【スペック】全長×全幅×全高=4910×1890×1320mm/ホイールベース=2565mm/車重=1560kg/駆動方式=FR/5.7リッターV8OHV16バルブ(288ps/5200rpm、44.6kgm/4000rpm)/車両本体価格=353.0万円(テスト車=同じ)

シボレー・カマロ Z28(4AT)【ブリーフテスト】

シボレー・カマロ Z28(4AT) 2001.07.31 試乗記 ……353.0万円総合評価……★★★★

■骨太の魅力

カマロには、V6エンジンのスポーツクーペと、V8を積む「Z28」がある。5.7リッターV8は、フロントアクスルより後方、エンジンルームとキャビンを分けるバルクヘッドにめり込まんばかりの位置に置かれ、長いエンジンフードの半分しか占めない。前半はクラッシャブルゾーンだ。
5m弱の全長と、ホイールベース2565mmは、フルサイズ・アメリカ車の堂々たる余裕の雰囲気を伝える。シビアで繊細な操作を要求するタイプではなく、ルーズに座って気儘にドライブできるおおらかさが信条だ。
しかし、決して遅れをとることなく、豪快な駿足ぶりも発揮する。(いまの基準での)“ビッグV8”は、アイドリング時にはドロドロとのどかに回っていても、一旦フルスロットルを与えると、強引ともいえる加速を見せる。独特の味がある。1560kgのボディ重量は、サイズを考えるとそれほど重くはないが、大きなマスが加速を開始する迫力は、小型スポーツカーでは得られないものだ。両手両足で操作する部分も、アシスト付きながら結構重い部類に入る。その男っぽい骨太な感覚がカマロの魅力だ。

【概要】 どんなクルマ?

(シリーズ概要)
1993年に登場した4代目のアメリカンスペシャルティ、カマロ。2565mmのホイールベースこそ先代と同じものの、フロントサスペンションがマクファーソンストラットからダブルウィッシュボーン、ステアリング形式はボール循環式からラック&ピニオンとなった。デビュー当初のエンジンラインナップは、3.4リッターV6と、コーベットゆずりの5.7リッターV8。94年には、クーペボディのほか、コンバーチブルが加わった。V6は、3.8リッターに拡大。98年にフェイスリフトを受け、V8ユニットは、アイアンからアルミブロックとなった。
(グレード概要)
日本に入るのは、3.8リッターV6搭載の「スポーツクーペ」(299.0万円)、やはりV6の「スポーツコンバーチブル」(396.0万円)、そしてV8モデルの「Z28」(353.0万円)の3種類。いずれも、4段ATと組み合わされる。Z28は、革内装となり、タイヤもひとまわり太い。冷却水が足りなくなったときに、シリンダーを交互に休止させながらの走行を可能とする「リムホーム」機能を備える。

【車内&荷室空間】 乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
立体的で表示も大きく、メーター類は視認しやすい。しかし「エンジン回転がどうとか、何km/h出ているとかはあまり問題にしたくない……」。そんな感じで、明るく陽気で独特な雰囲気を醸す。マニュアルなど読まなくとも、感覚で操作できてしまうのがアメリカンなのである。
(前席)……★★★
ルーズにでれっと腰かけても、どこかでちゃんとフィットしているし、特別に疲れることもない。そんな“容量の大きさ”が魅力。絶対的なサイズが大きいとか、形状的に優れているとか、詳細に観察してもそれほどとも思えないが、不満を抱かせないタイプだ。
(後席)……★
一応空間的なものは確保される。リアシートは、脱いだジャケットや、犬などのペットのための居場所だ。だから座り心地を云々すべきものでもないが、短時間の移動なら我慢できるし、チャイルドシートの置き場所としては適当なスペースだ。
(荷室)……★★
おおきなガラスハッチバックを開けると、意外や広い空間が出現する。リアアクスル上は大きなガソリンタンクが占拠するものの、その後ろには深くて広いゴルフバッグなどを積めるスペースがある。しかし開口部は高いところにあるから、重量物を載せるのには不便。

【ドライブフィール】 運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★
低速で転がしていると、走行抵抗が大きく鈍重な感じがするも、一旦スロットルを開けると豪快で暴力的な加速が望める。この迫力はアメリカンV8に特有のものだ。ATは、シフターを操作してマニュアルシフトしても楽しいタイプではない。もっとも、その必要性を感じさせないのも事実。普段は「D」と「R」と「P」だけしか使わない。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★
Z28は、どちらかというと高性能なスポーツタイプであり、アメリカ車のフンワリとした乗り心地を期待するとちょっと違う。しかし硬めてはあっても、サイズと重量ゆえに、位置エネルギーの大きさが姿勢変化の少ないフラットさをつくりだしており、おおむね快適である。クイックなステアリングのギア比と豪快なパワーをもってすれば、ハンドリングも楽しめる。

(写真=清水健太)

【テストデータ】

報告者: 笹目二朗
テスト日: 2001年6月22日
テスト車の形態: 広報車
テスト車の年式: 2001年型
テスト車の走行距離: 3464km
タイヤ: (前)245/50ZR16/(後)同じ(いずれもGoodYear Eagle GS)
オプション装備: --
テスト形態: ロードインプレッション
走行状態: 市街地(2):高速道路(7):山岳路(1)
テスト距離: 300.1km
使用燃料: 42.3リッター
参考燃費: 7.1km/リッター


 
シボレー・カマロ Z28(4AT)【ブリーフテスト】の画像

 
シボレー・カマロ Z28(4AT)【ブリーフテスト】の画像

 
シボレー・カマロ Z28(4AT)【ブリーフテスト】の画像

 
シボレー・カマロ Z28(4AT)【ブリーフテスト】の画像
クリックすると荷室の様子がわかります。
 
クリックすると荷室の様子がわかります。
	 

 
シボレー・カマロ Z28(4AT)【ブリーフテスト】の画像

 
シボレー・カマロ Z28(4AT)【ブリーフテスト】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カマロの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • シボレー・カマロ 2016.12.1 画像・写真 ゼネラルモーターズ・ジャパンが2017年の戦略を説明するビジネスコンファレンスを開催。その席で、2017年に導入する予定の新型「シボレー・カマロ」(米国仕様)を日本初公開した。6代目となる新型カマロの姿を、写真で紹介する。
  • シボレー・カマロSS RS(FR/6AT)【試乗記】 2010.4.13 試乗記 シボレー・カマロSS RS(FR/6AT)
    ……535.0万円

    派手な外観に大排気量V8を組み合わせた「シボレー・カマロ」は、そのスペックから想像するのとはやや異なる味わいのクルマだった。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その26) 2017.3.12 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。キャデラックとシボレーのブースを画像で紹介する。
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
ホームへ戻る