【スペック】全長×全幅×全高=4710×1815×1490mm/ホイールベース=2755mm/車重=1720kg/駆動方式=4WD/2.5リッター直5DOHC20バルブ(300ps/5500rpm、40.8kgm/1950-5250rpm)/価格=729万円(テスト車=751万2000円/パールペイント=10万8000円/セキュリティパッケージ=8万1000円/レインセンサー=1万5000円/アクティブキャビンフィルター=1万8000円)

ボルボV70R(4WD/6AT)【試乗記】

「300馬力、400ニュートン」だけじゃない 2006.01.19 試乗記 ボルボV70R(4WD/6AT)……751万2000円これまでは限定モデルだったボルボ「S60」「V70」に設定される「R」シリーズが、06からカタログモデルになった。新しい「V70R」に、雪の鹿児島で試乗した。

モンスターと競う気はない

ついに、「R」がボルボのラインナップに加わることになった。これまでは限定モデルとして販売されてきた「S60R」「V70R」が、いつでも買えるモデルとしてカタログに載るのだ。いよいよボルボもハイパワー競争に参戦するのか、というと、そういうわけでもない。Rといっても、意味するところは「レーシング」ではなく「リファインメント」であるというのが、ボルボの主張である。「ドイツのモンスターと競う気は毛頭ない」と、明快な説明があった。

もちろん、ボルボ最強のモデルであることは確かで、直列5気筒2.5リッターエンジンはハイプレッシャーターボを得て300馬力を誇る。この数値は従来どおりなのだが、最大トルクは05モデルから14パーセント向上し、40.8kgm(400Nm)となった。「300馬力、400ニュートン」というのが、06モデルのキャッチワードである。

そのほかにも、いくつかの変更点がある。アイシンAW製のオートマティックトランスミッションが5段から6段になり、CVC(コンプリート・ビークル・コントロール)システムによりエンジンと一体となって制御される。もちろんギアトロニック仕様で、マニュアルモードを備える。他のモデル同様、プレチャージ式電子制御AWDシステムを採用した。新専用色としてソニックブルーパールとエレクトリックシルバーメタリックを採用したのも、新しい要素だ。試乗したのは、ソニックブルーパールのモデルである。

DTSCオフを選択できるが……

さあ、「300馬力、400ニュートン」の威力を存分に試そうではないか。試乗地は鹿児島で、ここには指宿スカイラインという素敵に楽しいドライビングのステージが用意されている――と意気込んでいたのだが、朝起きてみると窓からの景色は白一色。思いきり雪が積もっているではないか。全国的な寒波の影響で、鹿児島は1917年(ロシア革命の年!)以来の記録更新となる11センチの積雪なのだった。テレビのニュースは、高速道路の全線通行止めを伝えている。

それでも雪は小降りになりつつあるし、なんとかなるのではないかとあてのない希望を抱きつつ出かけることにした。DSTC(ダイナミック・スタビリティ&トラクション・コントロール)によって、滑りやすい路面でも安全なはずだ。ただ、Rシリーズはボルボとしては異例なことに、このシステムをカットする機構が備えられている。DSTCのボタンを一度押すと制御の介入のタイミングが遅らされ、1秒間隔で5度押すと完全に解除されるのだ。

つい、DSTCなしではどんな挙動になるのか確かめたい、という衝動に襲われる。ボルボらしく間違ってカットしてしまわないように万全が期されていて、少しでもボタンを押すタイミングがずれるとシステムは反応しない。とりあえず、DSTCオンのままシャーベット上の雪の上でステアリングを切りながらアクセルを強めに踏み込んでみると、いきなりズルッと横に移動した。電子制御だけで乗り切れるような状況ではないらしい。無謀な試みは思いとどまり、慎重に雪道を行くことにした。







速さでなく、高級感を味わう

当初は阿蘇山あたりまで足をのばそうと思っていたのだけれど、高速道路が動かないのだからどうにもならない。下道をゆるゆると走って、桜島を目指すことにした。速く走れなくても、V70Rにはほかの魅力もある。シリーズ最高峰という位置づけだけに、インテリアも高級感が演出されたものになっている。メーターはRのシンボルカラーであるメタルブルーに輝いていて、一目でこのクルマのキャラクターが見てとれる。シートはR専用のスポーツシートで、セミアニリン仕上げにメタリックフィニッシュを施したものだ。オプションの「エクスクルーシブ・ナチュラルハイド」(21万5000円)を選べばさらに高級感のあるシートを手に入れられるが、標準仕様でも十分にゴージャスだ。

ハーマンカードンのプレミアムサウンド・オーディオシステムでマドンナのCDを聴きながら、ゆったりとした空間に包まれながら海岸線を行くと、真っ白に雪化粧した桜島が見えてきた。異様な光景である。相変わらず雪は降り続いていて、時折強い風が流れてきて吹雪のようになる。道をゆくクルマの数は少なく、みんなゆるゆると走行している。桜島に入るとさらに積雪の量が増した。山の上のほうに行ってみたかったのだが、登山道はどこも通行止めだ。仕方なく、フェリーに乗って対岸の鹿児島市に渡って帰ることにした。

そんなわけで、「300馬力、400ニュートン」の半分も使うことなく試乗を終えたのである。Rシリーズに装備された「FOUR-C」と名付けられたアクティブサスペンションには「コンフォート」「スポーツ」に加えて「アドバンスドスポーツ」というモードがあり、その熟成ぶりも試したかったのだが、それもかなわなかった。

試乗の途中で、コーナーでコントロールを失ったのか、コースアウトして停まっているクルマを見かけた。雪なんてめったに見ない土地柄なのだから、無理もない。そんな状態の中で、さほど神経を使わずに安全に走れたということだけは確認できた。リファインメントたる理由の一端は見ることができたと、自分に言い聞かせることにしよう。しかし、正直なところRの別の側面をしっかり見る機会をぜひ持ちたい、と強く感じたのは致し方あるまい。

(文=NAVI鈴木真人/写真=高橋信宏/2006年1月)

関連記事
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
ホームへ戻る