スズキが売るシボレーのコンパクトワゴン「MW」復活

2006.01.18 自動車ニュース
スズキが売るシボレーのコンパクトワゴン「MW」復活

スズキが売るシボレーのコンパクトワゴン「MW」復活

スズキは、シボレーと手を組んで送り出したコンパクトワゴン「シボレーMW」を、2006年1月17日に発売した。

シボレーMWは、ゼネラルモーターズとスズキの資本提携関係により2000年に誕生した、「スズキ・ワゴンRソリオ」ベースのコンパクトワゴンだった。
今回発売したモデルでは、シボレーブランドの個性を強調。スポーティで精悍なイメージの外観とするとともに、内装の質感向上を図った。

外観は前後の大型バンパーや、サイドアンダースポイラー、ルーフエンドスポイラーなどでスポーティ&精悍さを演出。フロントグリルメッキバーとアルミホイールセンターキャップに、シボレーのトレードマクー「ボウタイ」が付く。

前席では本皮を、後席ではソフトレザーを用い、ツートンカラーの本革巻きステアリングホイール、運転席シートヒーター、2DINサイズのMD/CDステレオなどを採用した。

1.3リッターと4段ATの組み合わせ。価格は、132万3000円(FF)と144万5850円(4WD)となる。

(webCG 有吉)

【関連記事】
試乗記「シボレーMW 1.3S FF(4AT)【短評】」:
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000012422.html

スズキ「シボレーMW」:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/mw/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・ソニック LT(FF/6AT)【試乗記】 2011.11.20 試乗記 シボレー・ソニック LT(FF/6AT)
    ……198万円

    シボレーブランドの新しい5ドアハッチバック「ソニック」が日本に導入された。GMが“ワイルド・コンパクト”とうたう新型はどんなクルマ? 早速試乗した。
  • キャデラック・エスカレード プラチナム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.8.11 試乗記 キャデラックが誇るフルサイズSUV「エスカレード」が、パワートレインの変更を伴う大幅な改良を受けた。新たに8段ATを得たプレミアムSUVの走りは、どう進化を遂げたのか? 日欧のハイエンドモデルに比肩する、その出来栄えをリポートする。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(前編)【試乗記】 2017.8.8 試乗記 ニッポンの乗用車のボトムレンジを担う「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。両モデルの比較を通してそれぞれの実力を検証するとともに、軽自動車開発のトレンド、そしてスズキとダイハツのクルマ造りの違いを浮き彫りにする。
  • アウディQ2 1.0 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2017.8.7 試乗記 アウディのSUV製品群である「Q」シリーズの末っ子こと「Q2」。“ポリゴン”をモチーフにしたという、ユニークなスタイリングが目を引くニューフェイスの出来栄えを、中間グレードの「1.0 TFSIスポーツ」で試した。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(後編)【試乗記】 2017.8.9 試乗記 ダイハツとスズキのクルマづくりを具現したかのような「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。公道での比較試乗を通して両モデルのキャラクターの違いを浮き彫りにするとともに、これからの軽自動車開発のあり方について考えた。
ホームへ戻る