第21回輸入車試乗会 (前編:現役古株モデル篇)【試乗記】

第21回輸入車試乗会(前編:現役古株モデル篇) 2001.02.07 試乗記 ルノー・トゥインゴシトロエン・エグザンティアシボレー・カマロ2001年2月6日から、神奈川県は大磯で、プレス向けの第21回輸入車試乗会が開かれた。21社、100台を超える輸入車が一同に会する一大イベント。日々最新モデルのテストに追われるwebCGスタッフは、温故知新、息の長い古株モデルに乗ってみた。
【スペック】
全長×全幅×全高=3425×1630×1435mm/ホイールベース=2345mm/車重=850kg/駆動方式=FF/1.1リッター直4SOHC8バルブ(58ps/5250rpm、9.3kgm/2500rpm)/車両本体価格=149.0万円
 

『素のクルマ』ルノー・トゥインゴPack(5MT)

1992年のパリサロンでデビューした、丸目、キュートなスタイルがウリのルノーのボトムレンジモデル。日本には、95年から導入が始まった。
2年後には、エンジンがOHVからSOHCに変更され、排気量が90cc縮小されたにもかかわらず、出力が6psと0.2kgmアップした……てなことは、このクルマの場合あまり重要ではない。

サイズは小さめだが、クッション豊かなやさしいシートは、座っただけでココロ安らぐ。オモチャ然としたインパネ、鉄板むき出しのAピラー、シーズンごとに変わるシート地が楽しい。着座位置は高く、一方、サイドガラスの下端が低いので、開放感は抜群。

エンジンは非力だが、ロウで47km/h、セカンドで86km/hまでカバーする低いギア比の5MTを駆使すれば、街なかでも痛痒感はない。路面からのステアリングへの入力は直接的だが、155/70R13という細く、厚めのタイヤを履くトゥインゴの乗り心地は、けっして悪くない。内外のポップなデザインに、多少の古さを感じるヒトがいるかもしれないが、「素のクルマ」の良さは色あせない。

(webCGアオキ)

【スペック】カッコ内はブレーク
全長×全幅×全高=4525(4710)×1755×1400(1420)mm/ホイールベース=2740mm/車重=1350(1400)kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(130ps/5500rpm、
18.7kgm/4200rpm)/車両本体価格=299.0(319.0)万円
 

サラっとこなす「アバンギャルド」シトロエン・エグザンティア・リミテッドエディション(4AT)&シトロエン・エグザンティアブレーク・リミテッドエディション(4AT)

シトロエンのミドルレンジを担う「エグザンティア」。1992年にセダンが、3年後にブレーク(ワゴン)が誕生。4ドアにノッチ付きのテールゲートというボディが、いかにもフレンチ。
スプリングのかわりにオイルと窒素ガスを使用したいわゆる「ハイドロ」サスペンションは、上級グレードの「ハイドラクティブII」と、ノーマルの「ハイドロニューマチック」に分かれる。前者は、電子制御アクティブサスの性格を付与したもの。とはいえ、スフィアの数は違っても、基本は変わらない。

今回出展されたリミテッドエディションは、2リッター直4ユニット(130ps、18.7kgm)搭載の「SX」に、特別仕様の内外装を与えたモデル。薄い空色のボディカラー「ブルーレマン」が、目玉色(ブレークがそれ)。

キーを回すと、スクッと尻から立ち上がる感じが独特である。座面が長めのシートには、シンナリとした肌触りの生地が使われ、やんわり柔らかい。ハイドロサスによるソフトな乗り心地に、寄与するところ大。
路面の悪い西湘バイパスでも、滑るようなドライブフィール。かつての弱点だった突き上げ処理も、うまくこなすようになった。モデル末期に進む、さらなる熟成。サラッとこなす「アバンギャルド」。
(webCG有吉)

【スペック】
全長×全幅×全高=4910×1890×1320mm/ホイールベース=2565mm/車重=1560kg/駆動方式=FR/5.7リッターV8OHV16バルブ(288ps/5200rpm、44.6kgm/4000rpm)/車両本体価格=353.0万円
 

『それいけ、288バリキ!』シボレー・カマロZ28(4AT)

1992年に登場したシボレーのスペシャルティカー、4代目カマロ。「Z28」の名称は、初代以来、ハイパフォーマンスモデルに与えられる。
現行Z28は、ピュアスポーツ「コーベット」と基本的に同じ、伝統的なプッシュロッドユニット「LS1」を搭載する。5200rpmで288psの最高出力、4000rpmで44.6kgmの最大トルクを発生する、アウトプットの大きなエンジンだ。オーバーヒート対策に、冷却水のレベルが一定以下に減少すると自動的に複数のシリンダーを休止する、ユニークな「リムホーム(Lime Home)」機構を備える。

「RV」「SUV」全盛の、現在の日米自動車市場ではまるで流行らない、ペタッと低い着座位置。ルーフが低く、グラスエリアは上下に狭い。「ワル」な閉所感あり。

キーを捻ったとたん、アメリカンV8が存在を主張する。腹に響く回転音。低音の魅力。ビッグトルクを武器に全力加速を敢行すると、ホイルスピンせんばかりに、1560kgのボディを「グワッ!」と押し出す。迫力満点。
ただし、ときにわななくボディが、時の流れを感じさせる。4段オートマチックトランスミッションも、滑りが多くて古くさい

シボレー・カマロ、見た目から想像するよりハンドリングはよくて、山道が楽しい。
暴れがちなリアサスを押さえながらガスペダルを踏み込むと、「オレって、マッチョ!?」。それいけ、288バリキ! ただし小回りは苦手。
(webCGアオキ)

(写真=河野敦樹/撮影=スパルコ・フランキーニ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

トゥインゴの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • ルノー・カングー ゼンEDC(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.2 試乗記 「ルノー・カングー」に、1.2リッター直噴ターボエンジンとデュアルクラッチ式6段ATを搭載した新グレード「ゼンEDC」が登場。フランスの知日家エンジニアが取りまとめたという“日本向けカングー”の乗り味とは?
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
ホームへ戻る