第249回:是か非か、行政インターネット改革!知ってました? ネットで車庫証明!

2006.01.23 エッセイ

第249回:是か非か、行政インターネット改革!知ってました? ネットで車庫証明!


第249回:是か非か、行政インターネット改革!知ってました? ネットで車庫証明!

■本義的にはいいモノだけど……

いやー、驚いたよ驚いた。知らなかった知らなかった。
っていうか俺も人づてに聞いただけなんだけど、実は、昨年末12月26日にクルマユーザーにとって朗報! と一瞬思えるような大改革が行われていたのだ。それは、ネットで車庫証明が取れるようになったという事実!!

詳しくは国土交通省の関連ホームページ(http://www.e-onestop.jp/)をみてもらえればわかるんだけど、その名も『ワンストップサービス』というシステム。
簡単に言えば、車庫証明だけでなく、車検関係、登録関係、自動車諸税の納付といった具合のクルマ保有関係手続きもろもろを、紙を使わずインターネットでできちゃうってシロモノなんだけど、これが聞いてみれば問題アリアリ。というのもやたらメンドクサイのである。

ノリは高速道路のノンストップ自動料金収受システム、ETCと似ている。というのも確かに本義的にはいいモノだと思うけど、手続きがやたら煩雑で、お金がかかり、「実は新たな利権団体作りたいだけなんじゃないの〜」って思っちゃえたりするのだ。

必要なのは、PCとスキャナーと……。
第249回:是か非か、行政インターネット改革!知ってました? ネットで車庫証明!

■一般人には無理!

で、実際にこのワンストップサービスを「民間で使ったのは俺が初めてなんじゃないかなぁ……」って豪語する、知り合いのIさんに聞いてみたところ、問題は明確だった。

「必要なのはインターネットに繋がるウィンドウズのコンピューターと、スキャナーとICカードリーダーなんだけど、このカードリーダーが問題なわけですよ」
そう、対応コンピューターソフトはウィンドウズだけでマックはNG! ってのは一部ファンを除き瑣末な問題(スイマセン)。スキャナーもまあ家庭用でOKみたいだし目をつぶろう。一番の問題はICカードリーダーが必要なこと。こんなの普通の人が持ってるわけないジャン!

しかもこのICカードリーダーに読み込ませる公的個人認証用のICカードってのがさらなるポイント。そう、これは例の国家的プライバシー問題でもある“住基ネット用”のものであり、一概にこれを否定するわけにもいかないが、うがった見方をすれば、このワンストップサービスは住基ネットの普及活動の一環とも取れなくもないのだ。

あとね。実際に俺もホームページからアクセスして、登録のシミュレーションでもしてみようかと思ったけど、すぐ断念。なんつーか、コンピュータオタクが、誰にも後ろ指さされないように完璧に作ったプログラムって感じで、やたらメンドクサイ。ハッキリ言って、こらえ性のないシロウトにはムリです。だから実際問題、コイツを使い始めるのはクルマディーラーであり、彼らが代行活動をすることにより、普及し始めるとは思うんだけど。ただ不安もあって、ユーザーには「ネットで車庫証明取りました」って告知する義務があるみたいなんだけど、ホントにそんなことするのかなぁ〜って感じもする。ネットで簡単に証明取っといて、「2万円です!」とか言いそうじゃない?

ってな具合に、まだまだ一般人にゃ使いにくそうなワンストップサービス。今後の展開を見張る必要がありそうですな。

(文と写真=小沢コージ/2006年1月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』