三菱の意欲作、新型ミドシップ軽「i(アイ)」デビュー

2006.01.24 自動車ニュース

三菱の意欲作、新型ミドシップ軽「i(アイ)」デビュー

三菱自動車は、新しい軽自動車「i(アイ)」を、2006年1月24日に発売した。

■「革新的なプレミアムスモール」

急遽WRCワークス活動を休止し、ラインナップ縮小もささやかれる経営再建中の三菱自動車にとって、「i(アイ)」は自らの存在をアピールする意味で重要なモデルといえる。

「eK」シリーズで定評を得た三菱が放つ新型軽は、新開発エンジンをリアアクスル前にマウントしたユニークな「リア・ミドシップレイアウト」プラットフォームに、曲線を多用した斬新な意匠(衣装)を纏って登場。
「未来的で上質なスタイリング」「軽快なハンドリングと快適な乗り心地」「全方位からの優れた衝突安全性」を実現したと謳われる、スリーダイヤモンドの意欲作だ。商品コンセプトは「軽自動車の新時代を切り拓く革新的なプレミアムスモール」。

アルミ製シリンダーブロックを使った直3「MIVEC」ターボに、4段ATの組み合わせ。2WD(MR)と4WDを用意する。
価格は、128.1万円から161.7万円までと、軽としては高くコンパクトカー並みのプライスタグを付ける。販売目標台数は月5000台という。

■デザインとスペース=リアミドシップ

最近のミドシップ軽といえば「ホンダZ」を思い出すが、市場での成功は見られなかった。
三菱は、軽規格という物理的な足枷と向き合い、いかにデザインで差別化を図り、かつ車内空間を広くとれるかを考えた結果、リアミドシップに辿り着いたという。

おかげで、タイヤを四隅ギリギリに配することができ、ホイールベースは「トヨタ・ヴィッツ」をも上回る2550mmまで長くすることができた。
さらにエンジンその他コンポーネンツをフロントからなくすことでデザインの自由度も増した。
前後の重量配分にだって有利に働くというからハンドリング性能でも期待が持てる(前:後=45:55)。ガソリンタンクをボディ中央に配してバランスもとった。

繭のような丸いフォルムのボディは、全長×全幅×全高=3395×1475×1600mmという標準的な軽のディメンションゆえに、2550mmというホイールベースの長さが突出している(たとえば「スズキ・ワゴンR」なら2360mm、同じ三菱の「コルト」は2500mm)。

サスペンション形式は、前マクファーソンストラット式、後3リンク・ド・ディオン式と、「スマート・フォーツー」とコンセプトを同じくする。前145/65R15、後175/55R15という、軽にしては大径な15インチタイヤを採用し、荷重のかかるリアは太めとした。

■エンジンは45度傾斜

新調したMIVEC(連続可変バルブタイミング)付き0.66リッター直3DOHC12バルブ・ターボ・インタークーラー付きは、64ps/6000rpm、9.6kgm/3000rpmというアウトプット。45度傾けてマウントされ、低重心化を図った。
冷却対策は、走行時にボディ床下の空気の流れを整流することでパワーユニットをクールダウンさせる仕組みがとられた。

トランスミッションは、駆動力の伝達ロスを抑えるというロックアップ機構付きトルコンの4段オートマチックだ。
4WDは、ビスカスカプリング式フルタイム4WD。路面や走行状況に応じて後輪から前輪に駆動力を最適配分するというものである。

エコ・パフォーマンスは、10・15 モード燃費で18.4km/リッター(2WD)、全車「平成17年基準排出ガス50%低減レベル」と「平成22年度燃費基準」に適合している。

装備面では、キー携帯で解錠・施錠、エンジン始動ができる「キーレスオペレーションシステム」やAM/FMラジオ付きCDプレーヤーなどを用意。助手席グローブボックス、シークレットボックスや、引き出し式カップホルダーなど収納を設け、後席は5:5分割可倒式とした。

(webCG 有吉)

【関連記事】
【東京モーターショー2005】「森口将之はこう見る!」三菱i(アイ)
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000017399.html
三菱、新型SUV「アウトランダー」などの新エンジンを発表
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000016994.html

三菱自動車「i」:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/i/

三菱の意欲作、新型ミドシップ軽「i(アイ)」デビューの画像

「革新の未来形スモールである i には、軽自動車の枠にとどまらない新技術を投入している」と、新型車に自信をみせる、三菱自動車工業の益子修社長。

「革新の未来形スモールである i には、軽自動車の枠にとどまらない新技術を投入している」と、新型車に自信をみせる、三菱自動車工業の益子修社長。



三菱の意欲作、新型ミドシップ軽「i(アイ)」デビューの画像



三菱の意欲作、新型ミドシップ軽「i(アイ)」デビューの画像



三菱の意欲作、新型ミドシップ軽「i(アイ)」デビューの画像



三菱の意欲作、新型ミドシップ軽「i(アイ)」デビューの画像

ミドシップされるエンジンには、ラゲッジルームからアクセスすることになる。

ミドシップされるエンジンには、ラゲッジルームからアクセスすることになる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 三菱eKカスタムT Safety Package(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2015.12.22 試乗記 発売から約2年を経て、燃費、走り、装備、デザインと全方位的な大幅改良を受けた「三菱eKワゴン/カスタム」。競争が激化する軽市場において、独自の存在感をどれだけ示せるか。絶対的な性能だけではなく、市場における“立ち位置”も含めてチェックしてみた。
  • マツダが「ロードスターRF」の予約受け付けを開始 2016.11.10 自動車ニュース マツダがリトラクタブルハードトップのスポーツモデル「ロードスターRF」の予約受け付けを開始した。ルーフの開閉は、ロックの解除も含めボタンひとつで操作可能。ロードスターとしては日本初導入の2リッターエンジンも特徴となっている。
  • 三菱eKスペース カスタムT e-Assist(FF/CVT)/eKスペースG e-Assist(FF/CVT)【試乗記】 2015.5.26 試乗記 三菱が軽スーパーハイトワゴン「ekスペース」に年次改良を実施。燃費の改善やカラーバリエーションの追加など、細部にわたり改良が施された同車の実力に触れるとともに、解決すべき課題を探った。
  • 三菱eKワゴンG(FF/CVT)/eKカスタムT(FF/CVT)【試乗記】 2013.6.26 試乗記 軽トールワゴンという激戦区に、満を持して登場した「eKワゴン」。このジャンルを切り開いた三菱自動車の“期待の星”は、何を武器にライバルと戦うのか。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
ホームへ戻る