本格軽ヨンク「ジムニー」の1.3リッターバージョン「ジムニーシエラ」に特別仕様車

2006.01.18 自動車ニュース

本格軽ヨンク「ジムニー」の1.3リッターバージョン「ジムニーシエラ」に特別仕様車

スズキは、本格派の軽4WD「ジムニー」を大型化したSUV「ジムニーシエラ」に特別仕様車「ワイルドウインド」を設定、2006年1月17日に発売した。

「ジムニーシエラ・ワイルドウインド」は、アウトドア向け装備を充実させた内容。シートとドアトリムに撥水加工を施した専用ファブリック表皮を、またシートの背面と側面に収納力を高めるメッシュポケットを採用。さらにフロア汚れを防ぐ専用フロントトレーマットや、各種アタッチメントと組み合わせモノを積むことができるベースキャリアなどを与えた。

1.3リッター、パートタイム4WDで、価格は5段MTが164万8500円、4段ATは175万6650円となる。

(webCG 有吉)

スズキ「ジムニーシエラ」:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/jimny_sierra/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • スズキ・グランドエスクード(5AT)【試乗記】 2003.8.6 試乗記 スズキ・グランドエスクード(5AT)
    ……246.5万円

    スズキで一番大きい2.7リッターV6を積む本格ヨンク「グランドエスクード」。2003年6月のマイナーチェンジ版に、webCG記者が試乗した。日本では“グランド”だが……。


  • スズキ・ワゴンR ハイブリッドFZ(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.25 試乗記 軽ハイトワゴンの元祖「スズキ・ワゴンR」が6代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームやマイルドハイブリッドシステムの採用などで話題を集める新型の実力を、上級グレード「ハイブリッドFZ」で試した。
  • スズキ・グランドエスクード(4AT)【試乗記】 2000.12.15 試乗記 スズキ・グランドエスクード(4AT)
    ……229.8万円

    2000年12月12日、スズキの小型SUV「エスクード」をストレッチ、3列シートを実現した「グランドエスクード」が登場した。「クロスカントリーセダン」が開発テーマのエスクードに対し、こちらは「クロスカントリーワゴン」。デビュー2日後、千葉県幕張にて、プレス向け試乗会が開催された。


  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
  • マツダ、「デミオ」に先進安全技術を標準装備し発売 2017.4.20 自動車ニュース マツダが、コンパクトカー「デミオ」の全グレードにおいて運転支援システム「i-ACTIVSENSE」を標準装備化。生産時期は、「13C」およびオーディオレス車は6月以降、「15MB」は7月以降となる予定。
ホームへ戻る