本格軽ヨンク「ジムニー」の1.3リッターバージョン「ジムニーシエラ」に特別仕様車

2006.01.18 自動車ニュース

本格軽ヨンク「ジムニー」の1.3リッターバージョン「ジムニーシエラ」に特別仕様車

スズキは、本格派の軽4WD「ジムニー」を大型化したSUV「ジムニーシエラ」に特別仕様車「ワイルドウインド」を設定、2006年1月17日に発売した。

「ジムニーシエラ・ワイルドウインド」は、アウトドア向け装備を充実させた内容。シートとドアトリムに撥水加工を施した専用ファブリック表皮を、またシートの背面と側面に収納力を高めるメッシュポケットを採用。さらにフロア汚れを防ぐ専用フロントトレーマットや、各種アタッチメントと組み合わせモノを積むことができるベースキャリアなどを与えた。

1.3リッター、パートタイム4WDで、価格は5段MTが164万8500円、4段ATは175万6650円となる。

(webCG 有吉)

スズキ「ジムニーシエラ」:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/jimny_sierra/

関連キーワード:
ジムニーシエラスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・グランドエスクード(5AT)【試乗記】 2003.8.6 試乗記 スズキ・グランドエスクード(5AT)
    ……246.5万円

    スズキで一番大きい2.7リッターV6を積む本格ヨンク「グランドエスクード」。2003年6月のマイナーチェンジ版に、webCG記者が試乗した。日本では“グランド”だが……。


  • スズキ・グランドエスクード(4AT)【試乗記】 2000.12.15 試乗記 スズキ・グランドエスクード(4AT)
    ……229.8万円

    2000年12月12日、スズキの小型SUV「エスクード」をストレッチ、3列シートを実現した「グランドエスクード」が登場した。「クロスカントリーセダン」が開発テーマのエスクードに対し、こちらは「クロスカントリーワゴン」。デビュー2日後、千葉県幕張にて、プレス向け試乗会が開催された。


  • ホンダ・スーパーカブ110(MR/4MT)【レビュー】 2018.3.10 試乗記 今年でデビュー60周年! 1958年の誕生以来、世界中で人々の生活を支えてきた「ホンダ・スーパーカブ」だが、その魅力はただ便利で実用的なだけではなかった。“丸目ランプ”を取り戻した最新モデルの試乗を通し、カブならではのライディングの楽しさに触れた。
  • スズキ、新型クロカン「グランドエスクード」発売 2000.12.15 自動車ニュース スズキは、7人乗りの新しいクロカン「グランドエスクード」、および「エスクード」の一部モデルを改良し、2000年12月12日に発売した。「クロスカントリー・ワゴン」をテーマとする「グランドエスクード」は、悪路走破性と居住性、走行性能の共存を目標に開発。「エスクード」5ドアより全長を485mm延長した4575mmのロングボディに、3列シートを載せたのが特徴だ。パワーユニットは、スズキのラインナップ中最大排気量となる、新開発2.7リッターV6DOHCエンジン(177ps/6000rpm、24.7kgm/4000rpm)。駆動方式は、2WD(FR)/4WDの切り替えが可能なパートタイム4WD。本格的なヨンクだ。前マクファーソンストラット、後5リンクリジットアクスルの足回りは、エスクードと同じ。トランスミッションは電子制御4段AT。シートは、1、2列目がスライド/リクライニング、3列目にはリクライニングが可能だ。フルオートエアコン、本革巻ステアリングホイール/ATシフトノブ、運転席シートヒーターなど快適装備と、前席SRSエアバッグ、4輪ABS、チャイルドシート固定機構(2、3列目)などの安全装備を揃える。モノグレード設定で、価格は、229.8万円。狭いニッポン、クロカン乗ってどこへ行く?いっぽう、マイナーチェンジをうけた「エスクード」は、3ドア車に搭載された1.6リッター直4SOHCが、2リッター直4DOHCにグレードアップ。にもかかわらず価格は2万円ダウンした。さらに、2リッター+5ドア車を15万円、2.5リッター+5ドアを10万円値下げした。価格は、2リッター+3ドア(5MT)の163.3万円から、2.5リッター+5ドア(4AT)の202.8万円まで。(web CG 有吉)スズキ「エスクード」サイト:http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/escudo/index.htm同「グランドエスクード」サイト:http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/g_escudo/index.htm
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
ホームへ戻る