルーテシア」は3月発売の画像



欧州COTY受賞車、新型「ルノー・ルーテシア」は3月発売の画像



欧州COTY受賞車、新型「ルノー・ルーテシア」は3月発売の画像



欧州COTY受賞車、新型「ルノー・ルーテシア」は3月発売の画像

関連キーワード:
ルーテシアルノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 前編:新型「メガーヌGT」で駆ける 2018.1.31 最新ルノー・スポールを愉しむ<PR> ルノーのスポーツモデルには、同社のモータースポーツ活動を担うルノー・スポールの知見と技術が生かされている。その醍醐味(だいごみ)を、まずは新型「メガーヌGT」の走りを通して堪能した。
  • 「フェラーリ・ポルトフィーノ」が日本デビュー 2018.2.19 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2018年2月19日、東京都千代田区のパレスホテル東京において、新型オープンスポーツカー「ポルトフィーノ」を日本初公開した。税込み価格は2530万円となる。
  • 5人で寝られる「メルセデス・ベンツV220dマルコ・ポーロ ホライゾン」登場 2018.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2018年2月2日、「メルセデス・ベンツVクラス」のモデルラインナップに「V220dマルコ ポーロ ホライゾン」を追加設定し、同日、注文受け付けを開始した。納車は同年7月ごろとなる見込み。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
ホームへ戻る