欧州COTY受賞車、新型「ルノー・ルーテシア」は3月発売

2006.01.25 自動車ニュース

欧州COTY受賞車、新型「ルノー・ルーテシア」は3月発売

「2006ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞したルノーのコンパクトハッチ、新型「クリオ」こと日本名「ルーテシア」が、2006年3月に上陸する。
日本発売を前に、新型ルーテシア担当プロダクトマネージャーのローランド・ペルノが来日し、商品説明を行った。

■新型ルーテシアは3代目

初代クリオは、1990年に欧州で発売され、1991年には欧州カー・オブ・ザ・イヤーを獲得。1998年のモデルチェンジで2代目へと進化、以来合計で約850万台がラインオフされたという。

昨2005年10月に彼の地で新型がデビューし、同車として2度目の欧州COTYを受賞。ヨーロッパの3分の1以上を占めるという激戦コンパクトカー・セグメントで戦うニュー・クリオあらためルーテシアが、3月に日本へとやってくる。

新型のセリングポイントは、「スタイリッシュな外観デザインと輸入コンパクトカー最多の全13色のボディカラー、ミディアムクラスに迫る高品質なインテリア、コンパクトクラスでありながらクラス最大となるホイールベースによる高い走行安定性、快適性」なのだという。

さらに、欧州で行われる衝突安全試験ユーロNCAPで最高ランクの5つ星を獲得した安全性もアピールされた。

ボディサイズはひとまわり拡大され、全長は3990mmとグンと伸びた。彼の地には1.2リッター、1.4リッター、1.6リッターのガソリンエンジンと、1.5リッターディーゼルが用意されるというが、このうち日本市場には1.6リッターの4段AT、5段MTを投入。3ドア、5ドアのバリエーションを揃える。
価格は100万円台後半からで、3月上旬に発表、中旬にリリースを予定する。

(webCG 有吉)

ルノー・ジャポン:
http://www.renault.jp/

欧州COTY受賞車、新型「ルノー・ルーテシア」は3月発売の画像



欧州COTY受賞車、新型「ルノー・ルーテシア」は3月発売の画像



欧州COTY受賞車、新型「ルノー・ルーテシア」は3月発売の画像



欧州COTY受賞車、新型「ルノー・ルーテシア」は3月発売の画像

関連キーワード:
ルーテシアルノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.11.23 試乗記 ルノーのCセグメントハッチバック「メガーヌ」がモデルチェンジ。その第1弾として、標準モデルとともに日本に導入されたのが、高性能版の「GT」だ。箱根のワインディングロードで、ルノー・スポールが手がけたこだわりのハンドリングを満喫した。
  • ルノー・メガーヌ スポーツツアラーGT(FF/7AT)【レビュー】 2017.12.2 試乗記 40mm長いホイールベースを持つ新型「ルノー・メガーヌ」のワゴンモデル「メガーヌ スポーツツアラー」。ロングドライブの機会が多いモデルだからこそ浴することのできる、4輪操舵の恩恵とは? ハッチバックとは一味違う、その走りをリポートする。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記
  • トヨタ・ヴィッツGRスポーツ“GR”(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.18 試乗記