欧州COTY受賞車、新型「ルノー・ルーテシア」は3月発売

2006.01.25 自動車ニュース

欧州COTY受賞車、新型「ルノー・ルーテシア」は3月発売

「2006ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞したルノーのコンパクトハッチ、新型「クリオ」こと日本名「ルーテシア」が、2006年3月に上陸する。
日本発売を前に、新型ルーテシア担当プロダクトマネージャーのローランド・ペルノが来日し、商品説明を行った。

■新型ルーテシアは3代目

初代クリオは、1990年に欧州で発売され、1991年には欧州カー・オブ・ザ・イヤーを獲得。1998年のモデルチェンジで2代目へと進化、以来合計で約850万台がラインオフされたという。

昨2005年10月に彼の地で新型がデビューし、同車として2度目の欧州COTYを受賞。ヨーロッパの3分の1以上を占めるという激戦コンパクトカー・セグメントで戦うニュー・クリオあらためルーテシアが、3月に日本へとやってくる。

新型のセリングポイントは、「スタイリッシュな外観デザインと輸入コンパクトカー最多の全13色のボディカラー、ミディアムクラスに迫る高品質なインテリア、コンパクトクラスでありながらクラス最大となるホイールベースによる高い走行安定性、快適性」なのだという。

さらに、欧州で行われる衝突安全試験ユーロNCAPで最高ランクの5つ星を獲得した安全性もアピールされた。

ボディサイズはひとまわり拡大され、全長は3990mmとグンと伸びた。彼の地には1.2リッター、1.4リッター、1.6リッターのガソリンエンジンと、1.5リッターディーゼルが用意されるというが、このうち日本市場には1.6リッターの4段AT、5段MTを投入。3ドア、5ドアのバリエーションを揃える。
価格は100万円台後半からで、3月上旬に発表、中旬にリリースを予定する。

(webCG 有吉)

ルノー・ジャポン:
http://www.renault.jp/

欧州COTY受賞車、新型「ルノー・ルーテシア」は3月発売の画像



欧州COTY受賞車、新型「ルノー・ルーテシア」は3月発売の画像



欧州COTY受賞車、新型「ルノー・ルーテシア」は3月発売の画像



欧州COTY受賞車、新型「ルノー・ルーテシア」は3月発売の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2016.3.16 試乗記 「ルノー・ルーテシア」がマイナーチェンジを受け、1.2リッター直4ターボエンジンと6段ATの設定が変更された。最新型の“街中性能”を、上級グレード「インテンス」の試乗を通じてチェックする。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • アペリティフ365 in東京の会場から 2017.5.19 画像・写真 東京・渋谷区の代官山ヒルサイドテラスで、「アペリティフ365 in東京」が開催された。フランス人が好むとされる、食事の前に飲み物とアミューズ(おつまみ)を楽しむ“アペリティフ”という習慣を、日本でも楽しもうというイベントである。会場の様子を写真でリポートする。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • 第1回:お手ごろ価格でも楽しさは満点
    輸入車チョイ乗りリポート~アンダー300万円編~
    2017.2.14 JAIA輸入車試乗会2017 インポートカーの魅力はお値段に比例しない!? 年に一度の輸入車の祭典「JAIA合同試乗会」が、今年も神奈川・大磯ロングビーチで開催された。まずは300万円以下のエントリーモデルのなかから、編集部員が注目した3台の魅力をリポートする。
ホームへ戻る